試聴する

北どまり

この曲の表示回数 12,418

向こうは凍てつく オホーツク
赤いランプが 海沿いに
揺れて遠去かる 揺れて遠去かる
さいはて列車
あなたの迎えを 待つくせに
わざと強がり 意地を張る
女ひとりの 北どまり

男にゃよくある あやまちを
許せなかった あの時は
一人泣きに来た 一人泣きに来た
別れも告げず
馴れては来たけど 夜明けまで
沖で流氷 哭く音に
眠れないのよ 冬岬

ほどなく海明け オホーツク
女ごころの しあわせを
早く乗せて来て
早く乗せて来て さいはて列車
時おり頬打つ 北風も
春の近づく 足音に
何故か聴こえる 北どまり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北どまり 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-01-01
商品番号:CODA-1929
コロムビアミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP