試聴する

悲しみの宿

この曲の表示回数 9,670
歌手:

島倉千代子


作詞:

山上路夫


作曲:

船村徹


「悲しみにたえかねて 旅に出ました
あなた 私は今 北日本の小さな宿にいます」

波の音にめざめて 二度と眠れないのよ
北の海は今夜も 暗く荒れているわ
生きていても私は 仕方ないの今では
好きなあなたに あげた命だったの

「幸せはなぜ短かいの
そうして 悲しみはなぜすぐに来るの」

夜はいつか明けるわ どこにひとりゆきましょう
北の宿で三日も 泣いていたの私
帰るとこはないのよ 暗い海が呼ぶだけ
あなた一人に 生きた女だったの

あなた抱いてほしいの 一度だけでいいから
好きなあなたに あげた命だったの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:悲しみの宿 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-06-19
商品番号:COCP-30435
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP