試聴する

夕月

この曲の表示回数 17,844
歌手:

島倉千代子


作詞:

菊田一夫


作曲:

小関裕而


鴎が啼いてる 磯浜に
ほのかに浮んだ 夕月が
あなたと私の 別離(わかれ)の影を
じっと黙って 見ていたの
月は雲間に 隠れても
別れの涙は 波まに残る

東京恋しや あの空に
ほのかに浮んだ 夕月よ
山脈(やまなみ)越えて 都へゆこか
ゆけば会えるか しあわせに
月にきいても おぼろ夜の
雲にきけよと 答えるばかり

見知らぬ都の 日暮れ時
流れの岸の 夕月が
あなたと私の ならんだ影を
じっと黙って 見ているの
会ってみたけど しあわせは
雲間にかくれて 消えていたのよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕月 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-03-31
商品番号:COCP-32612
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP