試聴する

海鳴りの聞こえる町

この曲の表示回数 5,303
歌手:

島倉千代子


作詞:

木賊大次郎


作曲:

船村徹


海鳴りが 聞こえる町へ
悲しみにたえかねて 逃げて来ました
霧の港の ホテルから
お別れの電話を かけてます
ホラホラホラ
霧笛がしずかに泣いてる町です

海鳴りが 聞こえる部屋で
いつかしら ダイヤルにふれていました
遠く貴方の 呼ぶ声が
あきらめたこの胸を ゆすります
ホラホラホラ
夜霧がしずかに流れる町です

海鳴りが 聞こえる町で
ただ一人 あてもなく船に乗ります
いいえ何にも 聞かないで
さよなら電話を 切りましょう
ホラホラホラ
出船の合図が聞こえる町です
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海鳴りの聞こえる町 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-06-12
商品番号:COCP-38056
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP