試聴する

流し唄

この曲の表示回数 11,189

流しの唄に 聞き惚れた
演歌の節が なつかしや
笑って聞ける はずなのに
二人別れた あの夜を
思い出しては 泣いている
涙をすてる 酒なのに

悲しくなるの 切ないわ
ギターの音が 泣くように
心の底へ ひびいてる
もう聞いたって 大丈夫よ
弾いて下さい もう一度
悲しさ捨てる 唄だから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流し唄 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-06-19
商品番号:COCP-30435
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP