試聴する

襟裳岬

この曲の表示回数 36,251
歌手:

島倉千代子


作詞:

丘灯至夫


作曲:

遠藤実


風はひゅるひゅる
波はざんぶりこ
誰か私を 呼んでるような
襟裳岬の 風と波
にくいにくいと 怨んだけれど
いまじゃ恋しい あの人が

風はひゅるひゅる
波はざんぶりこ
浜の日暮れは淋しいものよ
たった一人は なおさらに
こんぶとる手に ほろりと涙
背のびしてみる 遠い空

風はひゅるひゅる
波はざんぶりこ
春はいつくる 燈台守と
襟裳岬の女の子
泣いてみたいな 霧笛のように
泣けば思いも 晴れるのに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:襟裳岬 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-08-21
商品番号:COCP-30022
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP