きらめきの瞬間

この曲の表示回数 4,100
歌手:

島倉千代子


作詞:

島倉千代子


作曲:

根本要


夕暮れの人ごみに まぎれ込む あなたの影
お待たせと駆け寄れば 街中がきらめきだす
どんな夜も ふたりでなら 越えてゆけるはずと
信じていた 心までが 今ははぐれて
あなたなしでは 見慣れた景色も
淋しさばかり 目にうつるの
できることなら すべてが冗談と
笑顔 見せてほしい

週末にひとりきり 過ごしてる 部屋の窓辺
穏やかなこもれ陽が 想い出をはこんでくる
手をのばせば そこにいつも しあわせがあったの
重ね合った 愛も夢も 今はまぼろし
もしもあなたに めぐり逢わなけりゃ
生きるよろこび 知らずにいたわ
できることなら もう一度あの日に
時よ 連れ戻して

あなたなしでは 見慣れた景色も
淋しさばかり 目にうつるの
できることなら すべてが冗談と
笑顔 見せてほしい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:きらめきの瞬間 歌手:島倉千代子

島倉千代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-21
商品番号:COCA-12419
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP