試聴する

海峡みなと

この曲の表示回数 11,268
歌手:

島津悦子


作詞:

仁井谷俊也


作曲:

徳久広司


古びた背広の 男がひとり
苦労が滲(にじ)んだ 女がひとり
最終フェリーは 今出航(で)たばかり
年齢(とし)も名前も 知らない同士
ふたり飲んでる… 海峡みなと

女は見ている 指環の迹を
男は飲み干す 無口な酒を
酔ったらポツポツ 身の上ばなし
流れ浮(う)き藻(も)と さすらい鴎
何故かやすらぐ… 海峡みなと

遠くの海鳴り 聴いてる男
始発の時間を 気にする女
こころが寄り添う 朝焼けの町
旅をしようか このままふたり
そっと眸(め)をみる… 海峡みなと
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海峡みなと 歌手:島津悦子

島津悦子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-01-01
商品番号:KICM-30829
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP