逢瀬の花

この曲の表示回数 10,775
歌手:

島津悦子


作詞:

坂口照幸


作曲:

弦哲也


「男は引きずる 昔のことを…」
「女は忘れる 昔のことと…」
それが世間の たとえでも
今宵一夜(ひとよ)の 逢瀬の花は
燃えて一輪 紅ひと色に
日ごと身体(からだ)に 咲き誇ります

この手も真白く なるほど抱いた
強気なあなたの あの日の涙
心あなたと 通わせた
花の歳月(としつき) 私のものと
派手に泣かせて 一生分を
ひとり上手に 送ったあとは

霧降るあとから 樹雨(きさめ)に変わる
木(こ)の葉の音まで 女の吐息
その身案じて いるのです
むしろこれから 別れてからよ
つづきますとも ふたりの縁(えにし)
この世ばかりか 次の世までも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:逢瀬の花 歌手:島津悦子

島津悦子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-04-08
商品番号:KICM-30200
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP