試聴する

紀州の女

この曲の表示回数 1,359
歌手:

池田輝郎


作詞:

坂口照幸


作曲:

水森英夫


今もひとりで いると云う
噂ひろって 列車に乗れば
どこまで碧(あお)い 空と海
君の故郷(ふるさと) 来は来ても
訊(たず)ねあぐねる あゝ紀州の女(ひと)よ

君と歩いた あのときの
橋もそのまま 羽衣橋(はごろもばし)も
身を引くことが しあわせと
花のよこがお 細い肩
何で消えたか あゝ紀州の女よ

南紀白浜 日は暮れて
八重(やえ)の汐々(しおじお) 夕陽に光る
明日はきっと この腕に
抱いてやりたい 思いきり
待っていてくれ あゝ紀州の女よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:紀州の女 歌手:池田輝郎

池田輝郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/03/25
商品番号:KICM-30971
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP