それは…黄昏

この曲の表示回数 26,360
歌手:

五木ひろし


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

杉本真人


お前を花にたとえたら
真綿色した それは想い出
心の庭に そっと咲く
季節が 駆け足で 過ぎても
いまは 風の便りが 幸福ならば
あの日のこと 置きざりにするよ
それも愛のひとつ……
あゝ お前を忘れはしない
きっと きっと 生きてる限り

涙で夢を 溶かしたら
茜色した それは黄昏
心の小径を 引きかえし
もう一度 この手で 抱けたら
いまは 子供と遊ぶ うしろ姿を
まぶたの中 浮かべてみるけど
それも愛のひとつ……
あゝ お前を忘れはしない
きっと きっと 生きてる限り

いまは 風の便りが 幸福ならば
あの日のこと 置きざりにするよ
それも愛のひとつ……
あゝ お前を忘れはしない
きっと きっと 生きてる限り
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:それは…黄昏 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1988-08-25
商品番号:35NT-139
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP