遠い灯り

この曲の表示回数 4,586
歌手:

錦野旦


作詞:

吉田健美


作曲:

杉本真人


風が泣いてる夜は
あの女(ひと)の面影を
暗い窓にもたれ
そっと呼んで見る

どうせ一人で生きて行くなら
涙は流すまい
遠い灯りにちぎれた夢が
浮かんで又消えた
この胸の悲しみを誰に誰に告げよう

星が見えない夜は
つかのまのやすらぎを
酔えぬ酒に浮かべ
一人振り返る
こんな冷たい世間と知らずに
ここまで来たけれど
追えは切ない故郷の空に
心が又揺れる
この旅の終わる日がいつかいつか来るのか

どうせ一人で生きて行くなら
涙は流すまい
遠い灯りにちぎれた夢が
浮かんで又消えた
この胸の悲しみを誰に誰に告げよう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:遠い灯り 歌手:錦野旦

錦野旦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/09/30
商品番号:MHCL-1614
ソニー・ミュージックダイレクト

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP