花の唄

この曲の表示回数 7,349
歌手:

錦野旦


作詞:

千家和也


作曲:

井上忠夫


君と僕の借りてた 狭い部屋を今日越す
ほこりかぶる窓の隅に 花の種を埋めよう
君が死んであれから 僕は羽をなくした
鳥のように空を見ては いつも泣いて暮した
ふたりだけの愛の暮しを
ままごと遊びと人は呼ぶけど
僕の中で君は今も生きている

駅に向う道すじ 後向きに歩こう
人に見えない君の影が 僕の袖を引いてる
ふたりだけの愛の暮しを
ままごと遊びと人は呼ぶけど
僕の中で君は今も生きている

走る汽車の座席は 後向きに座ろう
人に見えない君の影が 僕のそばに寄り添う
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花の唄 歌手:錦野旦

錦野旦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/09/30
商品番号:MHCL-1614
ソニー・ミュージックダイレクト

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP