井上忠夫作曲の歌詞一覧リスト  128曲中 1-128曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
128曲中 1-128曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
学園天国THE SUPER FRUITTHE SUPER FRUIT阿久悠井上忠夫あいつもこいつもあの席を ただ一つねらっているんだよ このクラスで一番の 美人の隣りを あー みんなライバルさ あー いのちがけだよ 運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも 勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ待っている どの席になるか あー あの横顔を あー みつめられたら 授業中 天国だよ このぼくにしあわせを 与えておくれ 勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ
学園天国高木さん(高橋李依)高木さん(高橋李依)阿久悠井上忠夫Are you ready? (yeah!)  Hey hey hey hey hey (Hey hey hey hey hey) Hey hey hey hey hey (Hey hey hey hey hey)  Hey (Hey) hey (hey) hey (hey) hey (hey) wow  あいつもこいつもあの席を ただ一つねらっているんだよ このクラスで一番の 美人の隣りを  あー みんなライバルさ あー いのちがけだよ (woo) yeah yeah yeah  運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも wow…  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  Hey hey hey hey hey (Hey hey hey hey hey) Hey hey hey hey hey (Hey hey hey hey hey) Hey (Hey) hey (hey) hey (hey) hey (hey) wow  Uh, Yeah! 二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ 待っている どの席になるか  あー あの横顔を あー みつめられたら (woo) yeah yeah yeah  授業中天国だよ このぼくにしあわせを 与えておくれ yeah  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  Hey!
学園天国ロイ-RoE-ロイ-RoE-阿久悠井上忠夫Hey Hey Hey Hey Hey (Hey Hey Hey Hey Hey) Hey Hey Hey Hey Hey (Hey Hey Hey Hey Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Ah  あいつもこいつもあの席を ただ一つ ねらっているんだよ このクラスで一番の美人の隣を  ああー みんなライバルさ ああー いのちがけだよ  運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  Hey Hey Hey Hey Hey (Hey Hey Hey Hey Hey) Hey Hey Hey Hey Hey (Hey Hey Hey Hey Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Ah  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ待っている どの席になるか  ああー あの横顔を ああー 見つめられたら Oh yeah yeah yeah  授業中 天国だよ このぼくにしあわせを 与えておくれ  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ
学園天国オーイシマサヨシオーイシマサヨシ阿久悠井上忠夫『Are you ready?』 (yeah!)  Hey hey hey hey hey (Hey hey hey hey hey) Hey hey hey hey hey (Hey hey hey hey hey) Hey (Hey) hey (hey) hey (hey) hey (hey) wow  あいつもこいつもあの席を ただ一つねらっているんだよ このクラスで一番の 美人の隣りを  あー みんなライバルさ あー いのちがけだよ (woo) yeah yeah yeah  運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも wow...  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  Hey hey hey hey hey (Hey hey hey hey hey) Hey hey hey hey hey (Hey hey hey hey hey) Hey (Hey) hey (hey) hey (hey) hey (hey) wow  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ待っている どの席になるか  あー あの横顔を あー みつめられたら (woo) yeah yeah yeah  授業中 天国だよ このぼくにしあわせを 与えておくれ yeah  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ
ブルー・シャトウ吉幾三吉幾三橋本淳井上忠夫森と泉に かこまれて 静かに眠る ブルー・シャトウ あなたが僕を 待っている 暗くて 淋しい ブルー・シャトウ  きっとあなたは 紅いバラの バラのかおりが 苦しくて 涙をそっと 流すでしょう 夜霧のガウンに 包まれて 静かに 眠る ブルー・シャトウ  きっとあなたは 紅いバラの バラのかおりが 苦しくて 涙をそっと 流すでしょう 夜霧のガウンに 包まれて 静かに眠る ブルー・シャトウ
マッハバロン岩田光央岩田光央阿久悠井上忠夫悪の天才が 時に野心を抱き 世界征服を 夢みた時に 君はどうする 君はどうするか 君は じゅうりんされて だまっているか 今だ 出撃 マッハバロン スーパーロボット マッハバロン マッハコレダーぶっ放せ 来たぞ ララーシュタインのロボット軍団 頼む 頼む 頼む 頼む マッハバロン  悪のサイボーグ 悪のロボットの群れ それを操って 挑んで来たら 君はどうする 君はどうするか 君は 悪魔の前にひざまずくのか 今だ 出撃 マッハバロン スーパーロボット マッハバロン マッハトリガー きまったぞ 来たぞ ララーシュタインのロボット軍団 頼む 頼む 頼む 頼む マッハバロン
情炎八代亜紀八代亜紀杉紀彦井上忠夫あなたに初めて 逢ったのは 二丁目の小さな酒場です おとことおんなが幸せに はぐれて出逢うところです あなたの暗い 暗いひとみに もうすくえない 不幸をみました  何にも語らぬ 人なのに 傷ついた過去(むかし)が分ります あなたにつくして 人並みに ぬくもる夜がふけて行く あなたの暗い 暗いひとみに ひきずりこまれ 私は燃えます  何にも捨てるものもない 何にものぞむものもない おつりの様な人生なのに 愛しています 愛しています 哀しいくらい 愛しています  このまま幸せ つづくとは 二人とも思いはしてません 今夜が幸せだったなら このまま死んで悔いはない あなたの暗い 暗いひとみが そっとささやく 小雪の夜です
ランナウェイ天童よしみ天童よしみ湯川れい子井上忠夫ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ ふたりだけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ  ひとりさまよい 傷ついた 魂のぬけがらに 愛をともした おまえもロンリー・ガール ふたり激しく燃える  ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ ふたりだけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ  かわいた街は 爪をとぎ 作り笑いうかべ きづいた愛も 奪うロンリー・タウン だけど放しはしない  ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ ふたりだけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ お前を抱いて ランナウェイ
ブルー・シャトウThe KanLeKeeZThe KanLeKeeZ橋本淳井上忠夫森と 泉に かこまれて 静かに眠る ブルー・ブルー・ブルー・シャトウ  あなたが 僕を 待っている 暗くて 淋しい ブルー・ブルー・ブルー・シャトウ  きっと あなたは 紅いバラの バラの かおりが 苦しくて 涙をそっと 流すでしょう  夜霧のガウンに 包まれて 静かに 眠る ブルー・ブルー・ブルー・シャトウ ブルー・ブルー・ブルー・ブルー・ブルー・ ブルー・シャトウ ブルー・シャトウ  きっと あなたは 紅いバラの バラの かおりが 苦しくて 涙をそっと 流すでしょう  夜霧のガウンに 包まれて 静かに 眠る ブルー・ブルー・ブルー・シャトウ ブルー・ブルー・ブルー・ブルー・ブルー・ ブルー・シャトウ ブルー・シャトウ
夜のフェリーボート由紀さおり由紀さおり山上路夫井上忠夫明日の朝は 遠い南の街へ 私乗せた船は 着くでしょう そこで私は 少しだけ暮らす 忘れた笑顔を 取り戻せるまで さよならあなた 愛していました 夜のフェリーボートは今出てゆきます  港灯り遠くなってゆくわ 愛し合った 街も消えるわ 波に捨てましょう お別れの手紙 未練な言葉は 心にしまって さよならあなた 愛していました 夜のフェリーボートは今出てゆきます  さよならあなた 愛していました 夜のフェリーボートは今出てゆきます
地球の仲間トランザムトランザムクニ河内井上忠夫地球は今日も 息をしている 街には人が 流れている やさしさ気づいて 空を見上げれば 新しい歌が 聞こえてくるよ  太陽が登ったら 今日の物語を始めよう 君がいて僕がいる 愛を感じて今 熱く炎える物語が生まれ育つ  自然が花を 咲かせている 時計の針は 動いている 心がときめいて 空を見上げれば 未来がそこに 生きづいている  太陽が登ったら 今日の物語を始めよう 君がいて僕がいる 愛を感じて今 熱く炎える物語が生まれ育つ  愛を感じて 今 熱く炎える物語が生まれる ラララ…
学園天国TWIN CROSSTWIN CROSS阿久悠井上忠夫「Are you ready?」  Hey Hey Hey Hey Hey (Hey Hey Hey Hey Hey) Hey Hey Hey Hey Hey (Hey Hey Hey Hey Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) wow  あいつもこいつもあの席を ただ一つねらっているんだよ このクラスで一番の 美人の隣りを  あーみんなライバルさ あーいのちがけだよ (woo) yeah yeah yeah  運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  Hey Hey Hey Hey Hey (Hey Hey Hey Hey Hey) Hey Hey Hey Hey Hey (Hey Hey Hey Hey Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) wow  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ待っている どの席になるか  あーあの横顔を あーみつめられたら (woo) yeah yeah yeah  授業中天国だよ このぼくにしあわせを 与えておくれ  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  Hey
あそび石田文子石田文子阿久悠井上忠夫胸が見えそうなドレスを作り あそびに行こうと思う 三つか四つは 年さえもごまかし 耳で覚えた大人の話 知ってるふりして話す 心の中ではたとえどきどきしても あそびならいいでしょう 危なくなるときは もうわたしは裸足で逃げてくる きっとみんなに叱られるけど こっそりわたしは行く なんでも知りたい そんな年ごろだから  濡れて光った口紅つけて あそびに行こうと思う ひと目で誰かは わからない化粧で 夜も真夜中すぎまで街を ふらふら歩いていたい 誰かの車で うちに送ってもらう あそびならいいでしょう 危なくなるときは もうわたしは裸足で逃げてくる 今のわたしは退屈なのよ いい子でいるだけなのよ 少しはあそんでもっといきいきしたい
RUN AWAYBENIBENI湯川れい子井上忠夫Runaway, won't you please take my hand Faraway, to a beautiful land The wind is calling us, telling us to break away Oh my sweet, sweet darlin' runaway  Don't you think we've had enough of this dirty town There ain't nothing here for you and me Let's leave it all behind, you're only lonely girl Now's the time to break away and be free  Runaway, won't you please take my hand Faraway, to a beautiful land The wind is calling us, telling us to break away Oh my sweet, sweet darlin' runaway  There's a place I know somewhere, up around the bend Where the people treat you nice'n' kind Come on baby, take a chance, let's leave this lonely town In the end you know it's just you and me  Runaway, won't you please take my hand Faraway, to a beautiful land The wind is calling us, telling us to break away Oh my sweet, sweet darlin' runaway
水中花倍賞千恵子倍賞千恵子阿久悠井上忠夫線香花火チリチリと 松葉模様えがいてる 金魚蜂(ばち)ではポトリ 紙の花咲く 水の中で開く花 外に出せばただの紙 そうよ私は ここで生きているだけ あなたには二度と逢えないわ お互いに不幸になるだけよ さよなら さよなら お酒でも飲みます  針の音がシャアシャアと 歌のすきまうずめてる 古いレコードかけて 酒を飲むのよ 辞書を開き知らぬ文字 さがしながら書く手紙 頬に流れる 涙拭きもしないで あなたには二度と逢えないわ お互いに不幸になるだけよ さよなら さよなら 夜明けでも待ちます  あなたには二度と逢えないわ お互いに不幸になるだけよ さよなら さよなら 夜明けでも待ちます
ランナ・ウェイ加山雄三加山雄三湯川れい子井上忠夫ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ  ひとりさまよい 傷ついた 魂のぬけがらに 愛をともした お前もロンリー・ガール ふたり激しく 燃える  ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ  かわいた街は 爪をとぎ 作り笑い浮かべ きづいた愛も 奪うロンリー・タウン だけど放しは しない  ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ
回転扉大竹しのぶ大竹しのぶ阿久悠井上忠夫紅茶に少し口を つけただけ 二人の話は 終りになった あなたが着てる 青いセーターが 回転扉で 踊って消えた もう別の世界のようで あなたを追って 行けないわ まぶしい町の 光の中に あなた 沈んだ 金魚鉢の中に私  回転扉くるり まわったら あなたと私は 他人になった 私はじっと 席を立たないで あなたの背中を 見送っていた さよならをいわないままに 涙をこぼす ひまもなく まぶしい町の 光の中に あなた 沈んだ 金魚鉢の中に私
暗くなるまでテレサ・テンテレサ・テン山上路夫井上忠夫誰かを待ってる ふりをして 通りを見ている 街のお店 あなたは来ない もう二人 さよなら云って しまったの たそがれが また街に 灯りをともすけど 暗くなるまで帰れない 涙がにじむから  恋人同士の 二人づれ たがいの肩を 抱いてゆくわ 二人もちょうど そうだった 夢見るように 愛したわ 悲しみがこみあげて さめざめ泣きたいわ 暗くなるまで帰れない 涙がにじむから  想い出のこのお店 私はただひとり 暗くなるまで帰れない 涙がにじむから
哀しみの追跡尾崎紀世彦尾崎紀世彦阿久悠井上忠夫お前となら 堕ちてもいい そうさ お前となら 風のような人生を 賭けていい  お互いにこの世の はぐれ鳥どうしさ お前は巷の天使 気ままにくらしているが 心はさみしいはずさ 惚れたら惚れたといえよ お前となら 堕ちてもいい そうさ お前となら 風のような人生を 賭けていい  夜明けには始発で 旅だってみようよ お前は嘆きの天使 陽気な笑顔の中に 涙のしみあと見たよ 抱かれるつもりになれよ お前となら も一度だけ そうさ お前となら 捨てたはずの恋だけど 惚れていい  お前となら 堕ちてもいい そうさ お前となら も一度だけ そうさ お前となら 堕ちてもいい…
本牧メルヘン鳥羽一郎鳥羽一郎阿久悠井上忠夫本牧(ほんもく)で死んだ娘(こ)は鴎(かもめ)になったよ ペットのブルースに送られて 踊るのが大好きと言ってたあの娘が 寂しさに耐えかねて死んだのさ  ジョニーもスミスも泣くのを忘れて 海鳴りに向って歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う  本牧の夜ふけ頃にがめのコーヒー 飲みながら思い出す あのことを 恋をしたこともなく悩みもないのに あの店の片隅で死んだ娘を  ジョニーもスミスもさえない顔で 真夜中に泣き泣き歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う  ジョニーもスミスも泣くのを忘れて 海鳴りに向って歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う
少しだけまわり道ハイ・ファイ・セットハイ・ファイ・セット竜真知子・中里綴井上忠夫つらい別れも いつのまにか 懐かしさに 姿変えた 時の流れの それは粋なはからいね こうして 見つめあえば  Al, Walkin' in the moonlight あの日別れた 同じ舗道ね  Ah, Walkin' in the moonlight ひとつの愛を 伝えあうために 少しまわり道を してただけね そして二人 めぐりあえた  いつもあなたの 想い出から 逃げるように 暮らした日々 胸の奥に しまいこんだ恋心 あなたを 呼んでたのに  Ah, Walkin' in the moonlight いいのよあなた もう言わないで  Ah, Walkin' in the moonlight 時がすぎても 変わらない想い 少しまわり道を してただけね そして二人 めぐりあえた
地球の仲間ピーカブー、ザ・チャープスピーカブー、ザ・チャープスクニ河内井上忠夫地球はきょうも息をしている 町には人が流れている 優しさ気づいて 空を見上げれば 新しい歌が聞こえてくるよ  太陽が昇ったら きょうの物語を始めよう 君がいて ぼくがいる 愛を感じて 今 熱く燃える物語が生まれ 育つ  自然が花を咲かせている 時計の針は動いている 心がときめいて 空を見上げれば 未来がそこに息づいている  太陽が昇ったら きょうの物語を始めよう 君がいて ぼくがいる 愛を感じて 今 熱く燃える物語が生まれ 育つ  愛を感じて 今 熱く燃える物語が生まれ  ラララ…
学園天国竜ヶ峰帝人(豊永利行)竜ヶ峰帝人(豊永利行)阿久悠井上忠夫あいつもこいつもあの席を ただ一つねらっているんだよ このクラスで一番の 美人の隣を  あー みんなライバルさ あー いのちがけだよ  運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ 待っている どの席になるか  あー あの横顔を あー 見つめられたら  授業中天国だよ このぼくにしあわせを 与えておくれ  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ
夜のリズム真木ひでと真木ひでと山口洋子井上忠夫云(い)いよられて 云(い)いよられて 誘われて 誘われて 誘われて 落ちたのよ 夜更け 酒場の すみっこで なんだか この世に たった二人 生きてるような 気がしたの 夢見たような 気がしたの あゝ甘いロックに あゝおだてられて 云(い)いよられて 云(い)いよられて 誘われて その気なんかなかったけど堕ちたのよ  云(い)いよられて 云(い)いよられて 誘われて 誘われて 誘われて 泣いたのよ 恋はつかのま しゃぼん玉 空しいワルツを 踊りながら はじけて消える 街の角 うわさもあとに 残らない あゝ夜のぬくもり あゝわけあって 云(い)いよられて 云(い)いよられて 誘われて やさしかった指のせいで泣いたのよ  あゝわたし好きなら あゝ忘れてね 云(い)いよられて 云(い)いよられて 誘われて 誘われて 誘われて 堕ちたのよ
恋のダイヤル6700s4s4阿久悠井上忠夫リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン wow  明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえをおさえつつ 僕はダイヤルまわしたよ 君のテレフォン・ナンバー6700 wow ハロー  あなたが好き 死ぬほど好き この愛うけとめてほしいよ 男らしくいいたいけど ドキドキときめいて言えない  リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン yeah  暗記するのは下手だけど これは一生忘れない 君と僕とをつないでる たった一つのものだから 君のテレフォン・ナンバー6700 wow ハロー  あなたが好き 死ぬほど好き この愛うけとめてほしいよ 男らしくいいたいけど ドキドキときめいて言えない  明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえをおさえつつ 僕はダイヤル まわしたよ 君のテレフォン・ナンバー6700 wow ハロー 君のテレフォン・ナンバー6700 wow ハロー
恋の大予言Dream5Dream5阿久悠井上忠夫バカラバカラ ペテンのフキヌケ アブドラバンチョのベソッカキ チララチララ チンチラパパイヤ クラクラヌンチャク ヒジデッポ ケセラケセラ ママコのガリベン ハレヒレメガネのブットバシ 呪文だよ ミスティ  これでもうぼくのこと好きになるよ そんな顔してたって無駄なことさ きいてきたよ ゆれているよ ホラ好きになる 不思議な気持になってきた あなたがすてきに見えてくる 恋の呪文にかかったら すぐに天国さ Ah! Ah!  バカラバカラ ペテンのフキヌケ アブドラバンチョのベソッカキ チララチララ チンチラパパイヤ クラクラヌンチャク ヒジデッポ ケセラケセラ ママコのガリベン ハレヒレメガネのブットバシ  私も呪文を覚えたい あなたでない子にかけたいわ ぼくの呪文にかかったら それはできないさ Ah! Ah!  これでもうしあわせさ夢の気分 何もかもバラ色に見えてくるよ 奇跡なのさ ぼくにとって ただ一度きり これで二度と使えないよ この一度きり  バカラバカラ ペテンのフキヌケ アブドラバンチョのベソッカキ ミスティ
学園天国Dream5Dream5阿久悠井上忠夫『Are you ready?』 (yeah!)  Hey hey hey hey hey (Hey hey hey hey hey) Hey hey hey hey hey (Hey hey hey hey hey) Hey (Hey) hey (hey) hey (hey) hey (hey) wow  あいつもこいつも あの席を ただ一つ ねらっているんだよ このクラスで一番の 美人の隣りを  あー みんなライバルさ あー いのちがけだよ (woo) yeah yeah yeah  運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも wow...  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  Hey hey hey hey hey (Hey hey hey hey hey) Hey hey hey hey hey (Hey hey hey hey hey) Hey (Hey) hey (hey) hey (hey) hey (hey) wow  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ待っている どの席になるか  あー あの横顔を あー みつめられたら (woo) yeah yeah yeah  授業中 天国だよ このぼくにしあわせを 与えておくれ yeah  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ
恋のダイヤル6700Dream5Dream5阿久悠井上忠夫「ハロー、ダーリン」 リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン  wow  明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえをおさえつつ 僕はダイヤルまわしたよ 君のテレフォン・ナンバー 6700 wow ハロー  あなたが好き 死ぬほど好き この愛うけとめてほしいよ 男らしくいいたいけど ドキドキときめいて言えない  リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン  暗記するのは下手だけど これは一生忘れない 君と僕とをつないでる たった一つのものだから 君のテレフォン・ナンバー 6700 wow ハロー  あなたが好き 死ぬほど好き この愛うけとめてほしいよ 男らしくいいたいけど ドキドキときめいて言えない  明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえをおさえつつ 僕はダイヤルまわしたよ 君のテレフォン・ナンバー 6700 wow ハロー 君のテレフォン・ナンバー 6700 wow ハロー
学園天国MAXMAX阿久悠井上忠夫Are you ready? Hey hey hey hey(Hey hey hey) Hey hey hey(Hey hey hey) Hey(hey)…  あいつもこいつもあの席を ただ一つ ねらっているんだよ このクラスで一番の美人の隣を あー みんなライバルさ あー いのちがけだよ yeah… 運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  Hey hey hey hey(Hey hey hey) Hey hey hey(Hey hey hey) Hey(hey)…  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ待っている どの席になるか あー あの横顔を あー 見つめられた Oh yeah… 授業中天国だよ このぼくにしあわせを与えておくれ  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  Hey
街角トワイライト鈴木雅之鈴木雅之湯川れい子井上忠夫Hold me tight, Hold me tight, My little girl  琥珀色をした 首筋に 俺のイニシャルの ペンダント 愛してる 愛してる ささやいたlovely girl  夕闇迫る 街角で お前に良く似た プロフィール 追いかけて 追いかけて 今でもSearchin' only you  南風 受けながら 生まれたままの姿で 愛し合い 夜明けまで Night on the beach Hold me tight, Hold me tight My little girl  迫りくる愛の 激しさを ふたりの体で 受け止めて 夏が過ぎ 木枯しに 暮しは冷え始め And she had gone  南風 受けながら 生まれたままの姿で 愛し合い 夜明けまで Night on the beach Hold me tight, Hold me tight My little girl  夕闇迫る 街角で お前に良く似た プロフィール 追いかけて 追いかけて 今でもSearchin' only you But she had gone
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
トゥナイト鈴木雅之鈴木雅之湯川れい子井上忠夫土曜の夜は お前を抱いて 渚で眠りたい  Tonight, tonight, tonight, tonight Tonight, tonight, tonight, tonight  いま 街をのがれて ハダシの お前を 青い 月の浜辺で 抱きしめて いられたら  Tonight濡れた身体(からだ) 俺の胸で そっとふるわせ  Tonight, tonight, tonight, tonight 抱きしめて Tonight, tonight, tonight, tonight 夜明けまで Make it through the night  Tonight甘い涙 俺の胸で 流しておくれ  Tonight, tonight, tonight, tonight 頬寄せて Tonight, tonight, tonight, tonight 抱きしめて Tonight, tonight, tonight, tonight 夜明けまで Make it through the night
ランナウェイ鈴木雅之鈴木雅之湯川れい子井上忠夫ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ  ひとりさまよい 傷ついた 魂のぬけがらに 愛をともした おまえもロンリー・ガール ふたり激しく 燃える  ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ  かわいた街は 爪をとぎ 作り笑い浮べ きづいた愛も 奪うロンリー・タウン だけど放しは しない  ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ
本牧メルヘン山下雄三山下雄三阿久悠井上忠夫本牧で死んだ娘は鴎になったよ ペットのブルースに送られて 踊るのが大好きと言ってたあの娘が さびしさに耐えかねて死んだのさ  ジョニーもスミスも泣くのを忘れて 海鳴りに向かって歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う  本牧の夜ふけ頃にがめのコーヒー 飲みながら思い出す あのことを 恋をしたこともなく悩みもないのに あの店の片隅で死んだ娘を  ジョニーもスミスもさえない顔で 真夜中に泣き泣き歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもそう思う  ジョニーもスミスも泣くのを忘れて 海鳴りに向かって歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う
恋は気分キノコホテルキノコホテルなかにし礼井上忠夫気分なの 気分が大事 恋は気分なの 気分しだいなの 今日はなんとなく あなたの希みを叶えて あげられる  気分なの 気分が大事  昨日デイトして キスをされた時 私泣き出した しらけたあなたは 怒ってすねたけど  気分なの 気分が大事  好きならば 抱きしめてよ 本気なら くちづけして 男なら 自信をもって 急いでよ 抱きしめてよ 早くして くちづけして さもないと 気分がかわる  恋は気分なの 気分しだいなの 今を逃したら 死ぬまであなたは 私を奪えない  気分なの 気分が大事  奪えない
学園天国トライトーントライトーン阿久悠井上忠夫あいつもこいつも あの席を ただ一つ ねらっているんだよ このクラスで一番の 美人の隣を  あー みんなライバルさ あー いのちがけだよ  運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも  勉強する気もしない気も この時に かかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ待っている どの席になるか  あー あの横顔を あー 見つめられたら  授業中 天国だよ このぼくにしあわせを 与えておくれ  勉強する気もしない気も この時に かかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ
学園天国ONE☆DRAFTONE☆DRAFT阿久悠井上忠夫Are you ready? Hey hey hey hey (Hey hey hey) Hey hey hey (Hey hey hey) Hey (hey) …  あいつもこいつもあの席を ただ一つ ねらっているんだよ このクラスで一番の美人の隣を あー みんなライバルさ あー いのちがけだよ yeah… 運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  Hey hey hey hey (Hey hey hey) Hey hey hey (Hey hey hey) Hey (hey) …  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ待っている どの席になるか あー あの横顔を あー 見つめられたら Oh yeah… 授業中天国だよ このぼくにしあわせを与えておくれ  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ
太陽と私美空ひばり美空ひばり加藤和枝井上忠夫私の心は雪 冷たく凍った肌に 風が風が どこかで呼んでる 遠い淋しい 空の果て 私の 太陽が きっとどこかに もえてよもえてよ 私の太陽  私の涙は雨 冷たく凍ったほほに 恋の恋の しずくが光ってる 熱くせつない この胸に 私の 太陽が きっとどこかに もえてよもえてよ 私の太陽  私の心の雲 切なく拡がる果てに 愛の愛の 息吹きを待ってる 甘くやさしく このままで 私の 太陽が きっとどこかに もえてよもえてよ 私の太陽
ブルーシャトウ高橋真梨子高橋真梨子橋本淳井上忠夫森と泉に かこまれて 静かに眠る ブルーブルーブルーシャトウ  あなたが僕を 待っている 暗くて淋しい ブルーブルーブルーシャトウ  きっとあなたは 紅いバラの バラの香りが 苦しくて 涙をそっと 流すでしょう  夜霧のガウンに 包まれて 静かに眠る ブルーブルーブルーシャトウ ブルーブルーブルーブルーブルーブルー シャトウ  きっとあなたは 紅いバラの バラの香りが 苦しくて 涙をそっと 流すでしょう  夜霧のガウンに 包まれて 静かに眠る ブルーブルーブルーシャトウ ブルーブルーブルーブルーブルーブルー シャトウ
花の唄錦野旦錦野旦千家和也井上忠夫君と僕の借りてた 狭い部屋を今日越す ほこりかぶる窓の隅に 花の種を埋めよう 君が死んであれから 僕は羽をなくした 鳥のように空を見ては いつも泣いて暮した ふたりだけの愛の暮しを ままごと遊びと人は呼ぶけど 僕の中で君は今も生きている  駅に向う道すじ 後向きに歩こう 人に見えない君の影が 僕の袖を引いてる ふたりだけの愛の暮しを ままごと遊びと人は呼ぶけど 僕の中で君は今も生きている  走る汽車の座席は 後向きに座ろう 人に見えない君の影が 僕のそばに寄り添う
悪人志願錦野旦錦野旦阿久悠井上忠夫あなたがほんとに望むのならば つめたい男になってもいいよ ちぎれたカーテン片づけながら 傷つく指先見つめていった  胸のすきまの中を吹きぬけて行く こがらしみたいなこころの叫び 二度と戻らぬ愛だとすれば いっそ悲劇で終わらせたいよ  波うつ背中が悲しみ伝え 言葉のとぎれがうらみを告げる 前歯でかみきるたばこでさえも こころのいらだち教えているよ 胸のすきまの中を吹きぬけて行く こがらしみたいなこころの叫び 愛が無残に消え去るのなら いっそこの手でこわしてみたい  胸のすきまの中を吹きぬけて行く こがらしみたいなこころの叫び 二度と戻らぬ愛だとすれば いっそ悲劇で終わらせたいよ
黄昏みたいに暗い朝錦野旦錦野旦阿久悠井上忠夫黄昏みたいだよ 朝がきてるのに 紫色をした 空も動かない このまま夜になるようで からだも寒い 希望の光など どこにあるのだろう  みなしごみたいだよ 娘ざかりなのに 不安を抱きしめて ひとりふるえてる 空から見える暗い朝 人影もない 何とかしておくれ 心細くなる  黄昏みたいだよ 朝が来てるのに 紫色をした 空も動かない 黄昏みたいだよ 朝が来てるのに 黄昏みたいだよ 朝が来てるのに 黄昏みたいだよ
嫁入り前しのづかまゆみしのづかまゆみ阿久悠井上忠夫十八十九は 遊んで過して 二十才になったら 考えあらため どこの良家の 子女だろと いわれるように はげみます  町から町へと ふらふら流して 軽そうな坊やを 誘っていたけど それもきっぱり やめにして 大物だけを ねらいます  朝はきちんと 七時に起きます 両手そろえて あいさつします お茶やお華は 勿論のこと 三つかけもち 学校通いも致します  女と生まれて 女で生きるにゃ これがサイコーと 先輩たちが 口をスッパク 忠告します ほんの二年の ガマンです  男の友だち きれいにサヨナラ 青春時代に 終止符打ちます きっとすてきな 想い出と 涙を見せて だまします  夜はきちんと 六時に戻って 家の手伝い セッセッとします いつもニコニコ 可愛い娘 そんな態度で 両親安心致します  女と生まれて 女で生きるにゃ これがサイコーと 先輩たちが 口をスッパク 忠告します ほんの二年の ガマンです
題名のない物語しのづかまゆみしのづかまゆみ阿久悠井上忠夫私が死んだら 港へ捨てて みんなで手をふり おくっておくれ くちぐせみたいに いってたあの娘が くちぐせ通りに なってしまったよ  キャンドルともして ギターをひいて 陽気なあの歌 泣き泣き歌ったよ はたちの間のある あの娘が何故に みんなは口々 つぶやいていたよ  私が死んだら 便りも出さず みんなでひっそり しのんでおくれ きげんのいい日の ジョークのつもりが マジメな話に なってしまったよ ボリュウムいっぱい レコードかけて 狂ったみたいに さわいで踊ったよ はたちに間のある あの娘が何故に 何日たっても 考えていたよ  キャンドルともして ギターをひいて 陽気なあの歌 泣き泣き歌ったよ はたちの間のある あの娘が何故に みんなは口々 つぶやいていたよ
水中花あさみちゆきあさみちゆき阿久悠井上忠夫線香花火チリチリと 松葉模様描いてる 金魚鉢では ポトリ紙の花咲く  水の中で開く花 外に出せばただの紙 そうよ私は ここで生きているだけ  あなたには二度と逢えないわ お互いに不幸になるだけよ さよなら さよなら お酒でも飲みます  針の音がシャーシャーと 歌のすき間うずめてる 古いレコード かけて酒をのむのよ  辞書を開き 知らぬ文字 さがしながら書く手紙 頬に流れる 涙ふきもしないで  あなたには二度と逢えないわ お互いに不幸になるだけよ さよなら さよなら 夜明けでも待ちます  あなたには二度と逢えないわ お互いに不幸になるだけよ さよなら さよなら 夜明けでも待ちます
本牧メルヘン五木ひろし五木ひろし阿久悠井上忠夫本牧で死んだ娘は 鴎になったよ ペットのブルースに 送られて 踊るのが大好きと 言ってたあの娘が さびしさに耐えかねて 死んだのさ ジョニーもスミスも 泣くのを忘れて 海鳴りに向かって 歌っていたよ 本牧で死んだ娘は 鴎になったよ なぜかしら 誰でもがそう思う  本牧の夜ふけ頃 にがめのコーヒー 飲みながら 思い出す あのことを 恋をしたこともなく 悩みもないのに あの店の片隅で 死んだあの娘を ジョニーもスミスも さえない顔で 真夜中に 泣き泣き 歌っていたよ 本牧で死んだ娘は 鴎になったよ なぜかしら 誰でもがそう思う  ジョニーもスミスも 泣くのを忘れて 海鳴りに向かって 歌っていたよ 本牧で死んだ娘は 鴎になったよ なぜかしら 誰でもがそう思う
恋のダイヤル6700All Japan GoithAll Japan Goith阿久悠井上忠夫「ハロー、ダーリン」 リンリンリリン・・・・・ リンリンリリンリン・・・・・ リンリンリリンリンリン・・・・・ 明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえをおさえつつ 僕はダイヤルまわしたよ 君のテレフォン・ナンバー6700 ハロー あなたが好き 死ぬほど好き この愛受けとめてほしいよ 男らしく 言いたいけど ドキドキときめいて言えない  リンリンリリン・・・・・ リンリンリリンリン・・・・・ リンリンリリンリンリン・・・・・ 暗記するのは下手だけど これは一生忘れない 君と僕とをつないでる たった一つのものだから 君のテレフォン・ナンバー6700 ハロー あなたが好き 死ぬほど好き この愛受けとめてほしいよ 男らしく 言いたいけど ドキドキときめいて言えない 明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえをおさえつつ 僕はダイヤルまわしたよ 君のテレフォン・ナンバー6700 君のテレフォン・ナンバー6700
夢の花 (DJ SASA RE-MIX)All Japan GoithAll Japan Goith阿久悠井上忠夫時の流れは休む事なく 何も答えてくれない 人はそれでも何かを求め続けて歩いてく 何の為に 生まれたの 何の為に 生きてくの それが何かを知った時 本当の大人に成るのでしょう  明日の空に種蒔こう 雲に根を張り芽咲くまで  ヒラヨーヘイヤーヒラヨーホーイ 花を咲かせる その時まで ヒラヨーヘイヤーヒラヨーホーイ きっと咲かせる 夢の花  三線片手に弾き鳴らせば 赤く波立つ赤瓦 潮風香り思い溢れる 泪で滲んだ景色眩い  ヒラヨーヘイヤーヒラヨーホーイ あなたが堪えているその姿は ヒラヨーヘイヤーヒラヨーホーイ 大地割り咲く 強き花  踏まれる事もあるでしょう 萎れる事もあるでしょう そんな時は一杯 飲み明かそう 夢を語って 飲み明かそう  ヒラヨーヘイヤーヒラヨーホーイ 花を咲かせる その時まで ヒラヨーヘイヤーヒラヨーホーイ きっと咲かせる 夢の花  ラララ ラララ 素晴らしい人生を ラララ ラララ 夢の花を咲かそう
恋のリクエストあいざき進也あいざき進也藤公之介井上忠夫ミスターDJ. ミスターDJ. 伝えてよ……  海辺の光に まみれてふたりは 日焼けた肌を寄せ合って 歌った あの娘のうぶげのまぶしさ 今でも 目に焼きついて はなれない ぼくの心を かきみだし 苦しくさせて 消えたひと ミスターDJ. あの娘が好き この気持 伝えておくれ ミスターDJ. あの娘が好き この想い 届けておくれ 忘れられない……  今まで誰にも 打ちあけずにきた 思い出こめて送った リクエスト あの娘の胸の片隅に このぼく よみがえらせて ほしいのさ 心の中に 住みついて 死ぬほどつらく させるひと  ミスターDJ. あの娘が好き この気持 伝えておくれ ミスターDJ. あの娘が好き この想い 届けておくれ 忘れられない……  ミスターDJ. あの娘が好き この気持 伝えておくれ ミスターDJ. あの娘が好き この想い 届けておくれ 忘れられない……  ミスターDJ. ミスターDJ. 伝えてよ……
恋のペンダントあいざき進也あいざき進也一ツ橋けい子・補作詞:岡田冨美子井上忠夫ビキニスタイルが さまになる君さ 日焼けした 胸もとで チラついている 白い肌 君にぴったりさ 僕のペンダント 長い髪 持ちあげて 甘い笑顔に かけるんだ  COME ON COME ON 熱い胸に COME ON COME ON 押しつけるのさ 抱きあった ときめきを  夏が過ぎたら君の 焼けた肌に残る まるくて白いあとは ペンダントにこめた 愛のしるし オゝゝ  肌に吸いついて 君を離さない 一緒だよ 寝る時も 夢の中まで ついて行く  COME ON COME ON 熱い耳に COME ON COME ON くちびる寄せて くり返す 好きだよと  夏が過ぎたら君の 焼けた肌に残る まるくて白いあとは ペンダントにこめた 愛のしるし オゝゝ  夏が過ぎたら君の 焼けた肌に残る まるくて白いあとは ペンダントにこめた 愛のしるし オゝゝ
踊り子フォーリーブスフォーリーブス阿久悠井上忠夫私は踊り子よ ふるまいのお酒にも 気軽く酔うような浮草の踊り子 愛してくれるのは うれしいと思うけど あなたは うぶなのよ 何一つ知らない このまま 別れて行きましょう 短い夢と割りきって 港の酒場では 乱痴気の大さわぎ あなたも あの中で 酔いどれておいでよ そうよ  私は踊り子よ うらぶれた灯の下で 踊っていることが大好きな踊り子 このまま 別れて行きましょう 短い夢と割りきって ほんとは少しだけ まごころに打たれたわ けれども あなたとは くらしてはゆけない シャラララララ ラララ……
卒業麻丘めぐみ麻丘めぐみ山川啓介井上忠夫卒業します あなたの腕から 幸せでした どうもありがとう めぐり逢って 愛し合って ここまで来たけど 鳥が空へ 飛びたつように 別れてゆく 二人 何も知らずに 生きていた 私を 大人にした あなた 忘れはしないわ ジョン・レノンの あのレコード リルケの詩集は 残して ください かたみに  卒業します あなたの腕から 幸せでした だから泣かないわ お友達に なれるでしょう 手紙も書きます 好きな人が できた時は 最初に 知らせます 何も知らずに 生きていた 私を 大人にした あなた 忘れはしないわ そのぬくもり その言葉を 心に抱きしめ 歩いてゆきます ひとりで
20才麻丘めぐみ麻丘めぐみ山川啓介井上忠夫そうなの変わったのよ あいつに会って 素直に女らしく 生きてゆくわ 気まぐれな暮らしには サヨナラをしたの あいつを愛してるの ヨレヨレの おんなじ服着て ポケットは 空っぽだけれど 心があたたまるの 一緒にいるだけで そこがそこがたまらなく いいの  そうなの忘れたのよ むかしの恋は 傷つき泣いたことも なつかしいわ 口笛を吹きながら どこへでも行くわ あいつの行くとこなら 目を閉じて くちづけを待てば “眠いの?”と 不思議な顔する 女の気持なんて ちっともわからない そこがそこがたまらなく いいの  干草の匂いのする胸 もたれると 泣きたくなるのよ “お嫁においでよ”とは 言えない人だけど きっときっと結ばれるでしょう
学園天国FriendsFriends阿久悠井上忠夫「Are you ready?」  Hey Hey Hey Hey Hey (Hey Hey Hey Hey Hey) Hey Hey Hey Hey Hey (Hey Hey Hey Hey Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Ah  あいつもこいつもあの席を ただ一つねらっているんだよ このクラスで一番の 美人の隣りを ああー みんなライバルさ ああー いのちがけだよ Oh yeah yeah yeah  運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  Hey Hey Hey Hey Hey (Hey Hey Hey Hey Hey) Hey Hey Hey Hey Hey (Hey Hey Hey Hey Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Hey (Hey) Ah  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ待っている どの席になるか ああー あの横顔を ああー みつめられたら Oh yeah yeah yeah  授業中 天国だよ このぼくにしあわせを 与えておくれ  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  「Thank you」
北の盛り場湯原昌幸湯原昌幸阿久悠井上忠夫粉雪舞い散る盛り場は 何故かはかなげな女がいる 無口でさびしいひとがいる 恋などしないと唇かみしめ うつくむ横顔に 心を魅かれてまたたずね行く  あゝ逢いたい 逢いたい あのひと あゝ北国 盛り場 恋灯り  乗りかえ駅から二つ目の こんな悲しげな盛り場にも いのちを賭けたいひとがいる 不幸になるから誘っちゃ駄目よと 身をひくいじらしさ 捨ててはおけない気にさせるのさ  あゝ逢いたい 逢いたい あのひと あゝ北国 盛り場 恋灯り  あゝ逢いたい 逢いたい あのひと あゝ北国 盛り場 恋灯り
水中花知念里奈知念里奈阿久悠井上忠夫線香花火チリチリと 松葉模様えがいてる 金魚鉢では ポトリ紙の花咲く  水の中で開く花 外に出せばだたの紙 そうよ私は ここで生きているだけ  あなたには二度と逢えないわ お互いに不幸になるだけよ さよなら ああ さよなら お酒でも飲みます  針の音がシャーシャーと 歌のすき間うずめてる 古いレコード かけて酒をのむのよ  辞書を開き 知らぬ文字 さがしながら書く手紙 頬に流れる 涙拭きもしないで  あなたには二度と逢えないわ お互いに不幸になるだけよ さよなら ああ さよなら 夜明けでも待ちます  あなたには二度と逢えないわ お互いに不幸になるだけよ さよなら ああ さよなら 夜明けでも待ちます  注意:歌詞は原歌詞を掲載しております。
恋のダイヤル6700モーニング娘。モーニング娘。阿久悠井上忠夫(「ハロー、ダーリン」) リンリンリリン…… リンリンリンリン…… リンリンリンリンリン……  明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえを おさえつつ 僕はダイヤルまわしたよ 君のテレフォン・ナンバー6700 (ハロー)  あなたが好き 死ぬほど好き この愛受けとめて 欲しいよ 男らしく 言いたいけど ドキドキときめいて 言えない  リンリンリリン…… リンリンリンリン…… リンリンリンリンリン……  暗記するのはへただけど これは一生忘れない 君と僕とを つないでる たった一つのものだから 君のテレフォン・ナンバー6700 (ハロー)  あなたが好き 死ぬほど好き この愛受けとめて 欲しいよ 男らしく 言いたいけど ドキドキときめいて 言えない  明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえを おさえつつ 僕はダイヤルまわしたよ 君のテレフォン・ナンバー6700 (ハロー) 君のテレフォン・ナンバー6700 (ハロー)
北の盛り場青江三奈青江三奈阿久悠井上忠夫ああ 逢いたい 逢いたい あのひと…  粉雪舞い散る盛り場は なぜか はかなげな 女がいる 無口でさびしい ひとがいる 恋などしないと 唇かみしめ うつくむ横顔に 心を魅(ひ)かれて またたずね行く ああ 逢いたい 逢いたい あのひと ああ 北国 盛り場 恋灯り  乗りかえ駅から二つ目の こんな悲しげな盛り場にも いのちを賭(か)けたい ひとがいる 不幸になるから 誘っちゃ駄目よと 身をひく いじらしさ 捨ててはおけない 気にさせるのさ ああ 逢いたい 逢いたい あのひと ああ 北国 盛り場 恋灯り
学園天国並木瑠璃並木瑠璃阿久悠井上忠夫あいつもこいつもあの席を ただ一つねらっているんだよ このクラスで一番の 美人の隣りを  あー みんなライバルさ あー いのちがけだよ YEAH! YEAH! YEAH!  運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ待っている どの席になるか  あー あの横顔を あー 見つめられたら YEAH! YEAH! YEAH!  授業中天国だよ このぼくにしあわせを 与えておくれ  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ
ブルー・シャトウ五木ひろし五木ひろし橋本淳井上忠夫森と泉にかこまれて 静かに眠る ブルー ブルー ブルー・シャトウ あなたが僕を待っている 暗くて淋しい ブルー ブルー ブルー・シャトウ  きっとあなたは紅いバラの バラのかおりが苦しくて 涙をそっと流すでしょう 夜霧のガウンに包まれて 静かに眠る ブルー ブルー ブルー・シャトウ ブルー ブルー ブルー… ブルー・シャトウ
昨日のおんないしだあゆみいしだあゆみなかにし礼井上忠夫あなたの中から 私を消してしまいましょう 鏡のくもりを 拭き消すように 可愛い小鳥を 静かな朝に放しましょう 悲しい泪を かわかすように 一つのリンゴを 分けあって 小さな毛布に くるまった 昨日という日は 昨日という日は もう来ない 他人同士に なったのは あなたなの 私なの  私の中から あなたを消してしまいましょう ランプのともしび 吹き消すように こわれた人形 雨降る夜に寝かせましょう 一人でひそかに 死にゆくように ソファに残った 指のあと まつげでたどって 涙ぐむ 昨日という日は 昨日という日は もう来ない 誰のせいなの お別れは あなたなの 私なの
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋のダイヤル6700音速ライン音速ライン阿久悠井上忠夫(「ハロー、ダーリン」)  リンリンリリン… リンリンリンリン… リンリンリンリンリン… 明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえを おさえつつ 僕はダイヤルまわしたよ 君のテレフォン・ナンバー6700 (ハロー) あなたが好き 死ぬほど好き この愛受けとめて 欲しいよ 男らしく 言いたいけど ドキドキときめいて 言えない  リンリンリリン… リンリンリンリン… リンリンリンリンリン… 暗記するのはへただけど これは一生忘れない 君と僕とをつないでる たった一つのものだから 君のテレフォン・ナンバー6700 (ハロー) あなたが好き 死ぬほど好き この愛受けとめて 欲しいよ 男らしく 言いたいけど ドキドキときめいて 言えない  明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえを おさえつつ 僕はダイヤルまわしたよ 君のテレフォン・ナンバー6700 (ハロー) 君のテレフォン・ナンバー6700 (ハロー)
本牧メルヘンジェロジェロ阿久悠井上忠夫本牧で死んだ娘は 鴎になったよ ペットのブルースに送られて 踊るのが大好きと言ってたあの娘が さびしさに耐えかねて死んだのさ ジョニーもスミスも 泣くのを忘れて 海鳴りに向かって歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う  本牧の夜ふけ頃にがめのコーヒー 飲みながら思い出すあのことを 恋をしたこともなく悩みもないのに あの店の片隅で死んだあの娘を ジョニーもスミスも さえない顔で 真夜中に泣き泣き歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う  ジョニーもスミスも 泣くのを忘れて 海鳴りに向かって歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う
恋のダイヤル6700平田裕香平田裕香阿久悠井上忠夫(ハローダーリン) リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン ワオ  明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえを おさえつつ 僕はダイヤル まわしたよ 君のテレフォン・ナンバー 6700 ワオ (ハロー) あなたが好き 死ぬほど好き この愛うけとめて 欲しいよ 男らしく 言いたいけど ドキドキ ときめいて 言えない リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン リンリンリリン リンリンリリンリン リンリンリリン リンリリリリン イエー ヘイ イエー カモン カモン カモン イエー カモン  暗記するのはへただけど これは一生忘れない 君と僕とを つないでる たった一つの ものだから 君のテレフォン・ナンバー 6700 ワオ (ハロー)  あなたが好き 死ぬほど好き この愛うけとめて 欲しいよ 男らしく 言いたいけど ドキドキ ときめいて 言えない  明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえを おさえつつ 僕はダイヤル まわしたよ 君のテレフォン・ナンバー 6700 ワオ (ハロー) 君のテレフォン・ナンバー 6700 ワオ (ハロー)
夜空をかける恋ずうとるびずうとるび岡田冨美子井上忠夫星が美しく涙ぐみまたたくから 君が恋しくなるよ 真夜中でもいい 迎えに行きたい  ひとりぽっちは嫌いだよ 上手に僕を眠らせて 背中たたいて子守唄 うまく行きそうな君と僕なのに なんで離れて暮してる  君の似顔絵を書いてみる まぶたの裏 うまく書けるとよけい 逢いたくなるのさ 抱きしめたくなる 一人ぽっちじゃそれも無理 上手に僕を眠らせて 背中たたいて子守唄 好きだよと言えば君はうなずいた なんで離れて暮してる  星にきいてみる 君は今何をしてる 僕のこと想ってる 心と心が夜空でぶつかる 我慢するのも淋しいね 上手に僕を眠らせて 背中たたいて子守唄 そばにいたいのに 愛しているのに なんで離れて暮してる
ガラスの城中村晃子中村晃子小谷夏井上忠夫雨の音に まぎれるように 昨日までの 部屋を出る 窓をつたう 涙のあと 小さく響く ドアの音 あれは いつのこと 水色の あの幸せ 聞きなれた口笛が 遠くなる ガラスの城は こわれたのね もう帰れない もどれない  坂の上で ふりかえれば 昨日の窓に 雨が降る あれは なんのこと 嘘みたい あのさよなら 空耳(そらみみ)の口笛も 消えて行く ガラスの城は お伽(とぎ)ばなしね もう帰れない もどれない
青春三文オペラ井上大輔井上大輔阿久悠井上忠夫その気になれないけど 別れもいやで 何となく二人 いつでも一緒 ダブルでウイスキーを飲んでるあの娘 このぼくはトマトジュース飲む でも可愛いかな あゝそうなんだな 二人の青春の三文オペラ ラララ…… ラララ……  私は泣かないよ強がるあの娘 そうだろうさ君は 泣くはずがない たとえば結婚でもしてしまったら このぼくがずっと泣くだろう でも嘘なんだな その逆なんだな 二人の青春の三文オペラ ラララ…… ラララ……
夜の乗客テレサ・テンテレサ・テン山上路夫井上忠夫どこへゆくかと 人に聞かれた 答えに困った 私なのよ 恋と別れて 夜の汽車で あてのない旅に 出た私 涙抱いた 女がひとり 暮らせる街を 教えて 教えて下さい  涙出そうで 窓を見つめる 灯りが目の前 過ぎるだけよ 好きなあの人 こんな別れを 知らずにきっと 眠っている 私のことは どうか忘れて あなたの道を 歩いて 歩いて下さい  誰も行く先 知っているのに あてのない旅は 私だけ 涙抱いた 女がひとり 暮らせる街を 教えて 教えて下さい
恋ひとつ雪景色森昌子森昌子阿久悠井上忠夫窓をあければ 雪景色 遊ぶ渡り鳥 赤いカクマキ着たひとが 通り過ぎる あなたを慕うこの胸は まだ銀世界 誰も汚せない やさしい足跡は いつの日つくのやら  汽車が走れば 見えかくれ 冬の日本海 舟も真白におおわれて 心細く あなたに急に逢いたくて ただ無我夢中 切符買ったけど なぜだかぽろぽろと 涙があふれ出る  真綿ちぎって 投げたよな 重いぼたん雪 道に誰かがころがした みかんひとつ あなたは強く抱きしめて 春まで待てと いってくれたのね このままうずもれて その日を待ちたいわ
眠れマッハバロンすぎうらよしひろすぎうらよしひろ阿久悠井上忠夫マッハバロン 眠れ眠れ お前が静かに眠れる世の中が 平和で一番すばらしい時 それを父さんも祈っているだろう 遠い世界で祈っているだろう マッハバロン 眠れ眠れ お前の使命を終わらせてあげたい たたかう機械でなくしてあげたい  マッハバロン 眠れ眠れ お前が静かに眠れる世の中が 平和で一番すばらしい時 それが何よりもみんなのしあわせ 悪の足音遠くへ去ったら マッハバロン 眠れ眠れ その時誰もがお前をとりかこみ 平和の歌声きかせてくれる
香港の夜テレサ・テンテレサ・テン麻生香太郎井上忠夫これが最後の夜だというのに 心ときめく港の灯り それはあなたがそばにいるから それはあなたが笑っているから 約束通り泣かないわ さよならしましょう 別れは美しい 香港 香港 あなたの胸に 香港 香港 きらめいていてね いつまでも  恋の短かさ 命の長さ だけど私は生きていけるわ それはあなたとめぐり逢えたから それはあなたの想い出あるから 約束通り口づけて 明日はあの船あなたを運ぶのね 香港 香港 あなたの胸に 香港 香港 きらめいていてね いつまでも  約束通り口づけて 明日はあの船あなたを運ぶのね 香港 香港 あなたの胸に 香港 香港 きらめいていてね いつまでも
アカシアの夢テレサ・テンテレサ・テン山上路夫井上忠夫アカシアの並木道 二人歩いたわ それも夢なの 夢なのみんな あなたはいない ここで暮らしてほしいといつも 口に出せずに想っていたの そんな願いをあなたは知らず 遠い街へと帰っていった ああ 北風が冷たい街に 私はひとり  アカシアの白い花 街に咲く頃に 甘くあなたに あなたに抱かれ 幸せだった 二人暮らせるその日を夢に 胸に育てて愛していたの 怨まないけどあなたの言葉 今はいちじの嘘だと知った ああ また冬が近づく街に 私はひとり  アカシアのこの街を 去っていった人 急に仕事の 仕事の都合 できたと云った きっとあなたはわかっていたの すぐにこの街離れる時が 雨にうたれてあなたを乗せた バスを涙で見送ったの ああ 北風が冷たい街に 私はひとり
あなたが欲しいあおい輝彦あおい輝彦麻生香太郎井上忠夫あなたに逢いたい 今すぐ逢いたい Love You Miss You あなたがすべて あの日のくちづけ 恥じらうあなた Love You Miss You 眠れない僕さ 抱きしめてmmm… 抱きしめてmmm… こわしてみたいよ あなたを 待ちきれないんだ 今すぐ逢いたい Love You Miss You あなたが欲しい 欲しい  ラジオをつけても 煙草をくわえても Love You Miss You 落ちつかないんだ 月が傾いて 朝日が昇れば Love You Miss You とんで行きたいよ  抱きしめてmmm… 抱きしめてmmm… キスして欲しいよ あなたに 汗ばむ手のひら 今すぐ逢いたい Love You Miss You あなたが欲しい 欲しい  抱きしめてmmm… 抱きしめてmmm… キスして欲しいよ あなたに 汗ばむ手のひら 今すぐ逢いたい Love You Miss You あなたが欲しい 欲しい
君が優しすぎるからあおい輝彦あおい輝彦岩谷時子井上忠夫あなたが素直で 優しすぎるから 僕の心まで 清らかになるよ 何んにも聞かずに 僕についてきた あなたを誰より 大事にしたいね  幸せを今 二人で訪ねて行こう これからは只 二人で歩いて行こう 首すじにかかる おくれ毛をあげて 可愛くほほえむ 僕の恋人よ  あなたが綺麗で 明るすぎるから ぼくの心まで 透きとおってゆくよ 人の噂にも 耐えつづけてきた あなたの真心 忘れはしないよ 幸せを今 二人で訪ねて行こう キラメク世界 あなたを連れて行きたい いつも夢にみて めぐり逢えた人 とこしえの愛を あなたにあげよう  幸せを今 二人で訪ねて行こう これからは只 二人で歩いて行こう 首すじにかかる おくれ毛をあげて 可愛くほほえむ 僕の恋人よ
恋の大予言フィンガー5フィンガー5阿久悠井上忠夫バカラバカラ ペテンのフキヌケ アブドラバンチョのベソッカキ チララチララ チンチラパパイヤ クラクラヌンチャク ヒジデッポ ケセラケセラ ママコのガリベン ハレヒレメガネのブットバシ  呪文(じゅもん)だよ ミスティー  これでもうぼくのこと好きになるよ そんな顔してたって無駄(むだ)なことさ きいてきたよ ゆれているよ ホラ好きになる 不思議な気持になってきた あなたがすてきに見えてくる 恋の呪文(じゅもん)にかかったら すぐに天国さ Ah! Ah!  バカラバカラ ペテンのフキヌケ アブドラバンチョのベソッカキ チララチララ チンチラパパイヤ クラクラヌンチャク ヒジデッポ ケセラケセラ ママコのガリベン ハレヒレメガネのブットバシ  私も呪文(じゅもん)を覚えたい あなたでない子にかけたいわ ぼくの呪文(じゅもん)にかかったら それはできないさ Ah! Ah! これでもうしあわせさ夢の気分 何もかもバラ色に見えてくるよ 奇跡(きせき)なのさ ぼくにとって ただ一度きり これで二度と使えないよ この一度きり バカラバカラ ペテンのフキヌケ アブドラバンチョのベソッカキ  オー!・ミスティー
青い月夜奥村チヨ奥村チヨ橋本淳井上忠夫霧にまかれた あなたの窓辺 ともる灯りが とてもいとしい 長いドレスを 愛してくれた やさしいあなたは 空のはて  青い青い月夜の くちづけを 残してあなたは ひとりで眠る 瞳をとじて 心をとじて  青い青い月夜の くちづけを 残してあなたは ひとりで眠る 瞳をとじて 心をとじて  古いレンガの 坂道に 二人の心は 今もただよう 霧にただよう
自由なふたり堺正章堺正章阿久悠井上忠夫しばり合うことが恋だと信じ 何にをする時も二人でいたが それが傷つくもとだと知って 今は自由に生きてる二人 あなたはあなたで誰かと遊び 楽しい話をきかせてくれる そしてどちらかが逢いたくなれば 燃えて抱き合う初めてのように  甘いくちづけに危険な匂い なぜか気がかりでたずねてみたが それはきかない約束なのと 背中向けてるいとしいひとよ あなたは益々きれいになって 近ごろ心がおびえてしまう だけどいつまでも愛するために こんな関係をつづけたい二人
枯葉の宿堺正章堺正章阿久悠井上忠夫手紙を書くしかすることがない 枯葉が舞いちる山あいの宿 一にぎりの悲しみに追いたてられて 言葉もかけずに旅に出たけれど ぼくには何もすることがない あなたを想っているしかない枯葉の宿  あなたがあいつを好きだと知って ひそかに身をひき別れて来たよ らしくもないことだよと笑われるけど あなたを泣かせることは出来なかった ぼくには何もすることがない あの日をしのんでいるしかない枯葉の宿  たとえばひょっこり あなたがここへ たずねて来るなど望めぬ夢か 枯葉の道ふみしめて現われるような 予感にひかれて窓を見つめてる ぼくには何にもすることがない 未練をくやんでいるしかない枯葉の宿
愛の氷河いしだあゆみいしだあゆみ阿久悠井上忠夫「あなた とても悲しい噂が私の耳に入って 来るのです それは まるで氷のナイフのように 眠ってしまった 私の心を切り裂く のです 人人は 私を信じることの愚かさを 私に教えます 待つということのむなしさを 私に教えます 透明な しかし うすくなった 空気の中で 季節の終った 蝶のように 私は 生きているのです」  しあわせ過ぎた 月のあとの 涙の海に おぼれる私 髪をとかして 爪みがいて 好きなドレスを 鏡にうつす  「あなたに抱かれて海の音をきき 空いっぱいの鴎の群を見た時 死んでもいいとさえ 感じたしあわせが やはり 忘れられないのです」  二度とは人を 愛さないでしょう 一度の愛で ぬけがらのよう 帰らぬ人と知っているのに なぜ さよならいえずにいるの  「突然の別れは こわくないのです 耐えて 行けるのです でもなぜか 段段遠く 段段遠くなって行く感じが つらいのです 多分 私が 女だからでしょう」
突然炎の如く大橋純子大橋純子なかにし礼井上忠夫抱きしめあう 私たち 鏡の中にいる 白い影の 私たち 鏡の中にいる 私の指を 噛んでほしいの あなたの歯のあとが つくほどに噛んで あゝ これが恋の痛みね うれしくて 涙が出るくらい だからもっと 傷つけてほしいの 抱きあったまま 死んでもいいの 恋は突然 炎のように燃えた  白い影の 私たち 鏡の中にいる 長いくちづけ接吻 交わしつかれて ぼんやりみつめあう 安らぎの時よ あゝ これが恋の真実 昨日まで 知らずにいた私 好きで好きで 気が遠くなりそう 爪の先まで あなたのものよ 恋は突然 炎のように燃えた  抱きしめあう 私たち 鏡の中にいる 白い影の 私たち 鏡の中にいる
鍵はかえして大橋純子大橋純子なかにし礼井上忠夫さあ この部屋から 今すぐ出て行ってよ もうあなたの 顔など見たくないわ  さあ みんな持っていってよ ああ だけど鍵はかえして いつわりの暮らしなど 欲しくないの これ以上許せない 私なの  さあ この部屋から 今すぐ出て行ってよ もうあなたの 顔など見たくないわ  さあ みんな持っていってよ ああ だけど鍵はかえして もう一度 人生をやりなおして 幸せをつかみたい 私なの  絵も 置時計も ギターも 古い本も もうあなたの匂いは 耐えられない  さあ この部屋から 今すぐ出て行ってよ もうあなたの 顔など見たくないわ  絵も 置時計も ギターも 古い本も もうあなたの匂いは 耐えられない
恋のラッキー・ストライクフィンガー5フィンガー5竜真知子井上忠夫My pretty darling I'm always loving you My little darling, pleasa, pleasa, pleasa kiss me! Play ball!!………wow!!  あの娘が来てるスタジアム もう緊張しちゃうよドキドキ 相手は最強チームで とても勝てっこないのに困るよ  負けないで I love you 見てるわよ I need you ホームラン I want you 飛ばしてね My darling これじゃキビシイよ  あの娘の見てる目の前で とても三振なーんかできない いつもはサエない僕でも きっとヒットを飛ばすぞ今日は!  My pretty darling I always need you My little darling Please, please please kiss me!! Strike!!………wow!!  相手のピッチャー横目で なぜかあの娘を見ているチラチラ チャンスだボールが甘いぞ ここで一発大きくねらった  しびれるわ I love you 大好きよ I need you その調子 I want tyou やっつけて My darling まるで嘘みたい  あの娘の魅力のせいだよ 今日の相手のチームはメロメロ エラーでからぶりトンネル そしてバンザイ僕らの勝ちさ  素敵だわ I love you 最高よ I need you ストライク I want you とれるわよ My darling まるで嘘みたい  あの娘の魅力のせいだよ 今日の相手のチームはメロメロ エラーでからぶりトンネル そしてバンザイ僕らの勝ちさ
水中花チェリッシュチェリッシュ阿久悠井上忠夫線香花火チリチリと 松葉模様描いてる 金魚鉢では ポトリ紙の花咲く  水の中で開く花 外に出せば ただの紙 そうよ私は ここで生きているだけ  あなたには 二度と逢えないわ お互いに 不幸になるだけよ さよなら あー さよなら お酒でも 飲みます  針の音がシャラシャラと 歌のすき間うずめてる 古いレコードかけて 酒を飲むのよ  辞書を開き 知らぬ文字 さがしながら 書く手紙 頬に流れる 涙ふきもしないで  あなたには 二度と逢えないわ お互いに 不幸になるだけよ さよなら あー さよなら 夜明けでも 待ちます  あなたには 二度と逢えないわ お互いに 不幸になるだけよ さよなら あー さよなら 夜明けでも 待ちます
マッハバロンすぎうらよしひろすぎうらよしひろ阿久悠井上忠夫悪の天才が 時に野心を抱き 世界征服を 夢みた時に 君はどうする 君はどうするか 君は じゅうりんされて 黙っているか 今だ出撃 マッハバロン スーパーロボット マッハバロン マッハコレダー ぶっ放せ 来たぞ ララーシュタインのロボット軍団 頼む頼む 頼む頼む マッハバロン  悪のサイボーグ 悪のロボットの群れ それを操って 挑んで来たら 君はどうする 君はどうするか 君は 悪魔の前に ひざまずくのか 今だ出撃 マッハバロン スーパーロボット マッハバロン マッハトリガー 決まったぞ 来たぞ ララーシュタインのロボット軍団 頼む頼む 頼む頼む マッハバロン
元気ですかJOHNNYS'ジュニア・スペシャルJOHNNYS'ジュニア・スペシャル寺山修司井上忠夫小さなロバにまたがって ぼくたちは出かけます 恋をさがしに旅に出かけます  もしも道ばたで子猫をひろったら つれてゆきます ララララ さびしそうな女の子がいたら つれてゆきます ララララ  いつもみんなで きみのことを心配しています ウォウォウォ 一緒にいけたらいいのにな 元気ですか 元気ですか 元気ですか  小さなロバにまたがって ぼくたちは出かけます 口笛吹いて旅に出かけます  もしも歌の好きなあの娘がいたら つれてゆきます ララララ その子もこの子もみんなみんな つれてゆきます ララララ  いつもみんなで 君のことを心配しています ウォウォウォ この頃噂をきかないけど 元気ですか 元気ですか 元気ですか
雨の賛美歌ジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツなかにし礼井上忠夫雨の街に 住むと聞いた 虹のような 女をさがして 雨のあとを たずね歩く 野に咲くバラ 一枝手にして 涙のつきない 女には なぐさめよりも 愛よりも バラの花が 似合うのさ 似合うのさ ひび割れた 鏡を見て 不幸色した 女が泣いてる  涙のつきない 女には くちづけよりも 嘘よりも バラの花が 似合うのさ 似合うのさ 泣きつかれて 髪をとかす 日暮れ色した 女が 泣いてる  日暮れ色した 女が 泣いてる
ブルー・シャトウ(別ヴァージョン)ジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツ橋本淳井上忠夫きっとあなたは紅いバラの バラのかおりが苦しくて 涙をそっと流すでしょう  森と泉にかこまれて 静かに眠るブルーブルーブルーシャトウ あなたが僕を待っている 暗くて淋しいブルーブルーブルーシャトウ  きっとあなたは紅いバラの バラのかおりが苦しくて 涙をそっと流すでしょう
マリアの泉(別ヴァージョン)ジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツ万里村ゆき子井上忠夫苦しい恋をあきらめて さまよう街の夕暮れに 泉は深く水をたたえて 青ざめた僕を映してた  古い泉よ お前は僕の つらい昨日を映すのか 古い泉よ お前に僕の つらい心がわかるのか  果てない旅は続くのさ 幸せ求めて僕は行く マリアに祈り ただ一人 古い泉に別れをつげた  マリアに祈り ただ一人 古い泉に別れをつげた 古い泉に別れをつげた
本牧メルヘン鹿内孝鹿内孝阿久悠井上忠夫本牧(ほんもく)で死んだ娘(こ)は鴎(かもめ)になったよ ペットのブルースに送られて 踊るのが大好きと言ってたあの娘が さびしさに耐えかねて死んだのさ  ジョニーもスミスも泣くのを忘れて 海鳴りに向かって歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う  本牧の夜ふけ頃にがめのコーヒー 飲みながら思い出す あのことを 恋をしたこともなく悩みもないのに あの店の片隅で死んだ娘を  ジョニーもスミスもさえない顔で 真夜中に泣き泣き歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う  ジョニーもスミスも泣くのを忘れて 海鳴りに向かって歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う
ランナウェイ Brand New Soul Version鈴木雅之鈴木雅之湯川れい子井上忠夫二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて  ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ  ひとりさまよい 傷ついた 魂のぬけがらに 愛をともした おまえもロンリー・ガール ふたり激しく 燃える  ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ  かわいた街は 爪をとぎ 作り笑い浮かべ きづいた愛も 奪うロンリー・タウン だけど放しは しない  ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ  ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ  二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ
海を見ていたら麻丘めぐみ麻丘めぐみ喜多条忠井上忠夫海を見ていたら 哀しみが ひろがるの 眼の中 一杯に 蒼い蒼い 哀しみ 夕陽に照らされた あなたの顔が 今日はとても 美しいから  海を見ていたら はじらいが 身をつつむ 手のひら 一杯に 淡い淡い はじらい 渚に輝いた あなたの瞳 今日はとても 美しいから  海を見ていたら 思い出が 出来そうよ 初めて あなたとの 熱い熱い くちづけ 夕陽に照らされた あなたの顔が 今日はとても 美しいから
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
北国の二人ジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツ橋本淳井上忠夫雲が流れる 北国の街へ あなたが生れた 心の国へ  胸にかざった 真珠のように やさしく輝く あなたの瞳  見つめあう ふたり いだきあう ふたりは 離れられずに  強く 強く 強く 強く かわすくちづけ  雲が流れる 湖のほとり あなたは花に 埋れて眠る  見つめあう ふたり いだきあう ふたりは 離れられずに  強く 強く 強く 強く かわすくちづけ  雲が流れる 湖のほとり あなたは花に 埋れて眠る  北国のはて
恋のシーソー・ゲームアグネス・チャンアグネス・チャン落合恵子井上忠夫恋はどちらかいつも 片想い でも 愛するだけでは いやよ愛されたいの それまでは ほら 恋にさようなら  たそがれ時 人の波 五分おきに 時計見て 背のびしては あなたに似た人 探す  幸せそうな カップル 後姿  目で追って 待ちぼうけに 疲れてそれでも 帰れない  もしも わたし愛する半分を Hoh Hoh 返してくれたら 待っていますあなたを そのときは そう恋に こんにちは  ごめんねなんて 甘い声 覚えちゃったの 言い訳は 変わったのよ わたしは 昨日と違うの  恋はどちらかいつも片想い でも 愛するだけでは いやよ愛されたいの それまでは ほら 恋にさようなら  もしも わたし愛する半分を Hoh Hoh 返してくれたら 待っていますあなたを そのときは そう恋に こんにちは そう恋に こんにちは
美しい朝がきますアグネス・チャンアグネス・チャン安井かずみ井上忠夫朝がきます そよ風も吹きます あと あなたがいれば  歌うたえば 友達もあります ただ あなたがいない 淋しさ  素敵なことばかり ないけど 皆んなと 同んなじくらいには 倖せ なりたいのです あなたのそばで 見つけた 青空 その素晴らしさ わたしは 忘れない  時すぎます 思い出もあります あと あなたがいれば  名前呼べば 胸あつくなります 今 あなたがいない 淋しさ  素敵なことばかり ないけど 皆んなと 同んなじくらいには 倖せ なりたいのです あなたと 歩いてみたい わたしは お祈りします 今すぐ 来て下さい 今すぐ 来て下さい
慎吾ママの学園天国-校門篇-慎吾ママ慎吾ママ阿久悠井上忠夫悩みのある子も 眠い子も このママに おっはーしてごらん もうモヤモヤ 晴れていき 走っていけるよ おっはー 朝の校門を おっはー エイッと駆けぬけて Yeah Yeah Yeah ヒーローは きみときみと ヒロインは きみときみ みんな主役さ  勉強してても しなくても 友だちにかわりはないんだよ また帰りに この門で 投げチュッチュ あげましょう  失敗した子も 負けた子も このママに サヨナラしてごらん 泣きたいなら この胸で ワンワン泣きなよ おっつー 午後の校門で おっつー ピョンと跳び上がり Yeah Yeah Yeah ヒーローは きみときみと ヒロインは きみときみ みんな主役さ  花マルついても なくっても ピカピカの子どももいるんだよ また明日も この門で 投げチュッチュ あげましょう
本牧メルヘン門倉有希門倉有希阿久悠井上忠夫本牧で死んだ娘(こ)は鴎になったよ ペットのブルースに送られて 踊るのが大好きと言ってたあの娘が さびしさに耐えかねて死んだのさ  ジョニーもスミスも泣くのを忘れて 海鳴りに向かって歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う  本牧の夜ふけ頃にがめのコーヒー 飲みながら思い出す あのことを 恋をしたこともなく悩みもないのに あの店の片隅で死んだ娘を  ジョニーもスミスもさえない顔で 真夜中に泣き泣き歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う  ジョニーもスミスも泣くのを忘れて 海鳴りに向かって歌っていたよ 本牧で死んだ娘は鴎になったよ なぜかしら誰でもがそう思う そう思う
海辺の石段ジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツなかにし礼井上忠夫海辺の 小さな石段 消した恋の夢を 胸に秘めたたずむ  月影 輝く海辺よ 青い光をあびて 音もなく寄せる波  過ぎた思い出は 二人のもの いつの日か よみがえる ああ… 今宵も ひとりでたたずみ 遠い海を見ては 君を待つ石段  海辺の 小さな石段 やがて君の眠る 花園に続く道  幻 ただよう波間に 白い花を投げて 永遠の愛ささげる  過ぎた思い出は 二人のもの いつの日か よみがえる ああ… 今宵も ひとりでたたずみ 遠い海を見ては 君を待つ石段
草原の輝きジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツ橋本淳井上忠夫あなたのおうちは 緑にぬれた草原の 草原のはるかかなた  風が走るあさ あなたのほほにひとしずく 美しい愛のめざめ  たった一度だけ あなたとめぐり逢い つらい恋の思い出を 抱いて ぼくは通り過ぎて行く  たった一度だけ あなたとめぐり逢い つらい恋の思い出を 抱いて ぼくは通り過ぎて行く  あなたのおうちは 緑にぬれた草原の 草原のはるかかなた 草原の草原のはるかかなた……
こころの虹ジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツ橋本淳井上忠夫あなたを信じて ここまできたけれど 二人で見つけた 虹が見えないの  灰色の空へ 悲しみをのせて かよわい蝶々は どうして消えたの  いつかあなたと 結ばれた日に 抱きしめ 抱きしめて 甘えて いいのね  わたしの心は 涙でゆれるけど かなしい蝶々は 大空へ帰える かなしい蝶々は 大空へ帰える
マリアの泉ジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツ万里村ゆき子井上忠夫苦しい恋を あきらめて さまよう 街の夕ぐれに 泉はふかく 水をたたえて 青ざめた ぼくをうつした  古い泉よ お前はぼくの つらいきのうを うつすのか 古い泉よ お前にぼくの つらい心が わかるのか  古い泉よ お前はぼくの つらいきのうを うつすのか 古い泉よ お前にぼくの つらい心が わかるのか  はてない旅は つづくのさ しあわせもとめて ぼくは行く マリアに祈り ただひとり 古い泉に わかれをつげた  古い泉に わかれをつげた
青い渚ジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツ橋本淳井上忠夫二人で歩いた砂山の どこかに消えた My lonely first love なぜかハートがいたむのよ きのうわかれたあの人の つめたい言葉に My lonely first love なぜかあなたを思いだす 恋のおわりはメランコリー あの夏の日のしあわせは 砂にのこした波のあと  恋のおわりはメランコリー あの夏の日のしあわせは 砂にのこした波のあと 一人さみしく砂山で 涙にくれた My lonely first love わたしの心はまだ赤い My lonely, my lonely, my lonely first love
町づくし唄天童よしみ天童よしみ岡本おさみ井上忠夫こんなとこにも 人が居る こんなとこにも 人が住む 子供の笑いも すずしくて 旅行く自分を 問うてみる みかえりの町(まち) 情町(なさけちょう) 帰らずの町(まち) 字(あざ)恋し町(ちょう)  酔っているうち いいけれど 酔っているうち いいけれど 醒めてひとりじゃ 眠れずに おまえのぬくもり おもいだす 酔いしれの町(まち) 千鳥町(ちょう) 眠れずの町(まち) 字寂(あざさみ)し町(ちょう)  あてないうちは いいけれど あてないうちは いいけれど いい人ばかりに 会いすぎて 情(なさけ)ばかりが 重くなる ほほえみの町(まち) 人待ち町(ちょう) お別れの町(まち) 字(あざ)やさし町(ちょう)  歩いているうち いいけれど 歩いているうち いいけれど 今日の生きざま 恥かしく 明日(あした)がだんだん 遠くなる 過ぎゆきの町(まち) 急ぎ町(ちょう) おきざりの町(まち) 字(あざ)悲し町(ちょう)
ひと雨くれば小柳ルミ子小柳ルミ子麻生香太郎井上忠夫人知れず 咲いた紅い 朝顔ひとつ 日照りつづきの 軒かげに 忍ぶ恋しさよ ああ 好きなひとは 今何処に 帰らないのか 帰るのか ああ 私だって 女です あなたばかりを 待てません 日は高く 今日もまた 暑くなりそうだけど 想い出は 流したいの ひと雨くれば ああ……  ひんやりと 風が行く 夜の緑先 なんにも知らずに 妹が 眠る蚊張のなか ああ ひとつふたつ 消えていく 胸のつかえが かなしみが ああ 私だって 女です きっとしあわせ みつけます 降りしきる 蝉の声に  夏はまだつづくけど 想い出は 流したいの ひと雨くれば ああ……
逢いたくて北国へ小柳ルミ子小柳ルミ子橋本淳井上忠夫ひと目だけでも逢えればいいと 夜汽車にそのままとび乗った 私は今 胸の片隅に ひとこと聞きたいことがある 「あなた本当に愛していますか 少し迷っていませんか」 捜すひとは あなたひとり 北の街へ いそぎます  手紙の文字がゆがんでました 私になにか かくしてますか 疑いは悲しい嫉妬なの ひとこと聞きたいことがある 「もしも二人で くらす部屋あれば とうか私をつれてって」 プラタナスは ゆれてますか あなたがいる 北の街  「あなた本当に愛していますか 少し迷っていませんか」 こんな時は 責められても あなたのそばで 眠りたい  シグナルのベルが鳴りつづける あなたの胸に飛びこむまでは 咳きを立つまであと幾時間 私の心は燃えている 燃えている
青い瞳(英語盤)ジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツ橋本淳井上忠夫There is a lonesome town Where are the broken hearts to stay I dream a dream of the blue - blue Lady of a broken love  There is a lonesome girl She has the blue - blue eyes Why should I make my broken heart Be in love again  Loving here, come-on a baby You make me crazy You are the angel Love is a nature I understand now Love makes the man a KING  There is a lonesome love where are the broken hearts to stay Why should I make my broken heart Be-in love again
夜のフェリーボートテレサ・テンテレサ・テン山上路夫井上忠夫明日の朝は 遠い南の街へ 私乗せた船は 着くでしょう そこで私は 少しだけ暮らす 忘れた笑顔を とり戻せるまで さよならあなた 愛していました 夜のフェリーボートは今出てゆきます  港灯り遠くなってゆくわ 愛し合った 街も消えるわ 波に捨てましょう お別れの手紙 未練な言葉は 心にしまって さよならあなた 愛していました 夜のフェリーボートは今出てゆきます  さよならあなた 愛していました 夜のフェリーボートは今出てゆきます
シャングリラシャネルズシャネルズ湯川れい子井上忠夫Hey, little darlin' 昼も夜も 逢いたくて たまらないよ  霧にまかれた 小羊みたいさ 何も見えず お前だけを求め Want you, need you  謎めいた瞳に 縛られて 逃げ出す事も 出来ないのさ Never Never  ダメな奴だと うしろ指 さされてもいいさ 本気さ 今にきっと I bet you お前ひっさらっても Love you, kiss you 夢みるシャングリラ! 信じておくれよ  Hey, little darlin' 昼も夜も 逢いたくて たまらないよ  口にくわえた 赤いバラの花 じらさないで せめてもっとそばに Want you Need you  こんなにもハートは 燃えるのに 言葉じゃうまく 言えないのさ Never Never  夢をかかえて デカい夢 生きている俺さ そうだよ 時が来れば I bet you お前ひっさらっても Love you Kiss you 夢見るシャングリラ! 信じておくれよ  Hey, little darlin' Hey, little darlin'
アゲインシャネルズシャネルズ湯川れい子井上忠夫アゲイン (Twilight) 汐風の中で (Twilight) お前の髪がゆれてる たそがれだよ (Twilight time)  アゲイン (Twilight) また夏の気配 (Twilight) 人影のない浜辺で 愛を語ろう (In the Twilight time)  嵐にもまれる ふたつの船に似て さからいながらも 遠く引き裂かれて まためぐり逢えたのさ 離しはしないよ  アゲイン (Twilight) 肩を抱き寄せ (Twilight) 幸せに頬を濡らす (Twilight) たそがれだよ (In the Twilight time)  真赤な夕陽が真冬の海染めて 沈むの見るたび ひとり空の果てに お前の名を呼んでは 好きだと叫んだ  アゲイン (Twilight) 時が流れて (Twilight) 幸せが夜を運ぶ (Twilight) たそがれだよ (In the Twilight time)  アゲイン (Twilight) アゲイン (Twilight) アゲイン (Twilight) In the Twilight time
ランナウェイGOLD LYLICシャネルズGOLD LYLICシャネルズ湯川れい子井上忠夫ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ  ひとりさまよい 傷ついた 魂のぬけがらに 愛をともした おまえもロンリー・ガール ふたり激しく 燃える  ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ  かわいた街は 爪をとぎ 作り笑い浮かべ きづいた愛も 奪うロンリー・タウン だけど放しは しない  ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ 二人だけの 遠い世界へ お前を抱いて ランナウェイ
街角トワイライトGOLD LYLICシャネルズGOLD LYLICシャネルズ湯川れい子井上忠夫Hold me tight, Hold me tight, My little girl  琥珀色をした 首筋に 俺のイニシャルの ペンダント 愛してる 愛してる ささやいた lovely girl  夕闇迫る 街角で お前に良く似た プロフィール 追いかけて 追いかけて 今でも Searchin' only you  南風 受けながら 生まれたままの姿で 愛し合い 夜明けまで Night on the beach Hold me tight, Hold me tight, My little girl  迫りくる愛の 激しさを  ふたりの体で 受け止めて 夏が過ぎ 木枯らしに 暮しは冷え始め And she had gone  南風 受けながら 生まれたままの姿で 愛し合い 夜明けまで Night on the beach Hold me tight, Hold me tight, My little girl  夕闇迫る 街角で お前に良く似た プロフィール 追いかけて 追いかけて 今でも Searchin' only you But she had gone
トゥナイトシャネルズシャネルズ湯川れい子井上忠夫土曜の夜は お前を抱いて 渚で眠りたい  Tonight, Tonight, Tonight, Tonight Tonight, Tonight, Tonight  いま 街をのがれて ハダシの お前を 青い 月の浜辺で 抱きしめて いられたら  Tonight 濡れた身体 俺の胸で そっとふるわせ  Tonight, Tonight, Tonight, Tonight 抱きしめて Tonight, Tonight, Tonight 夜明けまで Make it through the night  Tonight 甘い涙 俺の胸で 流しておくれ  Tonight, Tonight, Tonight, Tonight 頬寄せて Tonight, Tonight, Tonight 抱きしめて Tonight, Tonight, Tonight 夜明けまで Make it through the night
アイム チャンピオン西城秀樹西城秀樹阿久悠井上忠夫もしもあんな不幸なパンチ もらうことがなかったならば ブロンド娘を小脇にかかえて 叫ぶ アイム チャンピオン また逆もどり 名もなく貧しい男に 黄金色の未来は夢と夢と消えたよ だけどそれではじめて知った 可愛いひとのやさしい心  アアア アアア  もしもあの日勝ってたならば 夢のベルト手にしていたら 鼻持ちならない野郎といわれて 叫ぶ アイム チャンピオン もう世界中 この手におさめた気分で やさしさなど愚かと鼻で鼻で笑った それが今は可愛いひとの 胸の中でおぼれているよ アアア アアア
東京夜景テレサ・テンテレサ・テン阿久悠井上忠夫ピアニストが甘い歌を弾いているわ 人の気もまるで知らぬふりをしているわ 飲んだくれて悪いジョークとばしてるわ 何もかも同じ景色だわ ただの別れだったじゃないの 沈んだ顔見せて駄目じゃない そうよ 男には女の 女には男の まごころがいるけど あいつじゃないわ あいつではないわ  レインコート壁に掛けたままで行った ブーツまで 隅の方においたままでいる 置き忘れは そんなものが二つ三つ 心だけ持って行ったのね ただの別れだったじゃないの 何でもないよくあることじゃない そうよ 男には女が 女には男が 寄りそっているのが 幸せだけど あいつではないわ  男には女が 女には男が 寄りそっているのが 幸せだけど あいつではないわ
恋のダイヤル6700GOLD LYLICフィンガー5GOLD LYLICフィンガー5阿久悠井上忠夫「ハロー、ダーリン」  リンリンリリン…… リンリンリンリン…… リンリンリンリンリン……  明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえをおさえつつ 僕はダイヤルまわしたよ 君のテレフォン・ナンバー6700 ハロー あなたが好き 死ぬほど好き この愛受けとめて欲しいよ 男らしく言いたいけど ドキドキときめいて言えない  リンリンリリン…… リンリンリンリン…… リンリンリンリンリン……  暗記するのは下手だけど これは一生忘れない 君と僕とをつないでる たった一つのものだから 君のテレフォン・ナンバー6700 ハロー あなたが好き 死ぬほど好き この愛受けとめて欲しいよ 男らしく言いたいけど ドキドキときめいて言えない  明日は卒業式だから これが最後のチャンスだよ 指のふるえをおさえつつ 僕はダイヤル まわしたよ 君のテレフォン・ナンバー6700 ハロー 君のテレフォン・ナンバー6700 ハロー
風は東からトランザムトランザム森雪之丞井上忠夫悲しみばかりの都会を 抜け出し 夜汽車でやって来た 地平線めざし 駆け出すおれに 手を振る君がいる  風は今 東風 まわり出せ あざやかなドラマ 風は今 東風 よみがえれ 熱い詩  壁のない場所で もう一度愛を 自由に翔ばしたい 揺れて風の中 きらめいて君は 草原のヒロイン  風は今 東風 歌になれ ときめきのドラマ 風は今 東風 あふれ出せ 光る汗  人を愛すのは 心の旅だね 夢が道しるべさ 忘れかけていた 大地の匂いや 君のやさしささえ  風は今 東風 まわり出せ あざやかなドラマ 風は今 東風 よみがえれ 熱い詩
止めないでいしだあゆみいしだあゆみなかにし礼井上忠夫止めないで止めないで あゝ私のゆく道 細い道 止めないで止めないで あなた一人に決めた道 女の方から好きなんて 云ってはいけないことだけど この躰この心 あなたを求めているの どうにでもしてちょうだい あなたの気のすむように  止めないで止めないで あゝなんだかくちびるかわくから 止めないで止めないで とても背中が寒いから こんなに勇気を見せたのに どうしてあなたは逃げてゆく この躰この心 あなたはほしくはないの どうにでもしてちょうだい あなたの気のすむように
私の先生榊原郁恵榊原郁恵橋本淳井上忠夫先生 私 憶えてますか 手編みのセーター 着てますか ところで先生 17才は 大人でしょうか 子供でしょうか パジャマ姿で ウロウロするな 突然 兄貴に しかられました 螢の光に泣きながら すがってしまった先生は やっぱり 私の初恋ですか  先生 愛は 心でしょうか クラスで うわさの種でした なにか ふたりに 秘密があると 休み時間に 責められました 先生 今でも独身ですか 遊びにいっても かまいませんか ひと恋しくて灼けるような うちあけ話 あるのです こんな私は 大人でしょうか  先生 今でも独身ですか 遊びにいっても かまいませんか ひと恋しくて灼けるような うちあけ話 あるのです 先生 私は大人でしょうか  
それはキッスで始まったジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツなかにし礼井上忠夫それは それは キッスで キッスで始まった  愛がほしいなら 愛をあげよう 夢がほしいなら 夢をあげよう 机の上に かざっておいて 指もふれずに みつめていたいのさ そんないとしい 君だから どんな願いも 叶えてあげよう 甘く切ない 恋の物語り それは それは キッスで キッスで始まった  夜が恐いなら 歌ってあげよう 風が寒いなら 抱いてあげよう 風の吐息で 花びら散らし 雨にぬれたら とけてしまいそう そんなやさしい 君だから 僕が大事に 守ってあげよう 甘く切ない 恋の物語り それは それは キッスで キッスで始まった それは それは キッスで キッスで始まった
青い瞳ジャッキー吉川とブルー・コメッツジャッキー吉川とブルー・コメッツ橋本淳井上忠夫旅路の果ての 孤独な街で 俺は悲しき 恋を知ったのさ  やせた女の青い瞳には 俺の心がせつなく燃えたのさ  俺は心に誓う 愛の言葉 吹きすさぶ 北国の胸をうつ 恋の一夜  かわす言葉も 俺たちにはない 青い瞳が 別れを告げるだけ  俺は心に誓う 愛の言葉 吹きすさぶ 北国の胸をうつ 恋の一夜  かわす言葉も 俺たちにはない 青い瞳が 別れを告げるだけ  青い瞳が 別れを告げるだけ
ブルー・シャトウGOLD LYLICジャッキー吉川とブルー・コメッツGOLD LYLICジャッキー吉川とブルー・コメッツ橋本淳井上忠夫森と泉にかこまれて 静かに眠るブルー・シャトウ あなたが僕を待っている 暗くて淋しいブルー・シャトウ  きっとあなたは紅いバラの バラのかおりが苦しくて 涙をそっと流すでしょう 夜霧のガウンに包まれて 静かに眠るブルー・シャトウ  きっとあなたは紅いバラの バラのかおりが苦しくて 涙をそっと流すでしょう 夜霧のガウンに包まれて 静かに眠るブルー・シャトウ
上級生フィンガー5フィンガー5阿久悠井上忠夫オ−・ダ−リン、アイ・ミス・ユ−  憧(あこが)れの あの人はもう あすからここへ 通(かよ)ってこない 悲しい(悲しい) 季節さ(季節さ) 涙で送る 上級生  髪(かみ)をなで 涙を拭(ふ)いて くれたあの人 遠く離れて せつない(せつない) 思いさ(思いさ) 初恋の人 上級生  好きな人が いない学園に 僕はいやだ 行きたくないよ あなたは oh もういない あなたは oh, oh, oh もういない  好きな人が いない学園に 僕はいやだ 行きたくないよ あなたは oh もういない あなたは oh, oh, oh もういない
バンプ天国フィンガー5フィンガー5阿久悠井上忠夫バンバンババンバンプ バンバンバンプ バンバンバンバン バンバンバンプ  バンバンババンバンプ バンバンバンプ バンバンバンバン バンバンバンプ  バンプを踊りに行きたいけれど 十年早いとおっぽり出され ただひとりだけ家へ帰る 見ていろよバンプはこの僕が一番 踊りなど場所ではないんだよ気分 このぼくと誰方(どなた)か踊らないか  バンバンババンバンプ バンバンバンプ バンバンバンバン バンバンバンプ  ひとりでバンプを踊っていたら 可愛いあのこが見とれていたよ お尻とお尻 ぶつけあって ハートから火花をとび散らせ踊るよ 君の名は何ての 君ぼくを好きかい 君とても上手さ 踊るバンプ  バンバンババンバンプ バンバンバンプ バンバンバンバン バンバンバンプ バンプ天国さ バンバンバンバン バンバンバンプ
学園天国PLATINA LYLICフィンガー5PLATINA LYLICフィンガー5阿久悠井上忠夫あいつもこいつもあの席を ただ一つねらっているんだよ このクラスで一番の 美人の隣を あー みんなライバルさ あー いのちがけだよ 運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも 勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ待っている どの席になるか あー あの横顔を あー 見つめられたら 授業中天国だよ このぼくにしあわせを 与えておくれ 勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ
弱点見せたら駄目よキャンディーズキャンディーズ阿久悠井上忠夫シャンプーしたあとでは ことわれなくなるのよ くちづけされそうでも 逃げられないの 可愛いねとささやく 低音には弱いの からだがすぐしびれて ふるえるの ふるえるの 駄目 弱点は 駄目 見せないで もう大変なことになるわ ロマンティックな女の子には おとし穴が待ってる 気をつけて 気をつけて  シャワーのあと香水 ふりかけてる時には 誘いを待つ気分に なりそうなのよ いけない娘といわれる 甘ずっぱいムードが うれしくなる時こそ 危ないの 危ないの 駄目 弱点は 駄目 見せないで もう大変なことになるわ 一人前に見られたい時 おとし穴が待ってる 気をつけて 気をつけて
若い日のひとときキャンディーズキャンディーズ山上路夫井上忠夫この時はもう二度と 戻って来ないから あなたと今を 大切に生きたい 流れゆくあの雲も 二度とは見られない 青春それをだいじに すごしたいの 傷ついてもいいわ 涙がながれても 若い日のかがやき あなたときざむのよ どうして生まれたの あなたに逢うためよ そうして一つの愛に 生きるためよ  この時は帰らない どこかに消えてゆく けれどもそうよ 心には残るの 散ってゆくあの花は 二度とは咲かないの 青春熱いこの今 抱きしめるの 悲しくてもいいわ 望みがこわれても 若い日のこの道 あなたと歩くのよ どうして生まれたの あなたに逢うためよ そして一つの愛に 生きるためよ
卒業キャンディーズキャンディーズちあき哲也井上忠夫そしてあなたとは長すぎたお友達 恋の機会素通りして 臆病だったのね あの日制服も 揺れていた帰り道 迷いながら口づけして かまわなかったの 卒業式をさかいに二人離ればなれ 今頃 不自然 好きと言いだせば かるく憧れにとどめたらこんなこと 私一人めくり終えた 心のカレンダー  そしてあなたとは長すぎたお友達 話し方もどこか兄と小さな妹ね 記念撮影で触れてみた指の意味 他の人に気を奪われて通じなかったの 卒業式をさかいに二人離ればなれ 今頃 不自然 好きと言いだせば もっと何げなく愛したらこんなこと 私一人風の中で偲んでみる慕情  卒業式をさかいに二人離ればなれ 今頃 不自然 好きと言いだせば もっと何げなく愛したらこんなこと 私一人風の中で偲んでみる慕情
バンプ天国小泉今日子小泉今日子阿久悠井上忠夫バンバンババンバンプ バンバンバンプ バンバンバンバン バンバンバンプ  バンバンババンバンプ バンバンバンプ バンバンバンバン バンバンバンプ  バンプを踊りに行きたいけれど 十年早いとおっぽり出され ただひとりだけ家へ帰る 見ていろよバンプはこの僕が一番  踊りなど場所では ないんだよ気分 このぼくと誰方か 踊らないか  バンバンババンバンプ バンバンバンプ バンバンバンバン バンバンバンプ  ひとりでバンプを踊っていたら 可愛いあのこが見とれていたよ お尻とお尻 ぶつけあって ハートから火花をとび散らせ踊るよ  君の名は何ての 君ぼくを好きかい 君とても上手さ 踊るバンプ  バンバンババンバンプ バンバンバンプ バンバンバンバン バンバンバンプ  バンプ天国さ バンバンバンバン バンバンバンプ
学園天国GOLD LYLIC小泉今日子GOLD LYLIC小泉今日子阿久悠井上忠夫あいつもこいつもあの席を ただ一つねらっているんだよ このクラスで一番の 美人の隣りを ああー みんなライバルさ ああー いのちがけだよ  運命の女神さまよ このぼくにほほえんで 一度だけでも  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ  二枚目気どりの秀才や あのいやな悪党番長も 胸はずませ待っている どの席になるか ああー あの横顔を ああー みつめられたら  授業中 天国だよ このぼくにしあわせを 与えておくれ  勉強する気もしない気も この時にかかっているんだよ もし駄目ならこのぼくは もうグレちまうよ
恋のキャンドル敏いとうとハッピー&ブルー敏いとうとハッピー&ブルー石原信一井上忠夫いまは私だけ そうよ私だけ 何も言わないで 芽ばえたばかりの しあわせがこわい もっと寄りそって 坂道のクラブ 白いドアたたき 二人踊るのよ いじわるねあなた わざと横むいて やかせるつもりなの 胸が熱いわ いまは私だけ そうよ私だけ 何も言わないで  二杯目のグラス あなたとりあげて そっと叱るけど 酔っていいでしょ さざ波のように 今日は甘えたい いじわるねあなた 席をたたないで 困らすつもりなの 淋しがり屋を いまは私だけ そうよ私だけ 何も言わないで  センチメンタルに 揺れるキャンドルが 涙さそうから 強く抱きしめて あついためいきで 愛を伝えてよ いじわるねあなた 過去は言わないで 泣かせるつもりなの 夢のひととき いまは私だけ そうよ私だけ 何も言わないで
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. 風のゆくえ
  3. ウタカタララバイ
  4. 島唄
  5. 空っぽの心

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. Scream
  3. Beautiful
  4. Be Free
  5. ベルベットの詩

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照