いしだあゆみの歌詞一覧リスト  52曲中 1-52曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
52曲中 1-52曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛愁悲しい時は じっと目をとじて 心をかくす あなたがつらい 何もかも うちあけあって 二人で泣いた あの頃のこと 思い出してね 月の光の中で はじめから 出なおしたいの 口づけから もう一度  私は今も じっと待っている 昔のように やさしいあなた 遠い夜 はにかみながら 私にくれた あなたの愛を 思い出してね どうか二人の為に はじめから 出なおしたいの 口づけから もう一度 口づけから もう一度いしだあゆみ尾中美千絵平尾昌晃悲しい時は じっと目をとじて 心をかくす あなたがつらい 何もかも うちあけあって 二人で泣いた あの頃のこと 思い出してね 月の光の中で はじめから 出なおしたいの 口づけから もう一度  私は今も じっと待っている 昔のように やさしいあなた 遠い夜 はにかみながら 私にくれた あなたの愛を 思い出してね どうか二人の為に はじめから 出なおしたいの 口づけから もう一度 口づけから もう一度
哀愁の部屋二人で暮らし始めた頃は アパートだってにぎやかだった 仲いい人が訪ねて来たり 今とは何かが違ってた 曇りガラスの外は春なのに あなたは二日も帰らない  もう幾度目かおぼえていない 同じレコードくるくる廻る この頃おぼえたタバコが指で やけどしそうに煙ってる 桜の花がもう散り始めて 愛の終りを見るようね  淋しさなんてわずらわしいと 一人気ままに街へ出た まるで出会いのあの日と同じ 屋根にしとしと春の雨 胸にかかえた紙ぶくろには あなたの好きな物ばかりいしだあゆみ橋本淳萩田光雄萩田光雄二人で暮らし始めた頃は アパートだってにぎやかだった 仲いい人が訪ねて来たり 今とは何かが違ってた 曇りガラスの外は春なのに あなたは二日も帰らない  もう幾度目かおぼえていない 同じレコードくるくる廻る この頃おぼえたタバコが指で やけどしそうに煙ってる 桜の花がもう散り始めて 愛の終りを見るようね  淋しさなんてわずらわしいと 一人気ままに街へ出た まるで出会いのあの日と同じ 屋根にしとしと春の雨 胸にかかえた紙ぶくろには あなたの好きな物ばかり
愛の氷河「あなた とても悲しい噂が私の耳に入って 来るのです それは まるで氷のナイフのように 眠ってしまった 私の心を切り裂く のです 人人は 私を信じることの愚かさを 私に教えます 待つということのむなしさを 私に教えます 透明な しかし うすくなった 空気の中で 季節の終った 蝶のように 私は 生きているのです」  しあわせ過ぎた 月のあとの 涙の海に おぼれる私 髪をとかして 爪みがいて 好きなドレスを 鏡にうつす  「あなたに抱かれて海の音をきき 空いっぱいの鴎の群を見た時 死んでもいいとさえ 感じたしあわせが やはり 忘れられないのです」  二度とは人を 愛さないでしょう 一度の愛で ぬけがらのよう 帰らぬ人と知っているのに なぜ さよならいえずにいるの  「突然の別れは こわくないのです 耐えて 行けるのです でもなぜか 段段遠く 段段遠くなって行く感じが つらいのです 多分 私が 女だからでしょう」いしだあゆみ阿久悠井上忠夫高田弘「あなた とても悲しい噂が私の耳に入って 来るのです それは まるで氷のナイフのように 眠ってしまった 私の心を切り裂く のです 人人は 私を信じることの愚かさを 私に教えます 待つということのむなしさを 私に教えます 透明な しかし うすくなった 空気の中で 季節の終った 蝶のように 私は 生きているのです」  しあわせ過ぎた 月のあとの 涙の海に おぼれる私 髪をとかして 爪みがいて 好きなドレスを 鏡にうつす  「あなたに抱かれて海の音をきき 空いっぱいの鴎の群を見た時 死んでもいいとさえ 感じたしあわせが やはり 忘れられないのです」  二度とは人を 愛さないでしょう 一度の愛で ぬけがらのよう 帰らぬ人と知っているのに なぜ さよならいえずにいるの  「突然の別れは こわくないのです 耐えて 行けるのです でもなぜか 段段遠く 段段遠くなって行く感じが つらいのです 多分 私が 女だからでしょう」
赤いギヤマン頬づえ つきながら あなたを待つ 夜更けは 赤いギヤマンの お酒で ひとり 酔いましょうか 心に浮かぶのは 昔の恋人 うたかたの 夢のあとに 今日の私が あるの  あなたは何処で 何をしているのやら 浮気な雨に 濡れてはいないかしら 危いわ 鍵かけて 迎えに 行こうかしら あの人は モテるから 私は 気が気ぢゃないの  煙草の 火を消して 窓あければ 怖いわ 青いランプを ともして 何か 歌いましょうか 小指におくれ毛を 巻いては又ほどいて やるせない ひとりの夜 なぜか 涙が出るわ  あなたは誰に 誘われているのやら 私のことを 忘れていないかしら いたずらな くちづけに 浮かれて いるのかしら あの人は あまいから 私は 心配なのよ  いたずらな くちづけに 浮かれて いるのかしら あの人が 好きだから 私は 心配なのよいしだあゆみ岩谷時子滝沢洋一井上鑑頬づえ つきながら あなたを待つ 夜更けは 赤いギヤマンの お酒で ひとり 酔いましょうか 心に浮かぶのは 昔の恋人 うたかたの 夢のあとに 今日の私が あるの  あなたは何処で 何をしているのやら 浮気な雨に 濡れてはいないかしら 危いわ 鍵かけて 迎えに 行こうかしら あの人は モテるから 私は 気が気ぢゃないの  煙草の 火を消して 窓あければ 怖いわ 青いランプを ともして 何か 歌いましょうか 小指におくれ毛を 巻いては又ほどいて やるせない ひとりの夜 なぜか 涙が出るわ  あなたは誰に 誘われているのやら 私のことを 忘れていないかしら いたずらな くちづけに 浮かれて いるのかしら あの人は あまいから 私は 心配なのよ  いたずらな くちづけに 浮かれて いるのかしら あの人が 好きだから 私は 心配なのよ
あなたならどうするGOLD LYLIC嫌われてしまったの 愛する人に 捨てられてしまったの 紙クズみたいに 私のどこがいけないの それともあの人が変わったの 残されてしまったの 雨降る町に 悲しみの眼の中を あの人が逃げる あなたならどうする あなたならどうする 泣くの歩くの 死んじゃうの あなたなら あなたなら  私のどこがいけないの それとも誰かを愛したの 忘れられてしまったの 愛した人に 何が出来るというの 女がひとりで あなたならどうする あなたならどうする 泣くの歩くの 死んじゃうの あなたなら あなたならGOLD LYLICいしだあゆみなかにし礼筒美京平筒美京平嫌われてしまったの 愛する人に 捨てられてしまったの 紙クズみたいに 私のどこがいけないの それともあの人が変わったの 残されてしまったの 雨降る町に 悲しみの眼の中を あの人が逃げる あなたならどうする あなたならどうする 泣くの歩くの 死んじゃうの あなたなら あなたなら  私のどこがいけないの それとも誰かを愛したの 忘れられてしまったの 愛した人に 何が出来るというの 女がひとりで あなたならどうする あなたならどうする 泣くの歩くの 死んじゃうの あなたなら あなたなら
家路ふたり並んで辿る家路 遠く街の灯りも消えた 私の夢がまもられたのね 心は青空よ この次の角をどちらに曲るの 待ちわびた古い窓 さみしさも終りね 互いの過去 ことばにせず 帰らない月日には目を閉じて  あなたは覚えているかしら 昼下がりの煙草の匂い 海辺の町で別れたあの日 ふたりは若かった いつかはあなたの腕に抱かれると なにげなく信じてた さみしさも終りね ふたり巡る 家路あれば 傷ついた歳月も思い出ね  いつかはあなたの腕に抱かれると なにげなく信じてた さみしさも終りね ふたり巡る 家路あれば 傷ついた歳月も思い出ねいしだあゆみ橋本淳筒美京平ふたり並んで辿る家路 遠く街の灯りも消えた 私の夢がまもられたのね 心は青空よ この次の角をどちらに曲るの 待ちわびた古い窓 さみしさも終りね 互いの過去 ことばにせず 帰らない月日には目を閉じて  あなたは覚えているかしら 昼下がりの煙草の匂い 海辺の町で別れたあの日 ふたりは若かった いつかはあなたの腕に抱かれると なにげなく信じてた さみしさも終りね ふたり巡る 家路あれば 傷ついた歳月も思い出ね  いつかはあなたの腕に抱かれると なにげなく信じてた さみしさも終りね ふたり巡る 家路あれば 傷ついた歳月も思い出ね
ウィンター・コンサート真冬の夜の音楽会で 隣り合わせたあなたと私 冷たいコーラをはこんでくれて 元気かいって笑ってくれた 気まずく別れたあの頃よりも 少しやつれて淋しそう あなたは暗い廊下の隅で タバコに煙っていましたね  カーテンコールは幾度目かしら 別れの曲が聞こえています もしもあなたに誘われたなら きっと私はついて行くでしょう 電車の音で目覚めてしまう あなたの部屋がなつかしい ぶたれた事もあったりしたが あの頃私 幸せだった  電車の音で目覚めてしまう あなたの部屋がなつかしい ひとことついておいでと言って あなたのそばで眠りたいいしだあゆみ橋本淳萩田光雄萩田光雄真冬の夜の音楽会で 隣り合わせたあなたと私 冷たいコーラをはこんでくれて 元気かいって笑ってくれた 気まずく別れたあの頃よりも 少しやつれて淋しそう あなたは暗い廊下の隅で タバコに煙っていましたね  カーテンコールは幾度目かしら 別れの曲が聞こえています もしもあなたに誘われたなら きっと私はついて行くでしょう 電車の音で目覚めてしまう あなたの部屋がなつかしい ぶたれた事もあったりしたが あの頃私 幸せだった  電車の音で目覚めてしまう あなたの部屋がなつかしい ひとことついておいでと言って あなたのそばで眠りたい
美しい別れカナダ行きの 切符とパスポート 背広のポケットに 入れておきました さよならの手紙を そっとかくして 荷作りはすっかり終わりました 旅立つ あなた 別れてゆく あなた あと一時間残っています その一時間を 最後の一時間を どうやって過ごしたら 美しい別れになるのでしょうか  お茶を入れて レコード聞きますか それともトランプで 遊びましょうか 幸せにつつまれた 恋の終わりは 何もせず静かにしてましょうか 旅立つ あなた 別れてゆく あなた わざと一時間残したけれど その一時間を 最後の一時間を どうやって過ごしたら 美しい別れになるのでしょうかいしだあゆみなかにし礼加瀬邦彦カナダ行きの 切符とパスポート 背広のポケットに 入れておきました さよならの手紙を そっとかくして 荷作りはすっかり終わりました 旅立つ あなた 別れてゆく あなた あと一時間残っています その一時間を 最後の一時間を どうやって過ごしたら 美しい別れになるのでしょうか  お茶を入れて レコード聞きますか それともトランプで 遊びましょうか 幸せにつつまれた 恋の終わりは 何もせず静かにしてましょうか 旅立つ あなた 別れてゆく あなた わざと一時間残したけれど その一時間を 最後の一時間を どうやって過ごしたら 美しい別れになるのでしょうか
生まれかわれるものならば生まれかわれる ものならば あなたのために 美しく 死ぬことさえも おそれない 愛が私の 十字路ならば  あなたやさしく 手をとって 私のそばで 添い寝して 父や母や 妹も 今はまぼろし 夢の中  愛のしとねで ただひとり 回転木馬の 夢をみる 名前をすてて 身をすてて そして私は 幸せなのよ  あなたやさしく 手をにぎり 私のそばで 添い寝して 絹をまとい 花を抱き 生まれかわれる ものならば  あなたやさしく 手をにぎり 私のそばで 添い寝して 絹をまとい 花を抱き 生まれかわれる ものならばいしだあゆみ橋本淳筒美京平高田弘生まれかわれる ものならば あなたのために 美しく 死ぬことさえも おそれない 愛が私の 十字路ならば  あなたやさしく 手をとって 私のそばで 添い寝して 父や母や 妹も 今はまぼろし 夢の中  愛のしとねで ただひとり 回転木馬の 夢をみる 名前をすてて 身をすてて そして私は 幸せなのよ  あなたやさしく 手をにぎり 私のそばで 添い寝して 絹をまとい 花を抱き 生まれかわれる ものならば  あなたやさしく 手をにぎり 私のそばで 添い寝して 絹をまとい 花を抱き 生まれかわれる ものならば
絵本の中で雨にしずんだ おしゃれな街角 恋もぬれてる ルルルルル ひとつの傘で 男と女 くちびるを ふれあう 昨日泣いてた 女の長い髪 ワインのように 男をまどわせる だけどきまぐれ 絵本の中の 恋は恋は 甘い甘い夢ね  夜明けの街で 男と女が めぐり逢うの ルルルルル 風はきまぐれ うわきな心 恋が ほしいの 鏡に写した 男の細い指 ピエロのように 女をさそってる だけど気まぐれ 風はきらいよ 甘い甘い 恋の恋の唄はいしだあゆみ橋本淳筒美京平筒美京平雨にしずんだ おしゃれな街角 恋もぬれてる ルルルルル ひとつの傘で 男と女 くちびるを ふれあう 昨日泣いてた 女の長い髪 ワインのように 男をまどわせる だけどきまぐれ 絵本の中の 恋は恋は 甘い甘い夢ね  夜明けの街で 男と女が めぐり逢うの ルルルルル 風はきまぐれ うわきな心 恋が ほしいの 鏡に写した 男の細い指 ピエロのように 女をさそってる だけど気まぐれ 風はきらいよ 甘い甘い 恋の恋の唄は
オアシス塞(ふさ)ぎ込んでないで ほら 白い歯を見せてね あなたの弾む笑顔が 大好きなの  心が乾いているなら 私はオアシスになって あなたを癒(いや)してあげたい それがたったひとつの 私の望み  疲れてる時こそ ねェ お喋(しゃべ)りをしましょう 他愛のない話題でも 気が晴れるわ  振り向いてくれさえすれば 身近にオアシスがあるわ 花咲き 小鳥が囀(さえず)る あなた一人のための 憩いの場所よ  砂漠の真ん中だって いえ 地平線の彼方(かなた)でも 私のこと思い出してね 飛んで行くわ 逢(あ)いに行くわいしだあゆみ阿木燿子宇崎竜童宇崎竜童塞(ふさ)ぎ込んでないで ほら 白い歯を見せてね あなたの弾む笑顔が 大好きなの  心が乾いているなら 私はオアシスになって あなたを癒(いや)してあげたい それがたったひとつの 私の望み  疲れてる時こそ ねェ お喋(しゃべ)りをしましょう 他愛のない話題でも 気が晴れるわ  振り向いてくれさえすれば 身近にオアシスがあるわ 花咲き 小鳥が囀(さえず)る あなた一人のための 憩いの場所よ  砂漠の真ん中だって いえ 地平線の彼方(かなた)でも 私のこと思い出してね 飛んで行くわ 逢(あ)いに行くわ
大阪の女まるで私を 責めるよに 北の新地に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に 誘われて ことのおこりは このお酒 がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸せ 夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛い女は あかへんわ  きっといいこと おきるから 京都あたりへ 行きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪をいしだあゆみ橋本淳中村泰士まるで私を 責めるよに 北の新地に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に 誘われて ことのおこりは このお酒 がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸せ 夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛い女は あかへんわ  きっといいこと おきるから 京都あたりへ 行きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を
おもいでの長崎かくれて貴方 愛するよりも いっそ別れた ほうがいい ほうがいい 女ごころを ひきずりながら 泣いてたたずむ 石だたみ 石だたみ  港が見える 丘に立ち 恋の未練を 責めるけど 旅路のはての 長崎は 旅路のはての 長崎は 女の好きな 夢の街  貴方のために この身を引いて それで我慢が できるなら できるなら 私のこころ 見つめるように 石のマリヤも 涙ぐむ 涙ぐむ  別れを惜しむ 船びとの 熱い接吻(くちづけ) かいま見た 南のはての 長崎は 南のはての 長崎は 女の好きな 恋の街いしだあゆみ橋本淳筒美京平筒美京平かくれて貴方 愛するよりも いっそ別れた ほうがいい ほうがいい 女ごころを ひきずりながら 泣いてたたずむ 石だたみ 石だたみ  港が見える 丘に立ち 恋の未練を 責めるけど 旅路のはての 長崎は 旅路のはての 長崎は 女の好きな 夢の街  貴方のために この身を引いて それで我慢が できるなら できるなら 私のこころ 見つめるように 石のマリヤも 涙ぐむ 涙ぐむ  別れを惜しむ 船びとの 熱い接吻(くちづけ) かいま見た 南のはての 長崎は 南のはての 長崎は 女の好きな 恋の街
昨日のおんなあなたの中から 私を消してしまいましょう 鏡のくもりを 拭き消すように 可愛い小鳥を 静かな朝に放しましょう 悲しい泪を かわかすように 一つのリンゴを 分けあって 小さな毛布に くるまった 昨日という日は 昨日という日は もう来ない 他人同士に なったのは あなたなの 私なの  私の中から あなたを消してしまいましょう ランプのともしび 吹き消すように こわれた人形 雨降る夜に寝かせましょう 一人でひそかに 死にゆくように ソファに残った 指のあと まつげでたどって 涙ぐむ 昨日という日は 昨日という日は もう来ない 誰のせいなの お別れは あなたなの 私なのいしだあゆみなかにし礼井上忠夫森岡賢一郎あなたの中から 私を消してしまいましょう 鏡のくもりを 拭き消すように 可愛い小鳥を 静かな朝に放しましょう 悲しい泪を かわかすように 一つのリンゴを 分けあって 小さな毛布に くるまった 昨日という日は 昨日という日は もう来ない 他人同士に なったのは あなたなの 私なの  私の中から あなたを消してしまいましょう ランプのともしび 吹き消すように こわれた人形 雨降る夜に寝かせましょう 一人でひそかに 死にゆくように ソファに残った 指のあと まつげでたどって 涙ぐむ 昨日という日は 昨日という日は もう来ない 誰のせいなの お別れは あなたなの 私なの
今日からあなたとあなたに あげてよかった 悲しい 想い出は 男の 人だから 忘れて 忘れてくれる  あなたに あげてよかった 心の 秘密を かがやく 目の中で 生きてる 生きてる恋が  今日からは 愛されて おもいきり 甘えて くちづけ したいのしたいの  あなたに あげてよかった わたしの 真心を やさしく 守られて 歩いて 歩いてゆける  今日からは 愛されて おもいきり 甘えて くちづけ したいのしたいの  あなたに あげてよかった わたしの 真心を やさしく 守られて 歩いて 歩いてゆけるいしだあゆみ橋本淳筒美京平筒美京平あなたに あげてよかった 悲しい 想い出は 男の 人だから 忘れて 忘れてくれる  あなたに あげてよかった 心の 秘密を かがやく 目の中で 生きてる 生きてる恋が  今日からは 愛されて おもいきり 甘えて くちづけ したいのしたいの  あなたに あげてよかった わたしの 真心を やさしく 守られて 歩いて 歩いてゆける  今日からは 愛されて おもいきり 甘えて くちづけ したいのしたいの  あなたに あげてよかった わたしの 真心を やさしく 守られて 歩いて 歩いてゆける
喧嘩のあとでくちづけをあなたにしてみれば ささいなことでも 私にしてみれば きがかりなの 私は弱い弱いおんなと 知ったから あなたのそばでなけりゃ 生きてはゆけないの 嘘でもいいから こっちを向いて 喧嘩のあとで くちづけを  あなたにしてみれば ささいなことでも 私にしてみれば きがかりなの 鏡の上にそっと あなたの悪口を ルージュで書いたあとは 涙を見せないわ 嘘でもいいから こっちを向いて 喧嘩のあとで くちづけをいしだあゆみなかにし礼中村泰士森岡賢一郎あなたにしてみれば ささいなことでも 私にしてみれば きがかりなの 私は弱い弱いおんなと 知ったから あなたのそばでなけりゃ 生きてはゆけないの 嘘でもいいから こっちを向いて 喧嘩のあとで くちづけを  あなたにしてみれば ささいなことでも 私にしてみれば きがかりなの 鏡の上にそっと あなたの悪口を ルージュで書いたあとは 涙を見せないわ 嘘でもいいから こっちを向いて 喧嘩のあとで くちづけを
恋は初恋恋は一日みたいなもの 朝もあれば真昼もある 激しく燃えた太陽さえ 夜が来れば沈んでゆく めぐり逢って 愛しあって かならず 別れは来るの だから終った恋のことは 忘れるのが本当なの そして私はあなたに今 ふるえながら 抱かれている けがれしらぬ白い花は 涙をながすの 愛しているのよ 心の底から 私の恋は いつでも 初恋だから  もしも二人が正直なら 嘘の恋は出来ないはず だけどやっぱり悲しすぎて 涙ながし 別れるでしょう これが最後 二度と恋は しないと言うでしょう 愛しているのよ 心の底から 私の恋は いつでも 初恋だから 愛しているのよ 心の底から 私の恋は いつでも 初恋だからいしだあゆみなかにし礼加瀬邦彦森岡賢一郎恋は一日みたいなもの 朝もあれば真昼もある 激しく燃えた太陽さえ 夜が来れば沈んでゆく めぐり逢って 愛しあって かならず 別れは来るの だから終った恋のことは 忘れるのが本当なの そして私はあなたに今 ふるえながら 抱かれている けがれしらぬ白い花は 涙をながすの 愛しているのよ 心の底から 私の恋は いつでも 初恋だから  もしも二人が正直なら 嘘の恋は出来ないはず だけどやっぱり悲しすぎて 涙ながし 別れるでしょう これが最後 二度と恋は しないと言うでしょう 愛しているのよ 心の底から 私の恋は いつでも 初恋だから 愛しているのよ 心の底から 私の恋は いつでも 初恋だから
今夜は星空恋は愚かな 傷口と 誰が決めたの 名づけたの 今夜は星空 あなたと二人 ひとつ残らず 星くずを ドレスにぬいつけ 踊りましょうか ヘッドライトや 港のあかり きらめくものは 何もかも ワイングラスに投げ込んで あなたと二人 Mu…踊りましょうか 頬と頬寄せ Mu…踊りましょうか  おあいにくさま 今夜だけ 何があっても 帰さない 今夜は星空 やさしい香り そっと指先 押しあてて めかくししたまゝ 踊りましょうか 深い闇には ローソクひとつ 淋しい恋を 浮き出せば 金のブレスをからませて あなたと二人 Mu…踊りましょうか 涙のなかで Mu…踊りましょうか  ヘッドライトや 港のあかり きらめくものは 何もかも ワイングラスに投げ込んで あなたと二人 Mu…踊りましょうか 頬と頬寄せ Mu…踊りましょうかいしだあゆみ喜多條忠吉田拓郎恋は愚かな 傷口と 誰が決めたの 名づけたの 今夜は星空 あなたと二人 ひとつ残らず 星くずを ドレスにぬいつけ 踊りましょうか ヘッドライトや 港のあかり きらめくものは 何もかも ワイングラスに投げ込んで あなたと二人 Mu…踊りましょうか 頬と頬寄せ Mu…踊りましょうか  おあいにくさま 今夜だけ 何があっても 帰さない 今夜は星空 やさしい香り そっと指先 押しあてて めかくししたまゝ 踊りましょうか 深い闇には ローソクひとつ 淋しい恋を 浮き出せば 金のブレスをからませて あなたと二人 Mu…踊りましょうか 涙のなかで Mu…踊りましょうか  ヘッドライトや 港のあかり きらめくものは 何もかも ワイングラスに投げ込んで あなたと二人 Mu…踊りましょうか 頬と頬寄せ Mu…踊りましょうか
さすらいの天使緑の草原へ あしたこそ 出かけましょう あなたの傷ついた 心の窓は しめないで 何かが起こる 悲しみのあとで 幸福へとつづく 何かが  あてない旅に出て 素晴しい 友を知った あなたをなぐさめる 魔法の言葉 秘めたひと さすらい人に 涙はいらない 今がすべて 愛がすべてよ  涙をすてたら この手をとって 男らしく 抱きしめてほしい 抱きしめて 抱きしめていしだあゆみ橋本淳筒美京平筒美京平緑の草原へ あしたこそ 出かけましょう あなたの傷ついた 心の窓は しめないで 何かが起こる 悲しみのあとで 幸福へとつづく 何かが  あてない旅に出て 素晴しい 友を知った あなたをなぐさめる 魔法の言葉 秘めたひと さすらい人に 涙はいらない 今がすべて 愛がすべてよ  涙をすてたら この手をとって 男らしく 抱きしめてほしい 抱きしめて 抱きしめて
砂漠のような東京でキザな女と 呼ばれても 愛した人の ためならば 母にもらった この指で 命かけても おしくない 砂漠のような 東京で 貴方一人の しもべとなって 夜もねないで 女の真心 私は 私は つくすのよ  決して私は 言葉では 愛を知ろうと 思わない 生まれながらの 純情と この手であなたを 受けとめる 砂漠のような 東京で 貴方一人の しもべとなって 花になるのよ 枯れはてるまで 私は 私は 決めたのよいしだあゆみ橋本淳中村泰士森岡賢一郎キザな女と 呼ばれても 愛した人の ためならば 母にもらった この指で 命かけても おしくない 砂漠のような 東京で 貴方一人の しもべとなって 夜もねないで 女の真心 私は 私は つくすのよ  決して私は 言葉では 愛を知ろうと 思わない 生まれながらの 純情と この手であなたを 受けとめる 砂漠のような 東京で 貴方一人の しもべとなって 花になるのよ 枯れはてるまで 私は 私は 決めたのよ
幸せだったわありがとう女一人残して あなた旅に出るけど 私うらまないのよ 幸せだったわ ありがとう ほんの三月ばかりの 恋は季節みたいに みじかかったけれども 幸せだったわ ありがとう 涙をみせないで さよならを いってるくらい あなたは 私には とってもやさしい人だった 私ウブじゃないけど こんな恋は初めて 夢をみてるみたいに 幸せだったわ ありがとう  あなたきっと 誰かを連れて旅に出るのね かくさなくていいのよ 幸せだったわ ありがとう 私にかまわずに その人をかわいがって 私の時よりも たくさん愛してあげなさい 泣いてなんかいないわ 昨日までの私を 思い出しただけなの 幸せだったわ ありがとういしだあゆみなかにし礼加瀬邦彦高田弘女一人残して あなた旅に出るけど 私うらまないのよ 幸せだったわ ありがとう ほんの三月ばかりの 恋は季節みたいに みじかかったけれども 幸せだったわ ありがとう 涙をみせないで さよならを いってるくらい あなたは 私には とってもやさしい人だった 私ウブじゃないけど こんな恋は初めて 夢をみてるみたいに 幸せだったわ ありがとう  あなたきっと 誰かを連れて旅に出るのね かくさなくていいのよ 幸せだったわ ありがとう 私にかまわずに その人をかわいがって 私の時よりも たくさん愛してあげなさい 泣いてなんかいないわ 昨日までの私を 思い出しただけなの 幸せだったわ ありがとう
シェルブールの雨傘愛されることより 愛するほうが 女は幸せなのと 私は今頃やっと知りました  白い雨が 降りつづき 白い傘が 破れても 思い出住む 街角で あの人を 待つのよ  誓いあった まなざしを 耳にふれた くちびるを わたしの手に つかむまで あの人を 待つのよ  どんなに月日が流れ どんなに遠くはなれても 心に決めたあの人は 私のもの  時計台の 鐘の音が 歌うことに つかれても 涙しみた 道ばたで あの人を 待つのよ  白い雨が 降りつづき 白い傘が 破れても 思い出住む 街角で あの人を 待つのよいしだあゆみ訳詞:なかにし礼M.ルグラン愛されることより 愛するほうが 女は幸せなのと 私は今頃やっと知りました  白い雨が 降りつづき 白い傘が 破れても 思い出住む 街角で あの人を 待つのよ  誓いあった まなざしを 耳にふれた くちびるを わたしの手に つかむまで あの人を 待つのよ  どんなに月日が流れ どんなに遠くはなれても 心に決めたあの人は 私のもの  時計台の 鐘の音が 歌うことに つかれても 涙しみた 道ばたで あの人を 待つのよ  白い雨が 降りつづき 白い傘が 破れても 思い出住む 街角で あの人を 待つのよ
白い恋人たちすぎてゆくのね 愛の生命も 白くかがやく雪が やがてとけるように はかなく消えた 昨日の夢の あとに残るは ただつめたい涙ばかり  あなたのいない うつろな夜は 死んだみたいな心 一人ぽっちの むなしい朝は 生きることがつらい  すぎてゆくのね 恋の月日も 炎は燃えて 白い灰になってしまう  あなたのいない うつろな夜は 死んだみたいな心 一人ぽっちの むなしい朝は 生きることがつらい  けれど二人は 生命のかぎり 忘れはしない 愛し合ったあのしあわせいしだあゆみP.Barouh・訳詩:永田文夫F.Laiすぎてゆくのね 愛の生命も 白くかがやく雪が やがてとけるように はかなく消えた 昨日の夢の あとに残るは ただつめたい涙ばかり  あなたのいない うつろな夜は 死んだみたいな心 一人ぽっちの むなしい朝は 生きることがつらい  すぎてゆくのね 恋の月日も 炎は燃えて 白い灰になってしまう  あなたのいない うつろな夜は 死んだみたいな心 一人ぽっちの むなしい朝は 生きることがつらい  けれど二人は 生命のかぎり 忘れはしない 愛し合ったあのしあわせ
そしてベルが鳴るあなたにだけは たよれる私 兄貴のように やさしい人ね 二人でいれば寒い夜さえ 泣かずにすむわ 昨日の事が嘘のようね 友だちにさえ この事は話さずに 秘密のままで あなたに愛されたい ねえ いいでしょう  灯を消して レコードかけて あなたの指に 甘えていたの その時ベルが激しく鳴って 私の夢をたちきるように ママが来たの 驚くあなた つかないと嘆くのは もちろん私 あなたにウインクして ねえ ごめんね  ルル……いしだあゆみ橋本淳萩田光雄萩田光雄あなたにだけは たよれる私 兄貴のように やさしい人ね 二人でいれば寒い夜さえ 泣かずにすむわ 昨日の事が嘘のようね 友だちにさえ この事は話さずに 秘密のままで あなたに愛されたい ねえ いいでしょう  灯を消して レコードかけて あなたの指に 甘えていたの その時ベルが激しく鳴って 私の夢をたちきるように ママが来たの 驚くあなた つかないと嘆くのは もちろん私 あなたにウインクして ねえ ごめんね  ルル……
太陽は泣いている夏が来るたび 想い出す 小麦色した 20才(はたち)のあなた  忘れたくない 恋だから あの日のことが せつないの くちづけのあとで 太陽は泣いている 知らない人に さそわれて あなたの海へ 帰ってきたの  ふたりならんだ 砂浜に 指でなぞった あなたのハート  忘れたくない 恋だから あの日のことが せつないの くちづけのあとで 太陽は泣いている 知らない人にさそわれて あなたの海へ帰ってきたの  太陽は 太陽は泣いているいしだあゆみ橋本淳筒美京平筒美京平夏が来るたび 想い出す 小麦色した 20才(はたち)のあなた  忘れたくない 恋だから あの日のことが せつないの くちづけのあとで 太陽は泣いている 知らない人に さそわれて あなたの海へ 帰ってきたの  ふたりならんだ 砂浜に 指でなぞった あなたのハート  忘れたくない 恋だから あの日のことが せつないの くちづけのあとで 太陽は泣いている 知らない人にさそわれて あなたの海へ帰ってきたの  太陽は 太陽は泣いている
黄昏どきビル街の テラスでひとり お茶を飲む 午後のひととき 胸をよぎるあなたの匂いが やけに私をつらくさせる 理由もなく抱かれたけれど もう恋は出来ない私 心も体も人形みたい 男の玩具にされてしまう  旅に出て きれいにしたい あなたとの 愛のすべてを ほほをつたわる涙のしずく 道にさびしくこぼれて行く やるせない黄昏いろの ビル街に灯がともり 恋人たちが家路を急ぐわ 私も寝ぐらに帰らなければいしだあゆみ橋本淳萩田光雄萩田光雄ビル街の テラスでひとり お茶を飲む 午後のひととき 胸をよぎるあなたの匂いが やけに私をつらくさせる 理由もなく抱かれたけれど もう恋は出来ない私 心も体も人形みたい 男の玩具にされてしまう  旅に出て きれいにしたい あなたとの 愛のすべてを ほほをつたわる涙のしずく 道にさびしくこぼれて行く やるせない黄昏いろの ビル街に灯がともり 恋人たちが家路を急ぐわ 私も寝ぐらに帰らなければ
ダンシング青山あたりで 暮らすには 私は今どき おかたいの 紫色した タバコの煙 今夜も淋しく 飛ばしてるわ ダンシングBaby 踊りなさいよ 春風 そよそよ浮れてる グラスの底に コーラが少し きらめく街が映ってる  青山あたりで 遊ぶには 私の心は カントリー・ガール 話し相手さえ いないから 椅子に身を寄せて 沈んでるわ ダンシングBaby 踊りなさいよ 春風 そよそよ浮れてる アイビー越しに 恋人達が きらめく街を見つめてる  ダンシングBaby 踊りなさいよ 春風 そよそよ浮れてる グラスの底に コーラが少し きらめく街が映ってるいしだあゆみ橋本淳細野晴臣萩田光雄・細野晴臣青山あたりで 暮らすには 私は今どき おかたいの 紫色した タバコの煙 今夜も淋しく 飛ばしてるわ ダンシングBaby 踊りなさいよ 春風 そよそよ浮れてる グラスの底に コーラが少し きらめく街が映ってる  青山あたりで 遊ぶには 私の心は カントリー・ガール 話し相手さえ いないから 椅子に身を寄せて 沈んでるわ ダンシングBaby 踊りなさいよ 春風 そよそよ浮れてる アイビー越しに 恋人達が きらめく街を見つめてる  ダンシングBaby 踊りなさいよ 春風 そよそよ浮れてる グラスの底に コーラが少し きらめく街が映ってる
ちょっと淋しい春ですね女がひとりエレベーターで 男の部屋へかけこむなんて もしも誰れかに見られたら あばずれみたいに思うでしょうね いいわけなんて捜すより 抱かれてしまえばよかったわ 腕から腕へ 男から男へ めぐりあわせでこうなったのよ だけど私はあれこれと 噂ばかりたてられて ちょっと淋しい春ですね ちょっと淋しい春ですね  バスルームからあなたの声 ここへおいでと私を呼ぶわ 軽くみられているなんて 知らなかったわくやしい男ね 小鳥のようなくちづけも 今となっては嘘のようね 恋から恋へ 男から男へ 隣り町からここまで来たの だけど私はあれこれと 噂ばかりたてられて ちょっと淋しい春ですね ちょっと淋しい春ですねいしだあゆみ橋本淳筒美京平森岡賢一郎女がひとりエレベーターで 男の部屋へかけこむなんて もしも誰れかに見られたら あばずれみたいに思うでしょうね いいわけなんて捜すより 抱かれてしまえばよかったわ 腕から腕へ 男から男へ めぐりあわせでこうなったのよ だけど私はあれこれと 噂ばかりたてられて ちょっと淋しい春ですね ちょっと淋しい春ですね  バスルームからあなたの声 ここへおいでと私を呼ぶわ 軽くみられているなんて 知らなかったわくやしい男ね 小鳥のようなくちづけも 今となっては嘘のようね 恋から恋へ 男から男へ 隣り町からここまで来たの だけど私はあれこれと 噂ばかりたてられて ちょっと淋しい春ですね ちょっと淋しい春ですね
時には一人で男なんて女なんて 顔に出さないうそつきばかり  ゆれる ろうそくに 影をうかせて 踊ってみようか キャンドル・ナイト 貴方と出逢った 乃木坂あたり 踊りあかそう 赤坂ナイト 恋なんて愛なんて なづけたところでどうなるの おいかけて捨てられて 涙をこらえてどうなるの  時には誰とも 話さなくても 踊ってみようか キャンドル・ナイト 小雨にぬれてる 表参道 踊りあかそう 原宿ナイト 恋なんて愛なんて 咲いて枯れてゆくバラの花 男なんて女なんて 顔には出さないうそばかり  車の明りの 流れの中で 踊ってみようか 元町通り どこか淋しげな 小ネコをだいて 踊りあかそう 横浜ナイト 恋なんて愛なんて なづけたところでどうなるの おいかけて捨てられて 涙をこらえてどうなるの 恋なんて愛なんて なづけられないむなしさばかり 男なんて女なんて 顔に出さないうそつきばかりいしだあゆみ喜多條忠筒美京平森岡賢一郎男なんて女なんて 顔に出さないうそつきばかり  ゆれる ろうそくに 影をうかせて 踊ってみようか キャンドル・ナイト 貴方と出逢った 乃木坂あたり 踊りあかそう 赤坂ナイト 恋なんて愛なんて なづけたところでどうなるの おいかけて捨てられて 涙をこらえてどうなるの  時には誰とも 話さなくても 踊ってみようか キャンドル・ナイト 小雨にぬれてる 表参道 踊りあかそう 原宿ナイト 恋なんて愛なんて 咲いて枯れてゆくバラの花 男なんて女なんて 顔には出さないうそばかり  車の明りの 流れの中で 踊ってみようか 元町通り どこか淋しげな 小ネコをだいて 踊りあかそう 横浜ナイト 恋なんて愛なんて なづけたところでどうなるの おいかけて捨てられて 涙をこらえてどうなるの 恋なんて愛なんて なづけられないむなしさばかり 男なんて女なんて 顔に出さないうそつきばかり
とまどいわたしあなたを うらみます……  もう二度と ああ泣くまいと 恋する気持を すてたのに あなたにはああまよいそう いきなりからめたその指に 心の乱れをのぞかれそうで まつげのふるえが気にかかる こんなに悪くいじめる夜は わたしあなたをうらみます  街の灯も ああ消えたのに あなたがともした 恋あかり くちびるをああうばわれて さよなら途中で止められる 心の乱れをのぞかれそうで うなじのほてりが気にかかる こんなに熱くこまらす夜は わたしあなたをうらみます  これ以上 ああ甘えたら わたしはわたしに もどれない どうすれば逃げられる あなたに抱かれたその腕を 心の乱れをのぞかれそうで こぼした涙が気にかかる こんなにつらく泣かせる夜は わたしあなたをうらみますいしだあゆみ石原信一あかのたちおわたしあなたを うらみます……  もう二度と ああ泣くまいと 恋する気持を すてたのに あなたにはああまよいそう いきなりからめたその指に 心の乱れをのぞかれそうで まつげのふるえが気にかかる こんなに悪くいじめる夜は わたしあなたをうらみます  街の灯も ああ消えたのに あなたがともした 恋あかり くちびるをああうばわれて さよなら途中で止められる 心の乱れをのぞかれそうで うなじのほてりが気にかかる こんなに熱くこまらす夜は わたしあなたをうらみます  これ以上 ああ甘えたら わたしはわたしに もどれない どうすれば逃げられる あなたに抱かれたその腕を 心の乱れをのぞかれそうで こぼした涙が気にかかる こんなにつらく泣かせる夜は わたしあなたをうらみます
止めないで止めないで止めないで あゝ私のゆく道 細い道 止めないで止めないで あなた一人に決めた道 女の方から好きなんて 云ってはいけないことだけど この躰この心 あなたを求めているの どうにでもしてちょうだい あなたの気のすむように  止めないで止めないで あゝなんだかくちびるかわくから 止めないで止めないで とても背中が寒いから こんなに勇気を見せたのに どうしてあなたは逃げてゆく この躰この心 あなたはほしくはないの どうにでもしてちょうだい あなたの気のすむようにいしだあゆみなかにし礼井上忠夫止めないで止めないで あゝ私のゆく道 細い道 止めないで止めないで あなた一人に決めた道 女の方から好きなんて 云ってはいけないことだけど この躰この心 あなたを求めているの どうにでもしてちょうだい あなたの気のすむように  止めないで止めないで あゝなんだかくちびるかわくから 止めないで止めないで とても背中が寒いから こんなに勇気を見せたのに どうしてあなたは逃げてゆく この躰この心 あなたはほしくはないの どうにでもしてちょうだい あなたの気のすむように
渚にて傷ついて死にそうな 鴎が一羽 ひきしおにさらわれて 消えてゆく ぼんやりそれを見る 私のこころ なぜかしら似ていると ふと想う 女から男へと まことが通い 男から女へと 男から女へと あそびが返る いつの日も そうだった くりかえし そうだった  誰かしら愛してる かたちがほしい さびしくて消えそうで つらくなる 知らぬまにひきしおに 流されそうで ゆらゆらとゆれている このからだ 女から男へと まことが通い 男から女へと 男から女へと あそびが返る あのひとも そうだった 最後には そうだったいしだあゆみ阿久悠中村泰士傷ついて死にそうな 鴎が一羽 ひきしおにさらわれて 消えてゆく ぼんやりそれを見る 私のこころ なぜかしら似ていると ふと想う 女から男へと まことが通い 男から女へと 男から女へと あそびが返る いつの日も そうだった くりかえし そうだった  誰かしら愛してる かたちがほしい さびしくて消えそうで つらくなる 知らぬまにひきしおに 流されそうで ゆらゆらとゆれている このからだ 女から男へと まことが通い 男から女へと 男から女へと あそびが返る あのひとも そうだった 最後には そうだった
何があなたをそうさせたあなたと私の 心は一つ 解けない 紐だと信じてた 恋なのに 無理にほどいて 捨てて行くのね 何があなたを そうさせた こんな私の どこが悪いの おしえてほしい  答を出すのは 朝まで待って 夜明けになったら さよならが言えるから さめたコーヒー みつめたままで 心がわりを 待っている 他人行儀の 言葉ならべて 私を見ないで  あなたと暮らした 二人の部屋へ 今夜の私は 帰るのが恐いのよ 生きて悩みが つのるだけなら いっそこのまま 死にたいわ ドアを開けても 明りをつけても 私はひとりいしだあゆみなかにし礼筒美京平筒美京平あなたと私の 心は一つ 解けない 紐だと信じてた 恋なのに 無理にほどいて 捨てて行くのね 何があなたを そうさせた こんな私の どこが悪いの おしえてほしい  答を出すのは 朝まで待って 夜明けになったら さよならが言えるから さめたコーヒー みつめたままで 心がわりを 待っている 他人行儀の 言葉ならべて 私を見ないで  あなたと暮らした 二人の部屋へ 今夜の私は 帰るのが恐いのよ 生きて悩みが つのるだけなら いっそこのまま 死にたいわ ドアを開けても 明りをつけても 私はひとり
涙の中を歩いてるわたしの家(うち)に 遊びに来てね 窓から姿 あなたの姿 見ていたの  ブルーのシャツが とてもきれいよ 鏡にうつした あなたの髪に ふれたいの  午後のテラスで わたしは彼の 彼の小指につかまって あー つかまって あー 夢の世界さがすの  わたしの窓に 二人の影が 幸せだから 涙の中を 歩きたい  あなたのひざで 瞳をとじて かわらぬ愛を 感じるときに 微(ほほ)笑むの  午後のテラスで わたしは彼の 彼の小指につかまって あー つかまって あー 夢の世界さがすのいしだあゆみ橋本淳筒美京平筒美京平わたしの家(うち)に 遊びに来てね 窓から姿 あなたの姿 見ていたの  ブルーのシャツが とてもきれいよ 鏡にうつした あなたの髪に ふれたいの  午後のテラスで わたしは彼の 彼の小指につかまって あー つかまって あー 夢の世界さがすの  わたしの窓に 二人の影が 幸せだから 涙の中を 歩きたい  あなたのひざで 瞳をとじて かわらぬ愛を 感じるときに 微(ほほ)笑むの  午後のテラスで わたしは彼の 彼の小指につかまって あー つかまって あー 夢の世界さがすの
波になって今夜 晴海あたりへつれてって 凍る指 絡み合わせてポケットに入れ  どうぞ 笑わせようと無理せずに 何ひとつ教えてくれぬ あなたでいいの  あー 波になって 淋しい胸 満たしたいわ あー 月になって 暗い頬を なぞりたいわ  さびたテレスコープにコイン入れ 3分間 光る東京 二人じめなの  あー 波になって 渇いた夢 浸したいわ あー 風になって 沈む想い とばしたいわ  見つめ合えば短いくちづけを 何ひとつ答えてくれぬ あなたでいいの もしかして明日は冷い あなたでいいのいしだあゆみ呉田軽穂戸塚省三井上鑑今夜 晴海あたりへつれてって 凍る指 絡み合わせてポケットに入れ  どうぞ 笑わせようと無理せずに 何ひとつ教えてくれぬ あなたでいいの  あー 波になって 淋しい胸 満たしたいわ あー 月になって 暗い頬を なぞりたいわ  さびたテレスコープにコイン入れ 3分間 光る東京 二人じめなの  あー 波になって 渇いた夢 浸したいわ あー 風になって 沈む想い とばしたいわ  見つめ合えば短いくちづけを 何ひとつ答えてくれぬ あなたでいいの もしかして明日は冷い あなたでいいの
羽衣天女微笑みの裏側で 溜息つく 羽衣天女 透けている薄絹の 心のひだには何が見える  人として生まれてきて 最後まで 女なんて なんだかつまらない気がする午後には 誰れかに意地悪を言いそうで  あなたでも 失礼は許さないの 羽衣天女 涅槃絵に描かれた 清らかな姿 どこかが嘘  恋をする そのたんびに 気がつけば いつのまにか 涙もろくなって 優しくなってる それが無性に今 悔しいの  大空を飛ぶのなら かもめよりも 羽衣天女 限りなく自由だわ 三千世界から 舞い降りるの  微笑みの裏側で 溜息つく 羽衣天女 透けている薄絹の 心のひだには何が見えるいしだあゆみ阿木燿子中崎英也井上鑑微笑みの裏側で 溜息つく 羽衣天女 透けている薄絹の 心のひだには何が見える  人として生まれてきて 最後まで 女なんて なんだかつまらない気がする午後には 誰れかに意地悪を言いそうで  あなたでも 失礼は許さないの 羽衣天女 涅槃絵に描かれた 清らかな姿 どこかが嘘  恋をする そのたんびに 気がつけば いつのまにか 涙もろくなって 優しくなってる それが無性に今 悔しいの  大空を飛ぶのなら かもめよりも 羽衣天女 限りなく自由だわ 三千世界から 舞い降りるの  微笑みの裏側で 溜息つく 羽衣天女 透けている薄絹の 心のひだには何が見える
バイ・バイ・ジェットバイバイJet バイバイJet  ハネムーナーが幸せそうに 別れを惜む出発ロビー 私は一人時計を見つめ あなたの姿捜してた あー 羽田発午後6時 国際線で飛ぶと言う あなたの腕の花嫁が ひと目私は見たかった  バイバイJet バイバイJet  まるで映画のフィルムのように 銀の翼が消えて行く ひもが解けてこぼれたバラを 見知らぬ人がふみつけた あー 羽田発午後6時 冬の淋しい滑走路 もう幾度目の恋かしら 忘れられないひとコマね  あー 羽田発午後6時 国際線で飛ぶと言う あなたの腕の花嫁が ひと目私は見たかった  バイバイJet バイバイJetいしだあゆみ橋本淳細野晴臣萩田光雄・細野晴臣バイバイJet バイバイJet  ハネムーナーが幸せそうに 別れを惜む出発ロビー 私は一人時計を見つめ あなたの姿捜してた あー 羽田発午後6時 国際線で飛ぶと言う あなたの腕の花嫁が ひと目私は見たかった  バイバイJet バイバイJet  まるで映画のフィルムのように 銀の翼が消えて行く ひもが解けてこぼれたバラを 見知らぬ人がふみつけた あー 羽田発午後6時 冬の淋しい滑走路 もう幾度目の恋かしら 忘れられないひとコマね  あー 羽田発午後6時 国際線で飛ぶと言う あなたの腕の花嫁が ひと目私は見たかった  バイバイJet バイバイJet
バレンタイン・デー可愛い娘から 贈り物もない 淋しい男なら 私の所へ どうぞ遊びにおいで 今夜だけ抱いてあげるわ  バレンタイン・デーの 今日は夜なのよ 淋しがり屋が 私は好き とても好きよ 遠慮しないで ここにおいでよ 淋しがり屋が 私は好きよ ここに……  二人で幸せな 夢が捜せたら 明日の事なんか 忘れてもいいわ どうぞ灯を消して まぶしくてめまいがするわ  バレンタイン・デーの 今日は夜なのよ 淋しがり屋が 私は好き とても好きよ 遠慮しないで ここにおいでよ 淋しがり屋が 私は好きよ ここに……いしだあゆみ橋本淳萩田光雄萩田光雄可愛い娘から 贈り物もない 淋しい男なら 私の所へ どうぞ遊びにおいで 今夜だけ抱いてあげるわ  バレンタイン・デーの 今日は夜なのよ 淋しがり屋が 私は好き とても好きよ 遠慮しないで ここにおいでよ 淋しがり屋が 私は好きよ ここに……  二人で幸せな 夢が捜せたら 明日の事なんか 忘れてもいいわ どうぞ灯を消して まぶしくてめまいがするわ  バレンタイン・デーの 今日は夜なのよ 淋しがり屋が 私は好き とても好きよ 遠慮しないで ここにおいでよ 淋しがり屋が 私は好きよ ここに……
ひとり旅汽車の窓には夜明けの海や 屋根になごりの雪の色 悲しい声が聞えてきます かもめ淋しい港町 寒い所へ旅すると 心がもろくなるばかり 人の情にすがってしまう やけにあなたが恋しくて 抱かれてみたい私です  青いインクの手紙の文字が 綴る言葉とうらはらに ゆがんでいます曲っています 鉛色した昼下がり 遠い所へ旅すると 淋しさばかりつきまとい わずらわしいと嘆いています どうせ女のひとり旅 たいしたことも出来ません  寒い所へ旅すると 隣の人のぬくもりが 心にしみてくるものですね 汽車の窓には日本海 あなたが遠くなるばかりいしだあゆみ橋本淳細野晴臣萩田光雄・細野晴臣汽車の窓には夜明けの海や 屋根になごりの雪の色 悲しい声が聞えてきます かもめ淋しい港町 寒い所へ旅すると 心がもろくなるばかり 人の情にすがってしまう やけにあなたが恋しくて 抱かれてみたい私です  青いインクの手紙の文字が 綴る言葉とうらはらに ゆがんでいます曲っています 鉛色した昼下がり 遠い所へ旅すると 淋しさばかりつきまとい わずらわしいと嘆いています どうせ女のひとり旅 たいしたことも出来ません  寒い所へ旅すると 隣の人のぬくもりが 心にしみてくるものですね 汽車の窓には日本海 あなたが遠くなるばかり
ふたりだけの城たとえ幸せが あなたのいない 私のお部屋で 眠っていても 好きな人の やさしい言葉 それだけで それだけで私の心は ゆれてしまうの 雲の 雲のように  たとえくちづけが ふたりの為に つらいさよならを 思い出しても 好きな人の やさしい胸で もう一度 もう一度愛のしずくを 感じる時に 何も 何もいらないいしだあゆみ橋本淳筒美京平たとえ幸せが あなたのいない 私のお部屋で 眠っていても 好きな人の やさしい言葉 それだけで それだけで私の心は ゆれてしまうの 雲の 雲のように  たとえくちづけが ふたりの為に つらいさよならを 思い出しても 好きな人の やさしい胸で もう一度 もう一度愛のしずくを 感じる時に 何も 何もいらない
ブルー・ライト・ヨコハマPLATINA LYLIC街の灯りが とてもきれいね ヨコハマ ブルー・ライト・ヨコハマ あなたと二人 幸せよ  いつものように 愛のことばを ヨコハマ ブルー・ライト・ヨコハマ 私にください あなたから  歩いても 歩いても 小舟のように わたしはゆれて ゆれて あなたの腕の中  足音だけが ついて来るのよ ヨコハマ ブルー・ライト・ヨコハマ やさしいくちづけ もういちど  歩いても 歩いても 小舟のように わたしはゆれて ゆれて あなたの腕の中  あなたの好きな タバコの香り ヨコハマ ブルー・ライト・ヨコハマ 二人の世界 いつまでもPLATINA LYLICいしだあゆみ橋本淳筒美京平筒美京平街の灯りが とてもきれいね ヨコハマ ブルー・ライト・ヨコハマ あなたと二人 幸せよ  いつものように 愛のことばを ヨコハマ ブルー・ライト・ヨコハマ 私にください あなたから  歩いても 歩いても 小舟のように わたしはゆれて ゆれて あなたの腕の中  足音だけが ついて来るのよ ヨコハマ ブルー・ライト・ヨコハマ やさしいくちづけ もういちど  歩いても 歩いても 小舟のように わたしはゆれて ゆれて あなたの腕の中  あなたの好きな タバコの香り ヨコハマ ブルー・ライト・ヨコハマ 二人の世界 いつまでも
ブーベの恋人女の いのちは 野原に人知れずに 咲く花よ 女の愛の いのちは 嵐さえふみ越えて 咲く花よ  女の 運命は 荒野をあてどもなく とぶ小鳥 女の愛の 運命は 苦しみをのり越えて とぶ小鳥  (ああ男の ああ愛だけ ああ求める ブーベの恋人)  女の いのちは 野原に人知れずに 咲く花よ 女の愛の いのちは 嵐さえふみ越えて 咲く花よ  女の 運命は 荒野をあてどもなく とぶ小鳥 女の愛の 運命は 苦しみをのり越えて とぶ小鳥いしだあゆみCarlo Rustichelli・漣健児Carlo Rustichelli女の いのちは 野原に人知れずに 咲く花よ 女の愛の いのちは 嵐さえふみ越えて 咲く花よ  女の 運命は 荒野をあてどもなく とぶ小鳥 女の愛の 運命は 苦しみをのり越えて とぶ小鳥  (ああ男の ああ愛だけ ああ求める ブーベの恋人)  女の いのちは 野原に人知れずに 咲く花よ 女の愛の いのちは 嵐さえふみ越えて 咲く花よ  女の 運命は 荒野をあてどもなく とぶ小鳥 女の愛の 運命は 苦しみをのり越えて とぶ小鳥
MILD NIGHT柄にもなく ちょいとやさしい気分になって マイルドな夜じゃない  青いシャツの 腕をまくって 不良だったよと 男が笑う わたしだってと いいかけては 飲みかけのグラスを 少しずらす 街の夜更けは 男と女のステージね 柄にもなく ちょいとやさしい気分になって マイルドな夜じゃない  時間つぶしの つもりだったわ 見知らぬあなたに 出会ったときは 作りばなしと 知っていながら 見え透く嘘にさえ 魅(ひ)かれてゆく 古い映画の 男と女がするように 柄にもなく ちょいとやさしい気分になって マイルドな夜じゃない  胸を合わせて 踊るなんて 何年ぶりかの 出来事なのよ 振り返っても 見えないのに まぶた閉じていれば うかんでくる まるで今夜は 昔の夢を見るようね 柄にもなく ちょいとやさしい気分になって マイルドな夜じゃない マイルドな夜じゃないいしだあゆみ中畑貴志宇崎竜童小野寺忠和柄にもなく ちょいとやさしい気分になって マイルドな夜じゃない  青いシャツの 腕をまくって 不良だったよと 男が笑う わたしだってと いいかけては 飲みかけのグラスを 少しずらす 街の夜更けは 男と女のステージね 柄にもなく ちょいとやさしい気分になって マイルドな夜じゃない  時間つぶしの つもりだったわ 見知らぬあなたに 出会ったときは 作りばなしと 知っていながら 見え透く嘘にさえ 魅(ひ)かれてゆく 古い映画の 男と女がするように 柄にもなく ちょいとやさしい気分になって マイルドな夜じゃない  胸を合わせて 踊るなんて 何年ぶりかの 出来事なのよ 振り返っても 見えないのに まぶた閉じていれば うかんでくる まるで今夜は 昔の夢を見るようね 柄にもなく ちょいとやさしい気分になって マイルドな夜じゃない マイルドな夜じゃない
マイルド・ロマン・ロックアナタが少年のような顔をして 突然はるかな目をしたよ それが何を意味するか ワタシは知って目をそらす また、どこかへ消える 男のロマンは女になんか わかりはしないという 明日が変わる 夜が変わる カラダが変わる 冷たい ロックね マイルド・ウォッカ 気ままな ロックね マイルド・ウォッカ こんな男とこんな女が ああマイルド・ウォッカ  セメントづくりの都会にだって 夢ならいくつもあるじゃない 冷えて渇いているけど ふたりで見ればあたたかい いつ帰ってくるの 女のロマンを聞く耳なんか 持ってはいないという  明日が変わる 夜が変わる カラダが変わる 冷たい ロックね マイルド・ウォッカ 気ままな ロックね マイルド・ウォッカ こんな男とこんな女が ああマイルド・ウォッカ  明日が変わる 夜が変わる カラダが変わる 冷たい ロックね マイルド・ウォッカ 気ままな ロックね マイルド・ウォッカ こんな男とこんな女が ああマイルド・ウォッカいしだあゆみ仲畑貴志大野克夫船山基紀アナタが少年のような顔をして 突然はるかな目をしたよ それが何を意味するか ワタシは知って目をそらす また、どこかへ消える 男のロマンは女になんか わかりはしないという 明日が変わる 夜が変わる カラダが変わる 冷たい ロックね マイルド・ウォッカ 気ままな ロックね マイルド・ウォッカ こんな男とこんな女が ああマイルド・ウォッカ  セメントづくりの都会にだって 夢ならいくつもあるじゃない 冷えて渇いているけど ふたりで見ればあたたかい いつ帰ってくるの 女のロマンを聞く耳なんか 持ってはいないという  明日が変わる 夜が変わる カラダが変わる 冷たい ロックね マイルド・ウォッカ 気ままな ロックね マイルド・ウォッカ こんな男とこんな女が ああマイルド・ウォッカ  明日が変わる 夜が変わる カラダが変わる 冷たい ロックね マイルド・ウォッカ 気ままな ロックね マイルド・ウォッカ こんな男とこんな女が ああマイルド・ウォッカ
待ちわびても待ちわびても待ちわびても あなたは帰ってこない 古いピアノ指でなでて 恋をなつかしむ どうにもならないの 女に生まれた運命がにくいの 窓をあけて空を見ても 星も見えないわ  待ちわびても待ちわびても あなたは帰ってこない あなたの手が触れた肩を じっと抱きしめる どうにもならない 一人でいるのが死ぬ程つらいの 他(ほか)の人じゃみたされない これが恋なのね  待ちわびても待ちわびても あなたは帰ってこない 壁にかけたドレスを見て 一人涙ぐむ どうにもならないの 鏡を見てるとみじめになるのよ やせた指でほほをなでて 夢をかみしめるいしだあゆみなかにし礼筒美京平森岡賢一郎待ちわびても待ちわびても あなたは帰ってこない 古いピアノ指でなでて 恋をなつかしむ どうにもならないの 女に生まれた運命がにくいの 窓をあけて空を見ても 星も見えないわ  待ちわびても待ちわびても あなたは帰ってこない あなたの手が触れた肩を じっと抱きしめる どうにもならない 一人でいるのが死ぬ程つらいの 他(ほか)の人じゃみたされない これが恋なのね  待ちわびても待ちわびても あなたは帰ってこない 壁にかけたドレスを見て 一人涙ぐむ どうにもならないの 鏡を見てるとみじめになるのよ やせた指でほほをなでて 夢をかみしめる
真夜中のアマン淋しい夜だけれども 私はあせらない 一人で本を読んで ワインを少しだけ…… あの人に逢いたいけど 疲れ果てた私の心 恋は終ったの 鏡にうつる私は 確かにまよっている 別れの手紙をそっと しのばせてみたいと 行くあてもないはずなの かならず電話をしてくるわ 「ひと晩ここにとめて欲しいよ」と 気まぐれな言葉を 私にささやいて口説わよ  淋しい夜だけれども 私はあせらない テレビの映画をつけて 時間をつぶします あの人に逢いたいけど 疲れ果てた私の心 あの人は私に似合わないわ 遊びが過ぎるのよ くやしいけど今日でお別れね あの人は私に似合わないと思う くやしいけど今日でお別れね お別れねいしだあゆみ橋本淳細野晴臣萩田光雄・細野晴臣淋しい夜だけれども 私はあせらない 一人で本を読んで ワインを少しだけ…… あの人に逢いたいけど 疲れ果てた私の心 恋は終ったの 鏡にうつる私は 確かにまよっている 別れの手紙をそっと しのばせてみたいと 行くあてもないはずなの かならず電話をしてくるわ 「ひと晩ここにとめて欲しいよ」と 気まぐれな言葉を 私にささやいて口説わよ  淋しい夜だけれども 私はあせらない テレビの映画をつけて 時間をつぶします あの人に逢いたいけど 疲れ果てた私の心 あの人は私に似合わないわ 遊びが過ぎるのよ くやしいけど今日でお別れね あの人は私に似合わないと思う くやしいけど今日でお別れね お別れね
まるで飛べない小鳥のように悲しみの空の下 あの人は さみしげに待っているわ 私を  冷たい路線を今すぐ 北国へ まるで飛べない 小鳥のように あせばむ乙女の 胸の中に 愛するこころ秘めて ベルが鳴る 夜の駅の旅立ち  灰色のまなざしは すてましょう 青空も 不幸せに見えるわ  女の予感を信じて 北国へ 今のあなたは 私のすべて ふるえる乙女の 愛のくらし 歴史が始まる日よ ベルが鳴る 夜の駅の旅立ち  冷たい路線を今すぐ 北国へ まるで飛べない 小鳥のように あせばむ乙女の 胸の中に 愛するこころ秘めて ベルが鳴る 夜の駅の旅立ちいしだあゆみ橋本淳中村泰士高田弘悲しみの空の下 あの人は さみしげに待っているわ 私を  冷たい路線を今すぐ 北国へ まるで飛べない 小鳥のように あせばむ乙女の 胸の中に 愛するこころ秘めて ベルが鳴る 夜の駅の旅立ち  灰色のまなざしは すてましょう 青空も 不幸せに見えるわ  女の予感を信じて 北国へ 今のあなたは 私のすべて ふるえる乙女の 愛のくらし 歴史が始まる日よ ベルが鳴る 夜の駅の旅立ち  冷たい路線を今すぐ 北国へ まるで飛べない 小鳥のように あせばむ乙女の 胸の中に 愛するこころ秘めて ベルが鳴る 夜の駅の旅立ち
港・坂道・異人館帰らぬ人でも待つように テラスは港を向いている 短い恋の夢からさめて 青いガラス絵異人館 熱い手のひら想い出し 寒い心に潮風吹けば シャンデリアの灯が また揺れる 港・坂道・異人館 愛したことも 別れたことも 今は風の中  心を閉ざした 女のように 重たい扉の白い門 幸せすぎた季節が終わり 淋しさぽつんと異人館 女心のかなしみを 染めているよな黄昏どきに 外人墓地から鐘が鳴る 港・坂道・異人館 愛したことも 別れたことも 今は風の中  愛したことも 別れたことも 今は風の中いしだあゆみ喜多條忠大野克夫馬飼野康二帰らぬ人でも待つように テラスは港を向いている 短い恋の夢からさめて 青いガラス絵異人館 熱い手のひら想い出し 寒い心に潮風吹けば シャンデリアの灯が また揺れる 港・坂道・異人館 愛したことも 別れたことも 今は風の中  心を閉ざした 女のように 重たい扉の白い門 幸せすぎた季節が終わり 淋しさぽつんと異人館 女心のかなしみを 染めているよな黄昏どきに 外人墓地から鐘が鳴る 港・坂道・異人館 愛したことも 別れたことも 今は風の中  愛したことも 別れたことも 今は風の中
ムーン・ライト街の小さなピアノ・バー そこで二人はグラスを重ね 楽しいお酒が好きだよなんて 互いの心に割込んだのよ あー ムーンライト ムーンライト 二度目の恋って素敵じゃない あー ムーンライト ムーンライト 海辺の町まで10マイル 恋のドライブいかがです  真冬の海で泳いだり びっくりハウスではしゃいでみたり どこかかわったあなただけれど とうに心はあずけた私 あー ムーンライト ムーンライト 二度目の恋っててれるわ あー ムーンライト ムーンライト ひとり暮らしはやめましょう あなたにすべて賭けたのね  あー ムーンライト ムーンライト 二度目の恋って素敵じゃない あー ムーンライト ムーンライト 海辺の町まで10マイル 恋のドライブいかがですいしだあゆみ橋本淳細野晴臣萩田光雄・細野晴臣街の小さなピアノ・バー そこで二人はグラスを重ね 楽しいお酒が好きだよなんて 互いの心に割込んだのよ あー ムーンライト ムーンライト 二度目の恋って素敵じゃない あー ムーンライト ムーンライト 海辺の町まで10マイル 恋のドライブいかがです  真冬の海で泳いだり びっくりハウスではしゃいでみたり どこかかわったあなただけれど とうに心はあずけた私 あー ムーンライト ムーンライト 二度目の恋っててれるわ あー ムーンライト ムーンライト ひとり暮らしはやめましょう あなたにすべて賭けたのね  あー ムーンライト ムーンライト 二度目の恋って素敵じゃない あー ムーンライト ムーンライト 海辺の町まで10マイル 恋のドライブいかがです
夢でいいから夢でいいから もう一度 あなたに逢いたい 逢ってくちづけの お返ししたいの 恋のカクテル もう一度 あなたと飲みたい 飲んでくちづけの お返ししたいの  夢の中の ドリーミィ・アイズ あなたの愛の言葉が 遠く聞こえる とても淋しい 夢でいいから もう一度 あなたに逢いたい 逢ってくちづけの お返ししたいの  夢の中の ドリーミィ・アイズ あなたの愛の言葉が 遠く聞こえる とても淋しい 夢でいいから もう一度 あなたに 逢いたい 逢ってくちづけの お返ししたいのいしだあゆみ林春夫筒美京平筒美京平夢でいいから もう一度 あなたに逢いたい 逢ってくちづけの お返ししたいの 恋のカクテル もう一度 あなたと飲みたい 飲んでくちづけの お返ししたいの  夢の中の ドリーミィ・アイズ あなたの愛の言葉が 遠く聞こえる とても淋しい 夢でいいから もう一度 あなたに逢いたい 逢ってくちづけの お返ししたいの  夢の中の ドリーミィ・アイズ あなたの愛の言葉が 遠く聞こえる とても淋しい 夢でいいから もう一度 あなたに 逢いたい 逢ってくちづけの お返ししたいの
六本木ララバイ肩にはおったセーターを 胸であわせて 小さなビルの エレベーターのボタンを押した 夜明けがもう近い 六本木 あなたはそろそろ坂道で 車をひろって乗る頃かしら さめた心と うらはらに あなたが欲しい 帰るあなたが  ミルクのびんをころがして 仔猫があわてて 逃げ出して行く ベッドに体をもぐりこませて 私は涙を かみしめた あなたと触れあうその瞬間(とき)が たったひとつの 生きがいなんて…… 置き去りのまま 捨てられた 心があなた 追いかけている  あなたはそろそろ坂道で 車をひろって乗る頃かしら 置き去りのまま 捨てられた 心があなた 追いかけているいしだあゆみ橋本淳萩田光雄萩田光雄肩にはおったセーターを 胸であわせて 小さなビルの エレベーターのボタンを押した 夜明けがもう近い 六本木 あなたはそろそろ坂道で 車をひろって乗る頃かしら さめた心と うらはらに あなたが欲しい 帰るあなたが  ミルクのびんをころがして 仔猫があわてて 逃げ出して行く ベッドに体をもぐりこませて 私は涙を かみしめた あなたと触れあうその瞬間(とき)が たったひとつの 生きがいなんて…… 置き去りのまま 捨てられた 心があなた 追いかけている  あなたはそろそろ坂道で 車をひろって乗る頃かしら 置き去りのまま 捨てられた 心があなた 追いかけている
私自身ひとりソファーに寝ころんで 恋の歌聞くでもなし 歌うでもなし 私は日暮れを見つめています  部屋の窓には東京湾の 船の灯が小さく揺れて 一人ぐらしに疲れた時は 結婚なんか考えてます  夜汽車で旅に出る時は 色のない写真のように 素顔のままで 東京駅から出かけています  幾度か恋にこの身を灼いて 歌を忘れた私だけれど 淋しさだけを心に積んで 今日もぽつんと歌っています  くちづけ交す恋人にさえ 私の気持は言えないでしょう 人に知られず流した涙 私は今日も歌っています…………いしだあゆみ橋本淳細野晴臣細野晴臣ひとりソファーに寝ころんで 恋の歌聞くでもなし 歌うでもなし 私は日暮れを見つめています  部屋の窓には東京湾の 船の灯が小さく揺れて 一人ぐらしに疲れた時は 結婚なんか考えてます  夜汽車で旅に出る時は 色のない写真のように 素顔のままで 東京駅から出かけています  幾度か恋にこの身を灼いて 歌を忘れた私だけれど 淋しさだけを心に積んで 今日もぽつんと歌っています  くちづけ交す恋人にさえ 私の気持は言えないでしょう 人に知られず流した涙 私は今日も歌っています…………
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 宿命
  3. おさかな天国
  4. 会いに行くのに
  5. Dear

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. 永久 -トコシエ-
  5. hanataba

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×