試聴する

知床挽歌

この曲の表示回数 6,091
歌手:

走裕介


作詞:

高田ひろお


作曲:

蔦将包


ことしの冬は 蝦夷(えぞ)ふくろうが
おまえをさがして こずえで鳴くよ
汚れてしまった 哀しみだけを
暖炉にもやして 眠りにつこう
春は まだ遠い 知床挽歌

三年まえは 揺り椅子ゆらし
おまえはセーター 編んでたそばで
そろそろ流氷 岸辺によせる
おもいでばなしが 手ぶらでくるよ
夢を もう一度 知床挽歌

やかんのお湯が たぎっているよ
おまえがいたなら この髭づらを
剃りなと笑って 剃刀わたす
今夜は凍(しば)れる 北斗の星よ
冬の 月が照る 知床挽歌
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:知床挽歌 歌手:走裕介

走裕介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-07-24
商品番号:COCA-17643
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP