試聴する

北のひとり星

この曲の表示回数 19,996
歌手:

走裕介


作詞:

喜多條忠


作曲:

蔦将包


北の夜風は 粉雪まじり
お前と暮らした 二年の月日
時の流れに こころがきしむ
お前がいたから 俺がいた
空を見上げりゃ 北極星も
お前をさがして 光ってる
どこに どこに どこに居るのさ ひとり星

人の噂じゃ この町捨てて
行方も知れない お前の舟は
どこの港で 涙を捨てた
ひとりでどうしているだろか
雪のかなたに お前の星が
淋しい笑顔で 光ってる
ふるえ ふるえ ふるえ泣いてる ひとり星

夢を追いかけ はぐれたふたり
凍えるその手を この手で包み
頬のぬくもり 確かめたいよ
もいちど会えたら 離さない
今日もお前が みつめる星は
真北の夜空に 光ってる
きっと きっと きっと出会える ひとり星
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北のひとり星 歌手:走裕介

走裕介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP