大杉久美子の歌詞一覧リスト  38曲中 1-38曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
38曲中 1-38曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
青い空はポケットさあおいそらは ポケットさ しあわせつつむ ポケットさ くちぶえふいて あるいてゆこう こずえのうえでは おひさまが ホラホラ ん? てらしてる  しろいとりが そらをとぶ ぼくらのやねの うえをとぶ まどあけて よんでみよう ちいさなかぜが ほほえんで ホラホラ ん? ふいている  ゆめをみるのは いいことさ おおきなゆめを つかまえろ かみをなびかせ かけてゆこう しろいわたぐも おいかけて ホラホラ ん? うたおうよ  しろいわたぐも おいかけて ホラホラ ん? うたおうよ大杉久美子高田ひろお菊池俊輔菊池俊輔あおいそらは ポケットさ しあわせつつむ ポケットさ くちぶえふいて あるいてゆこう こずえのうえでは おひさまが ホラホラ ん? てらしてる  しろいとりが そらをとぶ ぼくらのやねの うえをとぶ まどあけて よんでみよう ちいさなかぜが ほほえんで ホラホラ ん? ふいている  ゆめをみるのは いいことさ おおきなゆめを つかまえろ かみをなびかせ かけてゆこう しろいわたぐも おいかけて ホラホラ ん? うたおうよ  しろいわたぐも おいかけて ホラホラ ん? うたおうよ
あおいひとみでネロ そのあおいひとみで なにをみつめているの はなは まだねむっているのに もりは もやにかくれているのに ネロ そのあおいひとみで なにをみつめているの なにを なにを みつめているの  ネロ そのひかるひとみに なにをうつしているの まどは まだひらかれないのに とりは まだはばたかないのに ネロ そのひかるひとみに なにをうつしているの なにを なにを うつしているの大杉久美子岸田衿子渡辺岳夫松山祐士ネロ そのあおいひとみで なにをみつめているの はなは まだねむっているのに もりは もやにかくれているのに ネロ そのあおいひとみで なにをみつめているの なにを なにを みつめているの  ネロ そのひかるひとみに なにをうつしているの まどは まだひらかれないのに とりは まだはばたかないのに ネロ そのひかるひとみに なにをうつしているの なにを なにを うつしているの
アタックNo.1GOLD LYLIC苦しくたって 悲しくたって コートの中では 平気なの ボールがうなると 胸がはずむわ レシーブ トス スパイク ワンツー ワンツー アタック 「だけど涙がでちゃう 女の子だもん」 涙も汗も 若いファイトで 青空に遠く 叫びたい アタック アタック ナンバーワン アタック アタック ナンバーワン  苦しくたって 悲しくたって チームの仲間が いるんだもん ホイッスルが鳴ると 心がはずむわ レシーブ トス スパイク ワンツー ワンツー アタック 「だけど涙がでちゃう 女の子だもん」 涙の中に 若い心で 流れゆく雲に叫びたい アタック アタック ナンバーワン アタック アタック ナンバーワンGOLD LYLIC大杉久美子東京ムービー企画渡辺岳夫松山茂苦しくたって 悲しくたって コートの中では 平気なの ボールがうなると 胸がはずむわ レシーブ トス スパイク ワンツー ワンツー アタック 「だけど涙がでちゃう 女の子だもん」 涙も汗も 若いファイトで 青空に遠く 叫びたい アタック アタック ナンバーワン アタック アタック ナンバーワン  苦しくたって 悲しくたって チームの仲間が いるんだもん ホイッスルが鳴ると 心がはずむわ レシーブ トス スパイク ワンツー ワンツー アタック 「だけど涙がでちゃう 女の子だもん」 涙の中に 若い心で 流れゆく雲に叫びたい アタック アタック ナンバーワン アタック アタック ナンバーワン
いいやつなんだよドラえもんあるひ ネコがたロボットが つくえのなかから とびだして しらないあいだに いそうろう そんなやつだよ ドラえもん でもさ きみがいなくちゃこまるんだ いじめられたら… しゅくだいは… それよりなにより… ネ バカにもしたし ケンカもした だけどすぐに なかなおり だからさ だからね やっぱりさ いいやつなんだよ ドラえもん  オッチョコチョイで かぜもひく ついでにドラやき だいすきで これでみらいの ロボットか あきれたやつだよ ドラえもん でもさ きみをたよりにしてるんだ いきたいところ…  ほしいもの… それよりなにより… ネ なんだかんだと いってもさ いつもなんとか してくれる だからさ だからね やっぱりさ いいやつなんだよ ドラえもん いいやつなんだよ ドラえもん大杉久美子楠部工菊池俊輔菊池俊輔あるひ ネコがたロボットが つくえのなかから とびだして しらないあいだに いそうろう そんなやつだよ ドラえもん でもさ きみがいなくちゃこまるんだ いじめられたら… しゅくだいは… それよりなにより… ネ バカにもしたし ケンカもした だけどすぐに なかなおり だからさ だからね やっぱりさ いいやつなんだよ ドラえもん  オッチョコチョイで かぜもひく ついでにドラやき だいすきで これでみらいの ロボットか あきれたやつだよ ドラえもん でもさ きみをたよりにしてるんだ いきたいところ…  ほしいもの… それよりなにより… ネ なんだかんだと いってもさ いつもなんとか してくれる だからさ だからね やっぱりさ いいやつなんだよ ドラえもん いいやつなんだよ ドラえもん
いたずらっこポーポー いたずらっこ カラス どこへ どこへかくしたのさ ぼくらの たからもの なぜわらうの 教会の とうの上で ポー しかりたいけれど しかれないよ  ポー いたずらっこ カラス どこで どこでないてるのさ ラスカル いじめたね なぜしらんかお カシの木の 枝の上で ポー しかりたいけれど しかれないよ  ポー いたずらっこ カラス どこへ どこへとんでたのさ ひとのはたけをつついて なぜやめないの いたずらばっかりしていると ポー だれもあそんで くれないよ大杉久美子岸田衿子渡辺岳夫ポー いたずらっこ カラス どこへ どこへかくしたのさ ぼくらの たからもの なぜわらうの 教会の とうの上で ポー しかりたいけれど しかれないよ  ポー いたずらっこ カラス どこで どこでないてるのさ ラスカル いじめたね なぜしらんかお カシの木の 枝の上で ポー しかりたいけれど しかれないよ  ポー いたずらっこ カラス どこへ どこへとんでたのさ ひとのはたけをつついて なぜやめないの いたずらばっかりしていると ポー だれもあそんで くれないよ
エースをねらえ!GOLD LYLICコートではだれでもひとり ひとりきり わたしの愛も わたしの苦しみも 誰も わかってくれない きらめく風が走る 太陽が燃える 唇に バラの花びら わたしは飛ぼう 白いボールになって サーブ スマッシュ ボレー ベストを尽くせ エース エース エース エースをねらえ!  コートではいつでもひとり ひとりきり わたしの恋も わたしの涙も 誰も わかってくれない きらめく雲が走る 青空が回る ラケットに 虹色の花 わたしは飛ぼう 白い蝶々になって サーブ スマッシュ ボレー ベストを尽くせ エース エース エース エースをねらえ!  きらめく風が走る 太陽が燃える 唇に バラの花びら わたしは飛ぼう 白いボールになって サーブ スマッシュ ボレー ベストを尽くせ エース エース エース エースをねらえ!GOLD LYLIC大杉久美子東京ムービー企画部三沢郷家原正樹コートではだれでもひとり ひとりきり わたしの愛も わたしの苦しみも 誰も わかってくれない きらめく風が走る 太陽が燃える 唇に バラの花びら わたしは飛ぼう 白いボールになって サーブ スマッシュ ボレー ベストを尽くせ エース エース エース エースをねらえ!  コートではいつでもひとり ひとりきり わたしの恋も わたしの涙も 誰も わかってくれない きらめく雲が走る 青空が回る ラケットに 虹色の花 わたしは飛ぼう 白い蝶々になって サーブ スマッシュ ボレー ベストを尽くせ エース エース エース エースをねらえ!  きらめく風が走る 太陽が燃える 唇に バラの花びら わたしは飛ぼう 白いボールになって サーブ スマッシュ ボレー ベストを尽くせ エース エース エース エースをねらえ!
おいでラスカルおいで きょうも ラスカル ぼくのひざへ おぼえているかい かしのきの あなのなかで きみは ねむっていたね きみは ねむっていたね あかんぼのとき つきよの ウェントワースのもりで  おいで きょうも ラスカル ぼくのひざへ おぼえているかい はじめての みずあそびを きみは うれしそうに きみは うれしそうに なみとあそんだ いけゆりの はなを ゆらして  おいで きょうも ラスカル ぼくのひざへ おぼえているかい のいちごを つんだひのこと きみと ぼくのかげは きみと ぼくのかげは ゆうひのなかを いまも ならんで かけている大杉久美子岸田衿子渡辺岳夫松山祐士おいで きょうも ラスカル ぼくのひざへ おぼえているかい かしのきの あなのなかで きみは ねむっていたね きみは ねむっていたね あかんぼのとき つきよの ウェントワースのもりで  おいで きょうも ラスカル ぼくのひざへ おぼえているかい はじめての みずあそびを きみは うれしそうに きみは うれしそうに なみとあそんだ いけゆりの はなを ゆらして  おいで きょうも ラスカル ぼくのひざへ おぼえているかい のいちごを つんだひのこと きみと ぼくのかげは きみと ぼくのかげは ゆうひのなかを いまも ならんで かけている
おおきなくまになったらおおきなくまになったら きにいったアメリカ杉を みつけて そのそばでくらそう めがさめたら あさはひとりで みずうみをみにいこう  ひとりでもこわくない ひとりでもさびしくない ひとりでもふるえない ふるえない  だけど じんじんと 胸がなるときは やまのせなかを ながめて きみと ともだちの あいさつをしよう  おおきなくまになったら きにいった じぶんの領地を きめて あしあとをつけよう ひまがあったら やまのせなかを どこまでもあるきたい  ひとりでもこわくない ひとりでもさびしくない ひとりでもふるえない ふるえない  だけど じんじんと 胸がなるときは みずうみの そばにいってきみと ともだちの あいさつをしよう  だけど じんじんと 胸がなるときは やまのせなかを ながめて きみと ともだちの あいさつをしよう大杉久美子香山美子小森昭宏小森昭宏おおきなくまになったら きにいったアメリカ杉を みつけて そのそばでくらそう めがさめたら あさはひとりで みずうみをみにいこう  ひとりでもこわくない ひとりでもさびしくない ひとりでもふるえない ふるえない  だけど じんじんと 胸がなるときは やまのせなかを ながめて きみと ともだちの あいさつをしよう  おおきなくまになったら きにいった じぶんの領地を きめて あしあとをつけよう ひまがあったら やまのせなかを どこまでもあるきたい  ひとりでもこわくない ひとりでもさびしくない ひとりでもふるえない ふるえない  だけど じんじんと 胸がなるときは みずうみの そばにいってきみと ともだちの あいさつをしよう  だけど じんじんと 胸がなるときは やまのせなかを ながめて きみと ともだちの あいさつをしよう
おめでとうのうたおめでとう おめでとう ○○○○○○ おめでとう おめでとうの うたごえが 手をつないで わになって あなたのまわりを まわっています こぼれそうになった しあわせは 赤い風船に つめこんで みんなの空に とばしてください おめでとう ○○○○○○ このかんげきを いつの日も  おめでとう おめでとう ○○○○○○ おめでとう おめでとうの うたごえが 手をつないで わになって あなたのまわりを まわっています こぼれそうになった よろこびは 赤いリボンで たばにして みんなの胸に とどけてください おめでとう ○○○○○○ このかんげきを いつの日も大杉久美子高木美智子キダ・タロー小森昭宏おめでとう おめでとう ○○○○○○ おめでとう おめでとうの うたごえが 手をつないで わになって あなたのまわりを まわっています こぼれそうになった しあわせは 赤い風船に つめこんで みんなの空に とばしてください おめでとう ○○○○○○ このかんげきを いつの日も  おめでとう おめでとう ○○○○○○ おめでとう おめでとうの うたごえが 手をつないで わになって あなたのまわりを まわっています こぼれそうになった よろこびは 赤いリボンで たばにして みんなの胸に とどけてください おめでとう ○○○○○○ このかんげきを いつの日も
おやすみチュチュナシーでチュ しずかにするんでチュ チュチュナが これから ねるんでチュ ねるんでチュ リルビットにいちゃん わんぱくで パパ ママは いそがしい チュチュナは ひとりで ねるんでチュ ねるんでチュ おやすみチュチュナ いとしいチュチュナ おやすみ おやすみ めのさめるまで おやすみ おやすみ おやすみチュチュナ  メーでチュ だまってきくんでチュ チュチュナは じぶんで こもりうた こもりうた ベルフィーおねえちゃん かわいくて だれでもが おおさわぎ チュチュナは ひとりで うたいまチュ うたいまチュ おやすみチュチュナ すてきなチュチュナ おやすみ おやすみ あさになるまで おやすみ おやすみ おやすみチュチュナ大杉久美子保富康午渡辺岳夫松山祐士シーでチュ しずかにするんでチュ チュチュナが これから ねるんでチュ ねるんでチュ リルビットにいちゃん わんぱくで パパ ママは いそがしい チュチュナは ひとりで ねるんでチュ ねるんでチュ おやすみチュチュナ いとしいチュチュナ おやすみ おやすみ めのさめるまで おやすみ おやすみ おやすみチュチュナ  メーでチュ だまってきくんでチュ チュチュナは じぶんで こもりうた こもりうた ベルフィーおねえちゃん かわいくて だれでもが おおさわぎ チュチュナは ひとりで うたいまチュ うたいまチュ おやすみチュチュナ すてきなチュチュナ おやすみ おやすみ あさになるまで おやすみ おやすみ おやすみチュチュナ
おやすみマルスおやすみマルス なみだをふいて きょうのできごと わすれましょうね ちからいっぱい やったんだもの だれもあなたを しかりはしない おやすみマルス おやすみなさい  おやすみマルス わたしのそばで やっとあなたは ひとりになれた いつもみんなが うるさいけれど それもあなたが だいすきだから おやすみマルス おやすみなさい  おやすみマルス かわいいねがお 星もまどべで みつめているわ あしたあなたが めざめるころに 花もきれいに さいているでしょう おやすみマルス おやすみなさい大杉久美子伊藤アキラ越部信義越部信義おやすみマルス なみだをふいて きょうのできごと わすれましょうね ちからいっぱい やったんだもの だれもあなたを しかりはしない おやすみマルス おやすみなさい  おやすみマルス わたしのそばで やっとあなたは ひとりになれた いつもみんなが うるさいけれど それもあなたが だいすきだから おやすみマルス おやすみなさい  おやすみマルス かわいいねがお 星もまどべで みつめているわ あしたあなたが めざめるころに 花もきれいに さいているでしょう おやすみマルス おやすみなさい
かあさんおはよう朝ぼくを おこしたおひさまが ほら もう ま上 いまかあさんを おこしてるんだ はるかな国の 空にのぼって かあさん おはよう ボンジョルノ ミヤ マドレ  明るくてらす おひさまの中 ほら 見て かあさん 泣き虫なんか もういない チビでもぼくは がんばりやだよ かあさん おはよう ボンジョルノ ミヤ マドレ  会いたいな 大好きなかあさん あの 雲にのり 大空なんか ひとまたぎ とびこみたいんだ かあさんの胸に かあさん おはよう ボンジョルノ ミヤ マドレ大杉久美子高畑勲坂田晃一小六禮次郎朝ぼくを おこしたおひさまが ほら もう ま上 いまかあさんを おこしてるんだ はるかな国の 空にのぼって かあさん おはよう ボンジョルノ ミヤ マドレ  明るくてらす おひさまの中 ほら 見て かあさん 泣き虫なんか もういない チビでもぼくは がんばりやだよ かあさん おはよう ボンジョルノ ミヤ マドレ  会いたいな 大好きなかあさん あの 雲にのり 大空なんか ひとまたぎ とびこみたいんだ かあさんの胸に かあさん おはよう ボンジョルノ ミヤ マドレ
かあさんの子守唄ぶどう畑の ほうき星 わたしにそっと おしえておくれ あのこは四つ まいごになって どこかの村で 泣いてはないか  ぶどう畑の ほうき星 あのこにそっと おしえておくれ かあさんきっと 元気になって どこかの村で まってるはずと  あのこはどこに あのこはどこに 夜更けの納屋で 麦打つ音が あのこの耳に とどくだろうか大杉久美子深沢一夫坂田晃一ぶどう畑の ほうき星 わたしにそっと おしえておくれ あのこは四つ まいごになって どこかの村で 泣いてはないか  ぶどう畑の ほうき星 あのこにそっと おしえておくれ かあさんきっと 元気になって どこかの村で まってるはずと  あのこはどこに あのこはどこに 夜更けの納屋で 麦打つ音が あのこの耳に とどくだろうか
気まぐれバロンなまえはバロン きまぐれな犬 いつも かってなことばかりしている でもバロンとよんだら 口ぶえふいたら すぐに 私のそばにきてね バロン さびしいときには なぐさめてほしいの だって おともだちでしょう ねえバロン そうでしょう ねえバロン そうでしょう  なまえはバロン きまぐれな犬 いつも まぬけなことばかりしている でもかけると早いし けんかもつよいし とても たよりにしているのよ バロン こまったときには 手をかしてちょうだい だって おとこのこでしょう ねえバロン そうでしょう  なまえはバロン きまぐれな犬 なぜか ひとりであそぶのが大好き でもバロンとよんだら 口ぶえふいたら そうよ 私のそばにきてね バロン うれしいときには 一緒におどりましょ いつも なかよしふたり ねえバロン そうでしょう ねえバロン そうでしょう大杉久美子つかさ圭渡辺岳夫なまえはバロン きまぐれな犬 いつも かってなことばかりしている でもバロンとよんだら 口ぶえふいたら すぐに 私のそばにきてね バロン さびしいときには なぐさめてほしいの だって おともだちでしょう ねえバロン そうでしょう ねえバロン そうでしょう  なまえはバロン きまぐれな犬 いつも まぬけなことばかりしている でもかけると早いし けんかもつよいし とても たよりにしているのよ バロン こまったときには 手をかしてちょうだい だって おとこのこでしょう ねえバロン そうでしょう  なまえはバロン きまぐれな犬 なぜか ひとりであそぶのが大好き でもバロンとよんだら 口ぶえふいたら そうよ 私のそばにきてね バロン うれしいときには 一緒におどりましょ いつも なかよしふたり ねえバロン そうでしょう ねえバロン そうでしょう
さよならをゆうときがきたね湖は あおく あおくけむってる ぼくたちの カヌーは しずかにすすむ たまになく ナイチンゲール やさしい 波の音 さよならを さよならを いうときがきたね  湖は なぜか なぜかしっている ぼくたちは いまここで わかれることを 森の木も 枝さしのべて しずかな 波の音 さよならを さよならを いうときがきたね  湖は 星を 星をうかべてる ぼくたちは この夜を もうわすれない おとなになっても わすれない かすかな 波の音 さよならを さよならを いうときがきたね大杉久美子岸田衿子渡辺岳夫湖は あおく あおくけむってる ぼくたちの カヌーは しずかにすすむ たまになく ナイチンゲール やさしい 波の音 さよならを さよならを いうときがきたね  湖は なぜか なぜかしっている ぼくたちは いまここで わかれることを 森の木も 枝さしのべて しずかな 波の音 さよならを さよならを いうときがきたね  湖は 星を 星をうかべてる ぼくたちは この夜を もうわすれない おとなになっても わすれない かすかな 波の音 さよならを さよならを いうときがきたね
白いテニスコート夕焼けの テニスコートで 折れたかわいそうな ラケットを見たわ 夜更けの テニスコートで いつまでも泣いていた 女の子を見たわ 涙が書いたイニシャルは H H H・O 燃えあがる恋も 燃えあがる明日も 白いテニスコートに 白いテニスコートに ああテニスコートに  風がなる テニスコートで 白いバラがふるえて 舞うのを見たわ 朝もやの テニスコートで ラケットを胸に抱いた 女の子を見たわ 朝日に輝くイニシャルは H H H・O 燃えあがる恋も 燃えあがる明日も 白いテニスコートに 白いテニスコートに ああテニスコートに大杉久美子東京ムービー企画室三沢郷夕焼けの テニスコートで 折れたかわいそうな ラケットを見たわ 夜更けの テニスコートで いつまでも泣いていた 女の子を見たわ 涙が書いたイニシャルは H H H・O 燃えあがる恋も 燃えあがる明日も 白いテニスコートに 白いテニスコートに ああテニスコートに  風がなる テニスコートで 白いバラがふるえて 舞うのを見たわ 朝もやの テニスコートで ラケットを胸に抱いた 女の子を見たわ 朝日に輝くイニシャルは H H H・O 燃えあがる恋も 燃えあがる明日も 白いテニスコートに 白いテニスコートに ああテニスコートに
ジャングル黒べえの歌ウラ!ウラ!!ウラウラウラウラウラ ベッカンコー ウララ ウララ ジャングル黒べえ ウララ ~ ジャジャンジャ ジャン ~ ~ 黒べえのくの字は クッチャメチャノ くの字 木の葉が 沈んで 石 泳ぐ 魔法の力だ 魔法の力だ 魔法の力だ ベ… アッ ベッカンコ… まんまる目玉を ベッカンコ グリグリ回して ベッカンコ くっちゃめちゃだよ ベッカンコ ベ…アッベッカンコ…  ウララ ウララ ジャングル黒べえ ウララ ~ ジャジャンジャ ジャン ~ ~ 黒べえのろの字は ろんよりしょうこの ろの字 猫がわらって 犬しゃべる 信じられない 信じられない 信じられない ベー… アッ ベッカンコー… 黒いからだを ベッカンコ 闇におどらせベッカンコ ろんよりしょうこだベッカンコ ベ…アッベッカンコ…  ウンダラ ~ ~ ~ ウンダラウラウラベッカンコ ボンガラ ~ ~ ~ ボンガラ ベッカンコ ~ ウラ!ウラ!ウラウラウラウラウラ ベッカンコ  ウララ ウララ ジャングル黒べえ ウララ ~ ジャジャンジャ ジャン ~ ~ 黒べえのべの字は ベッカンコーの べの字 太鼓 ピーヒャラ 笛 ドンドン 歌え踊れや 歌え踊れや 歌え踊れや ベ… アッ ベッカンコ… 槍を きらきら ベッカンコ 帽子 ゆさゆさ ベッカンコ ベッカンコだよ ベッカンコ ベ…アッ ベッカンコ…  ウラ!ウラ!ウラウラウラウラウラ ベッカンコ…大杉久美子藤子不二雄三沢郷ウラ!ウラ!!ウラウラウラウラウラ ベッカンコー ウララ ウララ ジャングル黒べえ ウララ ~ ジャジャンジャ ジャン ~ ~ 黒べえのくの字は クッチャメチャノ くの字 木の葉が 沈んで 石 泳ぐ 魔法の力だ 魔法の力だ 魔法の力だ ベ… アッ ベッカンコ… まんまる目玉を ベッカンコ グリグリ回して ベッカンコ くっちゃめちゃだよ ベッカンコ ベ…アッベッカンコ…  ウララ ウララ ジャングル黒べえ ウララ ~ ジャジャンジャ ジャン ~ ~ 黒べえのろの字は ろんよりしょうこの ろの字 猫がわらって 犬しゃべる 信じられない 信じられない 信じられない ベー… アッ ベッカンコー… 黒いからだを ベッカンコ 闇におどらせベッカンコ ろんよりしょうこだベッカンコ ベ…アッベッカンコ…  ウンダラ ~ ~ ~ ウンダラウラウラベッカンコ ボンガラ ~ ~ ~ ボンガラ ベッカンコ ~ ウラ!ウラ!ウラウラウラウラウラ ベッカンコ  ウララ ウララ ジャングル黒べえ ウララ ~ ジャジャンジャ ジャン ~ ~ 黒べえのべの字は ベッカンコーの べの字 太鼓 ピーヒャラ 笛 ドンドン 歌え踊れや 歌え踊れや 歌え踊れや ベ… アッ ベッカンコ… 槍を きらきら ベッカンコ 帽子 ゆさゆさ ベッカンコ ベッカンコだよ ベッカンコ ベ…アッ ベッカンコ…  ウラ!ウラ!ウラウラウラウラウラ ベッカンコ…
草原のマルコはるか草原を ひとつかみの雲が あてもなくさまよい とんでゆく 山もなく谷もなく 何も見えはしない けれどマルコ おまえはきたんだ アンデスにつづく この道を さあ出発だ 今 陽が昇る 希望の光両手につかみ ポンチョに夜明けの風はらませて かあさんのいる あの空の下 はるかな北を めざせ  小さな胸の中に きざみつけた願い かあさんの面影 もえてゆく 風のうた草の海 さえぎるものはない そしてマルコ おまえはきたんだ かあさんをたずね この道を さあ出発だ 今 陽が昇る 行く手にうかぶ朝焼けの道 ふくらむ胸にあこがれだいて かあさんに会える 喜びの日を はるかにおもい えがけ大杉久美子深沢一夫坂田晃一坂田晃一はるか草原を ひとつかみの雲が あてもなくさまよい とんでゆく 山もなく谷もなく 何も見えはしない けれどマルコ おまえはきたんだ アンデスにつづく この道を さあ出発だ 今 陽が昇る 希望の光両手につかみ ポンチョに夜明けの風はらませて かあさんのいる あの空の下 はるかな北を めざせ  小さな胸の中に きざみつけた願い かあさんの面影 もえてゆく 風のうた草の海 さえぎるものはない そしてマルコ おまえはきたんだ かあさんをたずね この道を さあ出発だ 今 陽が昇る 行く手にうかぶ朝焼けの道 ふくらむ胸にあこがれだいて かあさんに会える 喜びの日を はるかにおもい えがけ
ゾウさんの瞳はなぜ青いゾウさんのめは なぜあおい とおくはなれた ふるさとの 大草原を みてるから? それともゆうべ ゆめにみた おおきなうみが うつるから?  ゾウさんのめは なぜほそい いつもげんきな こどもたち おめめほそめて みてるから? それともひとり さびしくて ないてはおめめ こするから  ゾウさんのめは ほしのよう ひとのこころを ひきよせる 南十字の ほしのよう いつかはきっと ふるさとへ かえれるゆめを みてるよう大杉久美子喜多條忠菊池俊輔ゾウさんのめは なぜあおい とおくはなれた ふるさとの 大草原を みてるから? それともゆうべ ゆめにみた おおきなうみが うつるから?  ゾウさんのめは なぜほそい いつもげんきな こどもたち おめめほそめて みてるから? それともひとり さびしくて ないてはおめめ こするから  ゾウさんのめは ほしのよう ひとのこころを ひきよせる 南十字の ほしのよう いつかはきっと ふるさとへ かえれるゆめを みてるよう
ちいさいかわのうたちいさい かわは はしる うみに あいたくて  ちいさい かわは しゃべる うみの ことばかり  ちいさい かわは はねる うみは どんないろ? ちいさい かわは なくよ うみは とおすぎる  ちいさい かわは おもう うみは なんだろう ちいさい かわは おもう ぼくの おかあさん  ちいさい かわは さけぶ うみは おかあさん!  ちいさい かわは はしる うみへ うみへ まっすぐに大杉久美子武鹿悦子渡辺岳夫青木望ちいさい かわは はしる うみに あいたくて  ちいさい かわは しゃべる うみの ことばかり  ちいさい かわは はねる うみは どんないろ? ちいさい かわは なくよ うみは とおすぎる  ちいさい かわは おもう うみは なんだろう ちいさい かわは おもう ぼくの おかあさん  ちいさい かわは さけぶ うみは おかあさん!  ちいさい かわは はしる うみへ うみへ まっすぐに
つりびよりふく風は ひがし お日さまは まうえに オスカー はやく つりざおを もっといで あの カワマスを つりあげようよ きょうこそ きっとだよ ごらん ハウザーまでが しっぽをふっている  くろすぐりのパイ きみもたべるかい オスカー いまだ つりざおが しなってる みろ 銀色に ひかってるやつ きょうこそ きっとだよ ごらん キジバトたちも のぞきこんでいる  波がでてきたね 風もつめたくなった オスカー はやく つりざおを しまおうよ マスが さんびき ハヤとザリガニ きょうこそ たいりょうだ ごらん ラスカルたちも よろこんでいる大杉久美子岸田衿子渡辺岳夫ふく風は ひがし お日さまは まうえに オスカー はやく つりざおを もっといで あの カワマスを つりあげようよ きょうこそ きっとだよ ごらん ハウザーまでが しっぽをふっている  くろすぐりのパイ きみもたべるかい オスカー いまだ つりざおが しなってる みろ 銀色に ひかってるやつ きょうこそ きっとだよ ごらん キジバトたちも のぞきこんでいる  波がでてきたね 風もつめたくなった オスカー はやく つりざおを しまおうよ マスが さんびき ハヤとザリガニ きょうこそ たいりょうだ ごらん ラスカルたちも よろこんでいる
どこまでもあるこうねパトラッシュ ぼくの ともだち ぼくの いっしょにあるこうね いきがきれてもあるこうね  みちのむこうに みちのむこうに まぶしいひかりがさすまで  パトラッシュ ぼくの ともだち ぼくの いっしょにあるこうね いきがきれてもあるこうね  パトラッシュ ぼくの ともだち ぼくの やすまずにあるこうね ふりむかないであるこうね  ホラえのなかの ホラえのなかの てんしのうたがきこえるよ  パトラッシュ ぼくの ともだち ぼくの やすまずにあるこうね ふりむかないであるこうね大杉久美子岸田衿子渡辺岳夫松山祐士パトラッシュ ぼくの ともだち ぼくの いっしょにあるこうね いきがきれてもあるこうね  みちのむこうに みちのむこうに まぶしいひかりがさすまで  パトラッシュ ぼくの ともだち ぼくの いっしょにあるこうね いきがきれてもあるこうね  パトラッシュ ぼくの ともだち ぼくの やすまずにあるこうね ふりむかないであるこうね  ホラえのなかの ホラえのなかの てんしのうたがきこえるよ  パトラッシュ ぼくの ともだち ぼくの やすまずにあるこうね ふりむかないであるこうね
ドラえもん子守唄ねむれないの かなしくて かなしくて それじゃいこうか タケコプターで くものうえは いつもはればれ ぎんいろの つきのひかりが つらいおもいで あらいながしてくれる おやすみ おやすみ よがあけるまで  ねむれないの さびしくて さびしくて それじゃいこうか どこでもドアーで このしまは いつもポカポカ あたたかな やさしいかぜが つらいおもいで そっとくるんでくれる おやすみ おやすみ よがあけるまで  ねむれないの たのしくて たのしくて それじゃいこうか タイムマシンで なつかしい むかしむかしや ゆめおおい みらいのくにへ ゆめのかずかず あまくみたしてくれる おやすみ おやすみ よがあけるまで大杉久美子藤子不二雄菊池俊輔ねむれないの かなしくて かなしくて それじゃいこうか タケコプターで くものうえは いつもはればれ ぎんいろの つきのひかりが つらいおもいで あらいながしてくれる おやすみ おやすみ よがあけるまで  ねむれないの さびしくて さびしくて それじゃいこうか どこでもドアーで このしまは いつもポカポカ あたたかな やさしいかぜが つらいおもいで そっとくるんでくれる おやすみ おやすみ よがあけるまで  ねむれないの たのしくて たのしくて それじゃいこうか タイムマシンで なつかしい むかしむかしや ゆめおおい みらいのくにへ ゆめのかずかず あまくみたしてくれる おやすみ おやすみ よがあけるまで
ドラえもんのうたPLATINA LYLICこんなこといいな できたらいいな あんなゆめ こんなゆめ いっぱいあるけど みんなみんなみんな かなえてくれる ふしぎなポッケで かなえてくれる そらをじゆうに とびたいな 「ハイ!タケコプター」 アンアンアン とってもだいすきドラえもん  しゅくだいとうばん しけんにおつかい あんなこと こんなこと たいへんだけど みんなみんなみんな たすけてくれる べんりなどうぐで たすけてくれる おもちゃの へいたいだ 「ソレ!とつげき」 アンアンアン とってもだいすきドラえもん  あんなとこいいな いけたらいいな このくに あのしま たくさんあるけど みんなみんなみんな いかせてくれる みらいのきかいで かなえてくれる せかいりょこうに いきたいな 「ウフフフ!どこでもドアー」 アンアンアン とってもだいすきドラえもん アンアンアン とってもだいすきドラえもんPLATINA LYLIC大杉久美子楠部工はばすすむ岩戸崇・菊池俊輔こんなこといいな できたらいいな あんなゆめ こんなゆめ いっぱいあるけど みんなみんなみんな かなえてくれる ふしぎなポッケで かなえてくれる そらをじゆうに とびたいな 「ハイ!タケコプター」 アンアンアン とってもだいすきドラえもん  しゅくだいとうばん しけんにおつかい あんなこと こんなこと たいへんだけど みんなみんなみんな たすけてくれる べんりなどうぐで たすけてくれる おもちゃの へいたいだ 「ソレ!とつげき」 アンアンアン とってもだいすきドラえもん  あんなとこいいな いけたらいいな このくに あのしま たくさんあるけど みんなみんなみんな いかせてくれる みらいのきかいで かなえてくれる せかいりょこうに いきたいな 「ウフフフ!どこでもドアー」 アンアンアン とってもだいすきドラえもん アンアンアン とってもだいすきドラえもん
ドラえもんの夢いねむりちょうちん はなちょうちん グースカ ピースカ みるゆめは ドラやきがたの くもにのり おかしのくにへ いくゆめさ おしろのおやねは チョコレート ホラホラ マシュマロ さいている むこうのおかに なないろの ジュースのおがわ みつけたよ  いねむりちょうちん はなちょうちん グースカ ピースカ みるゆめは ドラやきひとつ またひとつ たべてほしぞら とぶゆめさ みかづきバナナに こしかけて ホラホラ とどくよ おほしさま むこうのそらに キラキラリ ゆめのかけはし みつけたよ大杉久美子ばばすすむ菊池俊輔いねむりちょうちん はなちょうちん グースカ ピースカ みるゆめは ドラやきがたの くもにのり おかしのくにへ いくゆめさ おしろのおやねは チョコレート ホラホラ マシュマロ さいている むこうのおかに なないろの ジュースのおがわ みつけたよ  いねむりちょうちん はなちょうちん グースカ ピースカ みるゆめは ドラやきひとつ またひとつ たべてほしぞら とぶゆめさ みかづきバナナに こしかけて ホラホラ とどくよ おほしさま むこうのそらに キラキラリ ゆめのかけはし みつけたよ
ドラドラどこかにドラえもんヒゲがあっても ネコじゃない コロコロしてても パンダじゃない それはなにかと たずねたら みらいのロボット ドラえもん おやつのドラやき なくなってたら ちかくにかくれて いるはずさ さがしてこらんよ きみのへや ドラドラどこかに ドラえもん  そらをとぶけど とりじゃない おしゃべりするけど ひとじゃない それはなにかと たずねたら みらいのロボット ドラえもん つくえのひきだし ママにはないしょ もぐればいつでも にちようび さがしてこらんよ きみのへや ドラドラどこかに ドラえもん大杉久美子喜多條忠菊池俊輔ヒゲがあっても ネコじゃない コロコロしてても パンダじゃない それはなにかと たずねたら みらいのロボット ドラえもん おやつのドラやき なくなってたら ちかくにかくれて いるはずさ さがしてこらんよ きみのへや ドラドラどこかに ドラえもん  そらをとぶけど とりじゃない おしゃべりするけど ひとじゃない それはなにかと たずねたら みらいのロボット ドラえもん つくえのひきだし ママにはないしょ もぐればいつでも にちようび さがしてこらんよ きみのへや ドラドラどこかに ドラえもん
仲良しピグコとミドリちゃんぼくのだいじな おともだち みどり色した 小ちゃな子 笑顔の可愛いい 小ちゃな子 ピグコは大好き ミドリちゃん 二人で遊ぼう 大空で 楽しい遊びは 空の中 キラキラ星が 出る頃は さあ 行きましょう 夢の中  夢の中での できごとは 明日になれば 忘れちゃう 素敵なことでも 忘れちゃう だからいつまでも 夢の中 二人がつかんだ 幸せは 明日がきたって 消えないさ ピカピカ光る 友情は ほら 見せましょう お星さま  キラキラ星が いいました 二人はほんとに 仲良しね 宇宙でいちばん 仲良しね 百年たっても そのままで 二人がつないだ 小さな手 いつまでたっても はなさない キッズの星が 光るとき さあとび出そう 大空へ大杉久美子谷のぼる菊池俊輔ぼくのだいじな おともだち みどり色した 小ちゃな子 笑顔の可愛いい 小ちゃな子 ピグコは大好き ミドリちゃん 二人で遊ぼう 大空で 楽しい遊びは 空の中 キラキラ星が 出る頃は さあ 行きましょう 夢の中  夢の中での できごとは 明日になれば 忘れちゃう 素敵なことでも 忘れちゃう だからいつまでも 夢の中 二人がつかんだ 幸せは 明日がきたって 消えないさ ピカピカ光る 友情は ほら 見せましょう お星さま  キラキラ星が いいました 二人はほんとに 仲良しね 宇宙でいちばん 仲良しね 百年たっても そのままで 二人がつないだ 小さな手 いつまでたっても はなさない キッズの星が 光るとき さあとび出そう 大空へ
ねぇハットリくんハッハ ハッとすりゃ スタタのタ さかさで 天井を あるけりゃあ 宇宙を とんでる 気分だぞ そんな忍法 使ってみたいよ コンジョーなくてもできるかな ねぇ ハットリくんったらハットリくん まんまるめだまで すましていないで 教えてよ  ハッハ ハッとすりゃ パパパのパ 風より 速く 走れりゃあ スポーツカーでも おいこせる そんな忍法 使ってみたいよ シュギョウしたらばできるかな ねぇ ハットリくんったらハットリくん くるくるほっぺで すましていないで 教えてよ  ハッハ ハッとすりゃ シュシュシュのシュ たちまち 盗塁 していりゃあ ぼくも 野球の 大天才 そんな忍法 使ってみたいよ トックンしなくちゃダメかしら ねぇ ハットリくんったらハットリくん 口をへの字に すましていないで 教えてよ ハッハ ハッとすりゃ スタタのタ すましていないで 教えてよ大杉久美子若林一郎菊池俊輔菊池俊輔ハッハ ハッとすりゃ スタタのタ さかさで 天井を あるけりゃあ 宇宙を とんでる 気分だぞ そんな忍法 使ってみたいよ コンジョーなくてもできるかな ねぇ ハットリくんったらハットリくん まんまるめだまで すましていないで 教えてよ  ハッハ ハッとすりゃ パパパのパ 風より 速く 走れりゃあ スポーツカーでも おいこせる そんな忍法 使ってみたいよ シュギョウしたらばできるかな ねぇ ハットリくんったらハットリくん くるくるほっぺで すましていないで 教えてよ  ハッハ ハッとすりゃ シュシュシュのシュ たちまち 盗塁 していりゃあ ぼくも 野球の 大天才 そんな忍法 使ってみたいよ トックンしなくちゃダメかしら ねぇ ハットリくんったらハットリくん 口をへの字に すましていないで 教えてよ ハッハ ハッとすりゃ スタタのタ すましていないで 教えてよ
はみがきの歌歯みがき時間だ 歯をみがこう くるくる くるくる 歯をみがこう にっこり笑った 口もとに かわいい きれいな 歯がのぞく 食事の後に 歯みがき むし歯をおいだす 元気な子 なかよく みんなで 歯をみがこう  歯みがき時間だ 歯をみがこう くるくる くるくる 歯をみがこう 健康のもとは よい歯から 自分で守ろう 自分の歯 食事の後に おやつの後に 歯みがきじょうずな 元気な子 楽しく みんなで 歯をみがこう  歯みがき時間だ 歯をみがこう くるくる くるくる 歯をみがこう にっこり笑った 口もとに かわいい きれいな 歯がのぞく 食事の後に 歯みがき むし歯をおいだす 元気な子 なかよく みんなで 歯をみがこう大杉久美子伊久典子浜口都喜恵梅谷忠洋歯みがき時間だ 歯をみがこう くるくる くるくる 歯をみがこう にっこり笑った 口もとに かわいい きれいな 歯がのぞく 食事の後に 歯みがき むし歯をおいだす 元気な子 なかよく みんなで 歯をみがこう  歯みがき時間だ 歯をみがこう くるくる くるくる 歯をみがこう 健康のもとは よい歯から 自分で守ろう 自分の歯 食事の後に おやつの後に 歯みがきじょうずな 元気な子 楽しく みんなで 歯をみがこう  歯みがき時間だ 歯をみがこう くるくる くるくる 歯をみがこう にっこり笑った 口もとに かわいい きれいな 歯がのぞく 食事の後に 歯みがき むし歯をおいだす 元気な子 なかよく みんなで 歯をみがこう
ペリーヌものがたりルンルン ルルル ルンルン ルンルン ルルル ルンルン 春のかぜが やさしく やさしく ほほをなでる さあ泣くのはおよし ペリーヌ いつもの笑顔がもどったら きぼうの土地をめざして あるきだそう あるきだそう だけど 道はとおいよ ペリーヌ  ルンルン ルルル ルンルン ルンルン ルルル ルンルン 秋のよるは あかるく あかるく 空がひかる さあみあげてごらん ペリーヌ ひとりでくじけず いきてきた おまえをみまもる星が つよくかがやく つよくかがやく ほうら 幸福はすぐに ペリーヌ  ルンルン ルルル ルンルン ルンルン ルルル ルンルン 冬のかぜが はげしく はげしく 窓をゆらす もうこわくはないよ ぺリーヌ やさしい人たちが あたたかく うでのなかに だきしめて まもってくれる まもってくれる そうら 幸福がここに ペリーヌ大杉久美子つかさ圭渡辺岳夫松山祐士ルンルン ルルル ルンルン ルンルン ルルル ルンルン 春のかぜが やさしく やさしく ほほをなでる さあ泣くのはおよし ペリーヌ いつもの笑顔がもどったら きぼうの土地をめざして あるきだそう あるきだそう だけど 道はとおいよ ペリーヌ  ルンルン ルルル ルンルン ルンルン ルルル ルンルン 秋のよるは あかるく あかるく 空がひかる さあみあげてごらん ペリーヌ ひとりでくじけず いきてきた おまえをみまもる星が つよくかがやく つよくかがやく ほうら 幸福はすぐに ペリーヌ  ルンルン ルルル ルンルン ルンルン ルルル ルンルン 冬のかぜが はげしく はげしく 窓をゆらす もうこわくはないよ ぺリーヌ やさしい人たちが あたたかく うでのなかに だきしめて まもってくれる まもってくれる そうら 幸福がここに ペリーヌ
ペーターとわたし山羊のたいしょう ペーター おこっても ほんとはやさしい ペーター ふたりで チーズとパンを わけてたべたのね つりがねそうが ゆれていた日  山羊のたいしょう ペーター 口笛が とってもじょうずな ペーター ふたりで 山羊のアトリを たすけたのね 夕陽が山に まぶしかった日大杉久美子岸田衿子渡辺岳夫山羊のたいしょう ペーター おこっても ほんとはやさしい ペーター ふたりで チーズとパンを わけてたべたのね つりがねそうが ゆれていた日  山羊のたいしょう ペーター 口笛が とってもじょうずな ペーター ふたりで 山羊のアトリを たすけたのね 夕陽が山に まぶしかった日
まっててごらんもしも 小さな 小屋の戸があいたら 待っててごらん ほら あのこが かけて来る 二匹の 子山羊と いっしょに すきとおった ひざしの中を もしも 小さな 足音が聞こえたら 待っててごらん ほら あのこが かけてくる  もしも 遠くで こだまが答えたら 待っててごらん ほら あのこが 呼んでいる エーデルワイスの花輪を 青い空へ 投げあげながら もしも 遠くで こだまが答えたら 待っててごらん ほら あのこも 歌ってる大杉久美子岸田衿子渡辺岳夫松山祐士もしも 小さな 小屋の戸があいたら 待っててごらん ほら あのこが かけて来る 二匹の 子山羊と いっしょに すきとおった ひざしの中を もしも 小さな 足音が聞こえたら 待っててごらん ほら あのこが かけてくる  もしも 遠くで こだまが答えたら 待っててごらん ほら あのこが 呼んでいる エーデルワイスの花輪を 青い空へ 投げあげながら もしも 遠くで こだまが答えたら 待っててごらん ほら あのこも 歌ってる
まどをあけてはなたばのすきな アロア パトラッシュのすきな アロア きょうもよんでいる きっとよんでいる ポプラなみきのむこうで  いたずらのすきなアロア いちごあめのすきなアロア きょうもまっている きっとまっている まどをあけててをふって  むぎぶえをならす アロア おさなともだちの アロア しろいぼうしが しろいぼうしが とおくはなれてもみえてる大杉久美子岸田衿子渡辺岳夫松山祐士はなたばのすきな アロア パトラッシュのすきな アロア きょうもよんでいる きっとよんでいる ポプラなみきのむこうで  いたずらのすきなアロア いちごあめのすきなアロア きょうもまっている きっとまっている まどをあけててをふって  むぎぶえをならす アロア おさなともだちの アロア しろいぼうしが しろいぼうしが とおくはなれてもみえてる
もえるゆうひもえる雲を のこして いま しずむ しずむよ 大きな たいよう トウモロコシばたけも もえている もえている よびとめたいな あのしずむ たいよう まっておくれよ まっておくれよ もう少し  光の輪が うすれて いま きえる きえるよ 大きな たいよう トウモロコシばたけも くらくなる くらくなる よびとめたいな なつかしい たいよう もどっておくれよ もどっておくれよ もういちど大杉久美子岸田衿子渡辺岳夫もえる雲を のこして いま しずむ しずむよ 大きな たいよう トウモロコシばたけも もえている もえている よびとめたいな あのしずむ たいよう まっておくれよ まっておくれよ もう少し  光の輪が うすれて いま きえる きえるよ 大きな たいよう トウモロコシばたけも くらくなる くらくなる よびとめたいな なつかしい たいよう もどっておくれよ もどっておくれよ もういちど
夕方の歌こずえは そっとゆれていて 夕陽じゃ 山をそめていて だれかが 口笛ならしてる おいで 子山羊 もう かえろうよ あの みどりのもみの下へ  かねのね 遠くきえてゆき 星は 谷をてらしてる よつゆは こみちで光りだす おいで 子山羊 もう かえろうよ あの あかりの見える窓へ大杉久美子岸田衿子渡辺岳夫こずえは そっとゆれていて 夕陽じゃ 山をそめていて だれかが 口笛ならしてる おいで 子山羊 もう かえろうよ あの みどりのもみの下へ  かねのね 遠くきえてゆき 星は 谷をてらしてる よつゆは こみちで光りだす おいで 子山羊 もう かえろうよ あの あかりの見える窓へ
ユキとわたしまっしろな 子山羊 なまえは ユキ いつかしら はじめて あなたと であったのは そうね あの 泉のほとり 冷たい水を いっしょにのんだ日  かわいい 子山羊 なまえは ユキ いつかしら あなたと なかよしに なったのは そうね わたしのあとから 首のすずを ならしてついてきた日  そうね あの 泉のほとり 冷たい水を いっしょにのんだ日大杉久美子岸田衿子渡辺岳夫まっしろな 子山羊 なまえは ユキ いつかしら はじめて あなたと であったのは そうね あの 泉のほとり 冷たい水を いっしょにのんだ日  かわいい 子山羊 なまえは ユキ いつかしら あなたと なかよしに なったのは そうね わたしのあとから 首のすずを ならしてついてきた日  そうね あの 泉のほとり 冷たい水を いっしょにのんだ日
ロザリーは友だちロザリー ロザリー こんにちは ようきなあなたと 一緒にいると わたしはいつでも いつでも たのしくなるわ これからなにをして すごしましょうか 女の子らしく あみもの ししゅう それとも ダンス  ロザリー ロザリー ありがとう しごとがつらくて なきたいときも あなたの笑顔で 笑顔で はげまされるわ ひるのお休みは にれの木かげで バスケットあけて ジャムパン たまご つめたい ミルク  ロザリー ロザリー いらっしゃい きしべの小さな わたしの家へ うでをふるって ふるって ごちそうするわ 明日は日よう日 夜のふけるまで 女の子だから ゆかいなおしゃべり それからコーヒー  わたしはいつでも いつでも たのしくなるわ大杉久美子つかさ圭渡辺岳夫ロザリー ロザリー こんにちは ようきなあなたと 一緒にいると わたしはいつでも いつでも たのしくなるわ これからなにをして すごしましょうか 女の子らしく あみもの ししゅう それとも ダンス  ロザリー ロザリー ありがとう しごとがつらくて なきたいときも あなたの笑顔で 笑顔で はげまされるわ ひるのお休みは にれの木かげで バスケットあけて ジャムパン たまご つめたい ミルク  ロザリー ロザリー いらっしゃい きしべの小さな わたしの家へ うでをふるって ふるって ごちそうするわ 明日は日よう日 夜のふけるまで 女の子だから ゆかいなおしゃべり それからコーヒー  わたしはいつでも いつでも たのしくなるわ
わたしが不思議夕陽をおいかけて こんなに遠くまで かけてきました しらない内に もう帰ろうと 思ってみるけれど 身体がひとりでに 走ってゆくのです どうしてなんだろう つかれているのに だれがよぶんだろう 夕陽のむこうで わたし わたしが不思議 とても わたしが不思議 わたし わたしが不思議  泪がひとつぶも 残らないように 泣いてみました きのうの夜に だけどあなたを 思い出すたびに 泪が何度でも にじんでくるのです どうしてなんだろう 泣きたくないのに どこからくるんだろう 泪のしずくたち わたし わたしが不思議 とても わたしが不思議 わたし わたしが不思議大杉久美子武田鉄矢菊池俊輔菊池俊輔夕陽をおいかけて こんなに遠くまで かけてきました しらない内に もう帰ろうと 思ってみるけれど 身体がひとりでに 走ってゆくのです どうしてなんだろう つかれているのに だれがよぶんだろう 夕陽のむこうで わたし わたしが不思議 とても わたしが不思議 わたし わたしが不思議  泪がひとつぶも 残らないように 泣いてみました きのうの夜に だけどあなたを 思い出すたびに 泪が何度でも にじんでくるのです どうしてなんだろう 泣きたくないのに どこからくるんだろう 泪のしずくたち わたし わたしが不思議 とても わたしが不思議 わたし わたしが不思議
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. BIG BEAT
  2. この空がトリガー
  3. 緑の町に舞い降りて
  4. ミライ
  5. 銀のロザリオ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. アルジャーノン
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照