わたしが不思議

この曲の表示回数 12,898
歌手:

大杉久美子


作詞:

武田鉄矢


作曲:

菊池俊輔


夕陽をおいかけて こんなに遠くまで
かけてきました しらない内に
もう帰ろうと 思ってみるけれど
身体がひとりでに 走ってゆくのです
どうしてなんだろう つかれているのに
だれがよぶんだろう 夕陽のむこうで
わたし わたしが不思議
とても わたしが不思議
わたし わたしが不思議

泪がひとつぶも 残らないように
泣いてみました きのうの夜に
だけどあなたを 思い出すたびに
泪が何度でも にじんでくるのです
どうしてなんだろう 泣きたくないのに
どこからくるんだろう 泪のしずくたち
わたし わたしが不思議
とても わたしが不思議
わたし わたしが不思議
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:わたしが不思議 歌手:大杉久美子

大杉久美子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-07-20
商品番号:COCX-33275
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP