炎の女

この曲の表示回数 2,784

空に昇って 竜となれ
わたし真紅な 花となる
裸一貫 男の値打ち
上げる下げるも 女房の器量
港 若松 花と竜
生命炎やして ついてゆく

波が荒れたら 神棚に
両手合わせて 火打ち石
仁王立ちする あんたの姿
野暮な男に 真似などできぬ
港 若松 男花
妻という名に 賭ける意地

祭り太鼓が 鳴り響きゃ
舵の目傘(じゃのめ)投げ捨て 喧嘩山車(だし)
刺子(さしこ)半纏(はんてん) 背中にかけて
交わす目と目に 情けが通う
港 若松 花と竜
明日(あす)も咲かせる 夫婦花
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:炎の女 歌手:松原のぶえ

松原のぶえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989-10-21
商品番号:CA-4143
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP