北の傷歌

この曲の表示回数 9,839
歌手:

走裕介


作詞:

石原信一


作曲:

蔦将包


背中丸めて 燗酒あおる
窓に夜汽車の 過ぎる音
店の親父は 無口なままで
旅の男を かばうのか
いくつ線路を 越えたなら
胸の痛みが 遠ざかる
北へ 北へ 北へ流れても
おまえの泣き顔 傷跡うずく

襟を立てても 寒さがしみる
恋のすきまに 忍び込む
詫びる手紙の 言葉に迷い
風に名前を 呼んでみる
駄目な俺など 忘れろよ
無駄な想い出 捨ててくれ
北の 北の 北の街灯り
おまえの面影 傷跡浮かぶ

白い海原 遥かな空よ
なんて小さい 俺だろう
惚れた女に 倖せやれず
なにが男の 夢なのか
春をふたりで もう一度
探し出せるか 今ならば
北へ 北へ 北へ流れつき
おまえが欲しいと 傷跡叫ぶ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北の傷歌 歌手:走裕介

走裕介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-03-23
商品番号:COCA-17122
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP