紫陽花の詩

この曲の表示回数 6,931

女は紫陽花 みたいなの
涙に打たれ きれいになれると
恋を失くして 泣いている
私にそっと 言い聞かせて
守ってくれた 母さんでした

だんだん だんだん
無邪気に 戻るあなたを
今度は私が 守って生きます

母さんが 雨の中 紫陽花に水やりしてる
もういいよ 大丈夫
差し掛ける ちいさな傘よ

自分の心を 捨ててまで
女は家を 守るものですか
古い時代を つらぬいて
涙も見せず ただひたすら
育ててくれた 母さんでした

だんだん だんだん
忘れて しまうあなたが
哀しみ忘れて ゆけたらいいのに

母さんが 濡れながら 紫陽花に水やりしてる
もう部屋に 入ろうよ
抱き寄せる ちいさな肩よ

母さんが 優しげに 紫陽花に水やりしてる
大丈夫 大丈夫
抱き寄せる ちいさな肩よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:紫陽花の詩 歌手:上杉香緒里

上杉香緒里の新着情報

  • 暗夜の恋 / ♪お猪口を濡らした酒しずく
  • 風の酒 / ♪見えぬ相手に横風受けて
  • 鬼灯 / ♪夏の終わりの故郷の道で
  • 白い着物 / ♪女は生まれて死ぬまでに
  • 手鏡 / ♪ふたつに割れた手鏡に

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-10-21
商品番号:TECE-3355
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP