平舘哀歌

この曲の表示回数 17,904

汽笛ばかりで 沖行く船の
影も見えない 平舘(たいらだて)
いさりび海峡 男は懲(こ)りた
懲りて覚えた 酒なのに
隣りに誰かが いてくれりゃ
そんな弱音が ついほろり

潮(しお)のつぶてに 霙(みぞれ)がはしる
窓をきしませ 風が哭(な)く
おもかげ海峡 昨日も今日も
冬のさきぶれ 荒れ模様
故郷に残した 妹が
やけに恋しい こんな夜(よ)は

男らしさも ひと皮むけば
しょせん気儘(きまま)な 海つばめ
おんなの海峡 こぼれ陽させば
はるか蝦夷地(えぞち)の あの空に
小さな幸福(しあわせ) 抱けそうな
ちがう明日が 見えてくる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:平舘哀歌 歌手:上杉香緒里

上杉香緒里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-01-26
商品番号:TECA-11663
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP