×

北川大介の歌詞一覧リスト  86曲中 1-86曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
86曲中 1-86曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛してる…激しく君を見た瞬間(とき) こころの中を 赤い純情が 駆け抜けたのさ  寝ても覚めても 瞼(まぶた)にゆれる 君の微笑みが あの眼差(まなざ)しが 生命(いのち)を賭けてる 恋だから 一途に愛して… 激しく愛して… 雨に嵐に 打たれても 離したくない あゝこの手から  君が野に咲く 白百合ならば 俺のこの胸が 陽だまりなのさ ふたりが夢みた 恋だから 一途に愛して… 激しく愛して… やっと掴んだ 幸せを 守りつづけて あゝ生きてゆく  ひとり待つ身は 死ぬほど永い 逢えばこんなにも 時間が早い 一生一度の 恋だから 一途に愛して… 激しく愛して… たとえ世界が 滅びても 愛は消えない あゝ永遠に北川大介仁井谷俊也叶弦大君を見た瞬間(とき) こころの中を 赤い純情が 駆け抜けたのさ  寝ても覚めても 瞼(まぶた)にゆれる 君の微笑みが あの眼差(まなざ)しが 生命(いのち)を賭けてる 恋だから 一途に愛して… 激しく愛して… 雨に嵐に 打たれても 離したくない あゝこの手から  君が野に咲く 白百合ならば 俺のこの胸が 陽だまりなのさ ふたりが夢みた 恋だから 一途に愛して… 激しく愛して… やっと掴んだ 幸せを 守りつづけて あゝ生きてゆく  ひとり待つ身は 死ぬほど永い 逢えばこんなにも 時間が早い 一生一度の 恋だから 一途に愛して… 激しく愛して… たとえ世界が 滅びても 愛は消えない あゝ永遠に
哀愁のダナン北の入り江に夕日が浮かび 黒い瞳に映しだす 遠い昔の出来事なのか まるで昨日の幻か ダナン ダナン 忘れられない ダナン ダナン 哀愁のダナン…  冬を知らない南の国で 今もお前は息をする 揺れるランタン市場を抜けて そっと身体(からだ)を寄せあった ダナン ダナン だから逢いたい ダナン ダナン 哀愁のダナン…  旅の記憶で済ませるはずの 胸が疼(うず)いて離れない 無理に笑って背中で泣いた 別れ間際のエアポート ダナン ダナン 飛んでゆきたい ダナン ダナン 哀愁のダナン…北川大介伊藤薫叶弦大北の入り江に夕日が浮かび 黒い瞳に映しだす 遠い昔の出来事なのか まるで昨日の幻か ダナン ダナン 忘れられない ダナン ダナン 哀愁のダナン…  冬を知らない南の国で 今もお前は息をする 揺れるランタン市場を抜けて そっと身体(からだ)を寄せあった ダナン ダナン だから逢いたい ダナン ダナン 哀愁のダナン…  旅の記憶で済ませるはずの 胸が疼(うず)いて離れない 無理に笑って背中で泣いた 別れ間際のエアポート ダナン ダナン 飛んでゆきたい ダナン ダナン 哀愁のダナン…
哀愁の街港・長崎 なつかしい 出島あたりの なじみの店は 今日も夜霧に つつまれて ネオンまたたく 思案橋 行こかやめよか 思案にくれて いつも銅座に 朝がくる 今でもあの子は ひとりでいるか どこかで幸せ みつけたか 長崎は 長崎は 哀愁の街  赤いランタン 揺れていた 新地あたりの あの子の店に 今もボトルは あるだろか ふたり歩いた 眼鏡橋 旅の男に 惚れたら負けと 抱いた肩先 ふるえてた 涙と雨とで こころも濡れる 思い出ほろ酔い 石畳 長崎は 長崎は 哀愁の街  今でもあの子は ひとりでいるか どこかで幸せ みつけたか 長崎は 長崎は 哀愁の街北川大介喜多條忠叶弦大港・長崎 なつかしい 出島あたりの なじみの店は 今日も夜霧に つつまれて ネオンまたたく 思案橋 行こかやめよか 思案にくれて いつも銅座に 朝がくる 今でもあの子は ひとりでいるか どこかで幸せ みつけたか 長崎は 長崎は 哀愁の街  赤いランタン 揺れていた 新地あたりの あの子の店に 今もボトルは あるだろか ふたり歩いた 眼鏡橋 旅の男に 惚れたら負けと 抱いた肩先 ふるえてた 涙と雨とで こころも濡れる 思い出ほろ酔い 石畳 長崎は 長崎は 哀愁の街  今でもあの子は ひとりでいるか どこかで幸せ みつけたか 長崎は 長崎は 哀愁の街
愛をありがとうあなたの笑顔に いつも支えられ あしたを信じて 強く生きてきた 世界にひとつの 赤いバラの花 思いのすべてを こめて贈りたい アイラブユー アイラブユー 愛を 愛を ありがとう 真心は 真心で かえしたい あなたに逢えたことを 感謝しています  無情の嵐に 夢をくだかれて 悩んだ月日が 今は懐かしい 冬から春へと 季節(とき)はめぐるとも いとしいあなたを 守りつづけたい アイラブユー アイラブユー 愛を 愛を ありがとう 優しさは 優しさで こたえたい あなたに逢えたことを 感謝しています  アイラブユー アイラブユー 愛を 愛を ありがとう 喜びも 悲しみも 分かちたい あなたに逢えたことを 感謝しています  …愛をありがとう北川大介高畠じゅん子中川博之あなたの笑顔に いつも支えられ あしたを信じて 強く生きてきた 世界にひとつの 赤いバラの花 思いのすべてを こめて贈りたい アイラブユー アイラブユー 愛を 愛を ありがとう 真心は 真心で かえしたい あなたに逢えたことを 感謝しています  無情の嵐に 夢をくだかれて 悩んだ月日が 今は懐かしい 冬から春へと 季節(とき)はめぐるとも いとしいあなたを 守りつづけたい アイラブユー アイラブユー 愛を 愛を ありがとう 優しさは 優しさで こたえたい あなたに逢えたことを 感謝しています  アイラブユー アイラブユー 愛を 愛を ありがとう 喜びも 悲しみも 分かちたい あなたに逢えたことを 感謝しています  …愛をありがとう
アカシアの女前髪なおした ふりをして 涙を拭いてた 白い指… 今でもおぼえて 今でもおぼえて いるだろうか 重ねた唇 ぬくもりを 思い出させてアカシア アカシアの花が 花が舞う  すべてを捨てても 二人なら 幸せつかめる はずだった… 今さら詫びても 今さら詫びても 遅すぎる 一途に愛して くれたやつ 揺れるせつなさアカシア アカシアの花が 風に散る  ふたりの写真も 色褪せて 寄り添う笑顔の 愛おしさ… 今ならおまえを 今ならおまえを 離さない 煙草の煙りの ほろ苦さ 男心にアカシア アカシアの花が 花が舞う北川大介麻こよみ叶弦大前髪なおした ふりをして 涙を拭いてた 白い指… 今でもおぼえて 今でもおぼえて いるだろうか 重ねた唇 ぬくもりを 思い出させてアカシア アカシアの花が 花が舞う  すべてを捨てても 二人なら 幸せつかめる はずだった… 今さら詫びても 今さら詫びても 遅すぎる 一途に愛して くれたやつ 揺れるせつなさアカシア アカシアの花が 風に散る  ふたりの写真も 色褪せて 寄り添う笑顔の 愛おしさ… 今ならおまえを 今ならおまえを 離さない 煙草の煙りの ほろ苦さ 男心にアカシア アカシアの花が 花が舞う
あなたのすべてを名前も知らない あなたとわたし なのに不思議ね むねがときめく 恋はこうして 生まれるものなのね 教えてほしい あなたのすべてを 今宵ひとりでうたう あなたへのうた  はじめて逢った あの日から わたしのこころを はなれない これがほんとの 恋というものかしら 教えてほしい あなたのすべてを 今宵ひとりでおもう あなただけのこと  こんど逢えるのは いつの日かしら あなたと逢った この店で あしたもわたしは そっとあなたを待つの 教えてほしい あなたのすべてを 今宵ひとりでうたう あなたへのうた あなたへの愛 あなたへのうた北川大介佐々木勉佐々木勉名前も知らない あなたとわたし なのに不思議ね むねがときめく 恋はこうして 生まれるものなのね 教えてほしい あなたのすべてを 今宵ひとりでうたう あなたへのうた  はじめて逢った あの日から わたしのこころを はなれない これがほんとの 恋というものかしら 教えてほしい あなたのすべてを 今宵ひとりでおもう あなただけのこと  こんど逢えるのは いつの日かしら あなたと逢った この店で あしたもわたしは そっとあなたを待つの 教えてほしい あなたのすべてを 今宵ひとりでうたう あなたへのうた あなたへの愛 あなたへのうた
雨の酒場町色とりどりの 灯りがにじむよ 露地裏(ろじうら)に ひっそりと 咲かせた愛の花 おまえの喜びが おれの生きがいさ そんな気持にさせたのは させたのは 水割り 恋唄 雨の酒場町  やすらぐ酒で ブルースを踊る 揺れながら もたれてる お前がいとおしい 甘えていいんだよ 夢をみるがいい 夢で女ははばたける はばたける 虹色 カクテル 雨の酒場町  そぼ降る雨は ざわめき閉ざして 真夜中の 舗道には ふたつの長い影 このまま鳥になり 飛んでゆくもいい いつか帰ってくればいい くればいい 占い 外燈 雨の酒場町北川大介いではく叶弦大色とりどりの 灯りがにじむよ 露地裏(ろじうら)に ひっそりと 咲かせた愛の花 おまえの喜びが おれの生きがいさ そんな気持にさせたのは させたのは 水割り 恋唄 雨の酒場町  やすらぐ酒で ブルースを踊る 揺れながら もたれてる お前がいとおしい 甘えていいんだよ 夢をみるがいい 夢で女ははばたける はばたける 虹色 カクテル 雨の酒場町  そぼ降る雨は ざわめき閉ざして 真夜中の 舗道には ふたつの長い影 このまま鳥になり 飛んでゆくもいい いつか帰ってくればいい くればいい 占い 外燈 雨の酒場町
アメリカ橋風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって― アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋(う)めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった― アメリカ橋のたもと 黄昏(たそがれ)が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群(むれ)人の群 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春北川大介山口洋子平尾昌晃風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって― アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋(う)めた街 角部屋の灯り 石だたみ石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった― アメリカ橋のたもと 黄昏(たそがれ)が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群(むれ)人の群 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
うそ折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女(ひと) 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの 恋なのに あー エプロン姿が よく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 哀しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣装は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んでは いけないよ あー 帰りの車も 気をつけて ひとりの身体(からだ)じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の うまい人北川大介山口洋子平尾昌晃折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女(ひと) 出来たのね 出来たのね あー 半年あまりの 恋なのに あー エプロン姿が よく似合う 爪もそめずに いてくれと 女があとから 泣けるよな 哀しい嘘の つける人  あなた残した わるいくせ 夜中に電話 かけるくせ 鍵をかけずに ねむるくせ ねむるくせ あー 一緒になる気も ないくせに あー 花嫁衣装は どうするの 僕は着物が 好きだよと あついくちづけ くれながら 冷たい嘘の つける人  あー あんまり飲んでは いけないよ あー 帰りの車も 気をつけて ひとりの身体(からだ)じゃ ないなんて 女がほろりと くるような 優しい嘘の うまい人
噂の湘南漁師町サーファー娘の 潮焼け素顔 海の仲間は 誰もが好きさ あの娘(こ)泣かせば 時化(しけ)になる そんな噂の湘南漁師町 ソーナンダ ソーナンダ (ソーナンダ ソーナンダ ソーナンダ) それじゃ一丁 守ってやろうぜ  あの娘(こ)を見かけりゃ 波立つこころ 誰と結ぶか 舫(もや)いの綱を 白いヨットか 漁船(さかなぶね) そんな噂の湘南漁師町 ソーナンダ ソーナンダ (ソーナンダ ソーナンダ ソーナンダ) それじゃ一丁 名乗りを上げるぜ  カモメが集まり 騒いでいるよ 漁船(ふね)にあの娘(こ)が 乗るんだなんて どこの誰だよ にくい男(やつ) そんな噂の湘南漁師町 ソーナンダ ソーナンダ (ソーナンダ ソーナンダ ソーナンダ) それじゃ一丁 祝ってやろうぜ北川大介はまだゆうこう岡千秋サーファー娘の 潮焼け素顔 海の仲間は 誰もが好きさ あの娘(こ)泣かせば 時化(しけ)になる そんな噂の湘南漁師町 ソーナンダ ソーナンダ (ソーナンダ ソーナンダ ソーナンダ) それじゃ一丁 守ってやろうぜ  あの娘(こ)を見かけりゃ 波立つこころ 誰と結ぶか 舫(もや)いの綱を 白いヨットか 漁船(さかなぶね) そんな噂の湘南漁師町 ソーナンダ ソーナンダ (ソーナンダ ソーナンダ ソーナンダ) それじゃ一丁 名乗りを上げるぜ  カモメが集まり 騒いでいるよ 漁船(ふね)にあの娘(こ)が 乗るんだなんて どこの誰だよ にくい男(やつ) そんな噂の湘南漁師町 ソーナンダ ソーナンダ (ソーナンダ ソーナンダ ソーナンダ) それじゃ一丁 祝ってやろうぜ
大阪で生まれた女踊り疲れたディスコの帰り これで青春も終わりかなとつぶやいて あなたの肩をながめながら やせたなと思ったら泣けてきた 大阪で生まれた女やさかい 大阪の街よう捨てん 大阪で生まれた女やさかい 東京へはようついていかん 踊り疲れたディスコの帰り 電信柱にしみついた夜  たどりついたら一人の部屋 裸電球をつけたけど又消して あなたの顔を思い出しながら 終わりかなと思ったら泣けてきた 大阪で生まれた女やけど 大阪の街を出よう 大阪で生まれた女やけど あなたについて行こうと決めた たどりついたら一人の部屋 青春に心をふるわせた部屋  大阪で生まれた女が今日 大阪をあとにするけど 大阪は今日も活気にあふれ 又どこからか人が来る ふり返るとそこは灰色のまち 青春のかけらをおき忘れたまち 青春のかけらをおき忘れたまち北川大介BOROBORO踊り疲れたディスコの帰り これで青春も終わりかなとつぶやいて あなたの肩をながめながら やせたなと思ったら泣けてきた 大阪で生まれた女やさかい 大阪の街よう捨てん 大阪で生まれた女やさかい 東京へはようついていかん 踊り疲れたディスコの帰り 電信柱にしみついた夜  たどりついたら一人の部屋 裸電球をつけたけど又消して あなたの顔を思い出しながら 終わりかなと思ったら泣けてきた 大阪で生まれた女やけど 大阪の街を出よう 大阪で生まれた女やけど あなたについて行こうと決めた たどりついたら一人の部屋 青春に心をふるわせた部屋  大阪で生まれた女が今日 大阪をあとにするけど 大阪は今日も活気にあふれ 又どこからか人が来る ふり返るとそこは灰色のまち 青春のかけらをおき忘れたまち 青春のかけらをおき忘れたまち
小樽夢見坂あなたが 背のびした 真似して 背のびした 何が見えると あなたが訊いた 未来(あした)が見えると 私が答える ララララ小樽 坂の町 小樽 ララララ小樽 めぐり逢い 月日を重ね 愛を彩(いろど)る 二人の町よ  鴎が はばたいた ヨットが 真似をした 何が見えると 鴎が訊いた 希望が見えると ヨットが答える ララララ小樽 港町 小樽 ララララ小樽 抱きしめて 抱きしめられて 愛が旅立つ ロマンの町よ  二人で 背のびした 雪あかりの路で 何が見えると ガス灯訊いた 昔が見えると キャンドル答える ララララ小樽 夢見坂 小樽 ララララ小樽 浮世絵と ガラスの色の 愛が揺れてる 運河の町よ北川大介星野哲郎中川博之あなたが 背のびした 真似して 背のびした 何が見えると あなたが訊いた 未来(あした)が見えると 私が答える ララララ小樽 坂の町 小樽 ララララ小樽 めぐり逢い 月日を重ね 愛を彩(いろど)る 二人の町よ  鴎が はばたいた ヨットが 真似をした 何が見えると 鴎が訊いた 希望が見えると ヨットが答える ララララ小樽 港町 小樽 ララララ小樽 抱きしめて 抱きしめられて 愛が旅立つ ロマンの町よ  二人で 背のびした 雪あかりの路で 何が見えると ガス灯訊いた 昔が見えると キャンドル答える ララララ小樽 夢見坂 小樽 ララララ小樽 浮世絵と ガラスの色の 愛が揺れてる 運河の町よ
男たちの純情歌男が心底 惚れる女(ひと) 恥ずかしがり屋で 出しゃばらず いつでも三歩(さんぽ) 後ろを歩き 笑顔がこぼれりゃ それでいい 昭和時代の 恋だとか 笑わば 笑え 俺は俺 心で抱けば 心で抱けば 男と女は それでいい  男がぐらりと 酔った時 心の真綿で 包み込み 子供のように その懐(ふところ)で 泣かせてくれたら それでいい 昭和時代の 生き方を 笑わば 笑え 俺は俺 涙もいいさ 涙もいいさ 男と女は それでいい  昭和時代の 恋だとか 笑わば 笑え 俺は俺 心で抱けば 心で抱けば 男と女は それでいい北川大介荒木とよひさ平尾昌晃男が心底 惚れる女(ひと) 恥ずかしがり屋で 出しゃばらず いつでも三歩(さんぽ) 後ろを歩き 笑顔がこぼれりゃ それでいい 昭和時代の 恋だとか 笑わば 笑え 俺は俺 心で抱けば 心で抱けば 男と女は それでいい  男がぐらりと 酔った時 心の真綿で 包み込み 子供のように その懐(ふところ)で 泣かせてくれたら それでいい 昭和時代の 生き方を 笑わば 笑え 俺は俺 涙もいいさ 涙もいいさ 男と女は それでいい  昭和時代の 恋だとか 笑わば 笑え 俺は俺 心で抱けば 心で抱けば 男と女は それでいい
男と女黄昏の桟橋は ブルースがよく似合う すり切れた胸のきず 包んでくれる かりそめの恋をして 浮かれてたあの頃が やるせなく 今も 今も よみがえる 酔いしれて 酔いどれて ほろ苦い酒になる 男と女  霧雨の桟橋は ガス燈がよく似合う 振り向けば貨物船 淋しくむせぶ もう一度逢えるなら もう二度と離さない 抱きしめて 愛を 愛を 伝えたい 帰りたい 帰れない おもいでを置き去りに 男と女  かりそめの恋をして 浮かれてたあの頃が やるせなく 今も 今も よみがえる 酔いしれて 酔いどれて ほろ苦い酒になる 男と女北川大介たきのえいじ叶弦大黄昏の桟橋は ブルースがよく似合う すり切れた胸のきず 包んでくれる かりそめの恋をして 浮かれてたあの頃が やるせなく 今も 今も よみがえる 酔いしれて 酔いどれて ほろ苦い酒になる 男と女  霧雨の桟橋は ガス燈がよく似合う 振り向けば貨物船 淋しくむせぶ もう一度逢えるなら もう二度と離さない 抱きしめて 愛を 愛を 伝えたい 帰りたい 帰れない おもいでを置き去りに 男と女  かりそめの恋をして 浮かれてたあの頃が やるせなく 今も 今も よみがえる 酔いしれて 酔いどれて ほろ苦い酒になる 男と女
男の背中男の肩と 背中には むかしの影が ゆれている 恋も 涙も 悲しみも だれにも言えない 傷あとも ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日(あす)をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど  男の胸の おくのおく そのときどきの 夢がある 過去も未来も ぼんやりと 忘れてしまう ときがある ゆらゆらゆら タバコのけむり 見つめて 愛に ゆれながら おまえのあまい かおりの中で 休む日もある  ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど北川大介中山大三郎中山大三郎男の肩と 背中には むかしの影が ゆれている 恋も 涙も 悲しみも だれにも言えない 傷あとも ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日(あす)をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど  男の胸の おくのおく そのときどきの 夢がある 過去も未来も ぼんやりと 忘れてしまう ときがある ゆらゆらゆら タバコのけむり 見つめて 愛に ゆれながら おまえのあまい かおりの中で 休む日もある  ゆらゆらゆら とまり木ゆれて グラスの底に 明日をみる おまえはそんな 男の姿 気付かないけど
おまえが港あなたの夢の お手伝い 出来たらそれで 良いと言う 俺には過ぎた いい女さ 離さない 離さない 最後はおまえが 港だよ  うなじに頬を 寄せるとき 恥らう仕種 いとおしさ ふたりはいつか 逢うさだめ 辛くても 辛くても 最後はおまえが 港だよ  若さの故の 寂しさを 分けあうだけの 恋じゃない 世間が許す 日も来るさ 辿り着く 辿り着く 最後はおまえが 港だよ北川大介高畠じゅん子夏川寿里亜あなたの夢の お手伝い 出来たらそれで 良いと言う 俺には過ぎた いい女さ 離さない 離さない 最後はおまえが 港だよ  うなじに頬を 寄せるとき 恥らう仕種 いとおしさ ふたりはいつか 逢うさだめ 辛くても 辛くても 最後はおまえが 港だよ  若さの故の 寂しさを 分けあうだけの 恋じゃない 世間が許す 日も来るさ 辿り着く 辿り着く 最後はおまえが 港だよ
おまえだけなのさおまえだけなのさ 愛しているのは 赤いこの糸を 離しちゃだめだよ 今は幸せ 遠いけど 願いは叶うさ あきらめないで おまえだけなのさ 信じて欲しいよ 遊びじゃないんだ 本気だよ  人の人生は 旅だと言うけど 巡り逢うための 各駅停車か あってないよな ふるさとを 思っただけでも 心が痛む おまえしかいない やすらぐところは 生きてく支えで いて欲しい  おまえだけなのさ 待っててくれるね 細いその指に 指輪を飾るよ 誰もさびしさ 秘めながら この世で一度の 生命を燃やす おまえだけなのさ ひとりにしないよ 男の涙は 本気だよ 北川大介高畠じゅん子夏川寿里亜おまえだけなのさ 愛しているのは 赤いこの糸を 離しちゃだめだよ 今は幸せ 遠いけど 願いは叶うさ あきらめないで おまえだけなのさ 信じて欲しいよ 遊びじゃないんだ 本気だよ  人の人生は 旅だと言うけど 巡り逢うための 各駅停車か あってないよな ふるさとを 思っただけでも 心が痛む おまえしかいない やすらぐところは 生きてく支えで いて欲しい  おまえだけなのさ 待っててくれるね 細いその指に 指輪を飾るよ 誰もさびしさ 秘めながら この世で一度の 生命を燃やす おまえだけなのさ ひとりにしないよ 男の涙は 本気だよ 
おまえを連れてこころのどこかで 探してた 生きる幸せやすらぎ くれる女(ひと) おまえと行きたい… 潮の香りにむせび哭く あの霧笛 俺の育った 街だから 連れてゆきたい… 港まち神戸  いとしい想いが この胸に じんと募るよ日毎に 嘘じゃない おまえとふたりで… 夜の元町・三宮 歩こうか ちょっとオシャレな あの酒場 連れてゆきたい… 想い出の神戸  あの夜(よ)の出逢いが なかったら 夢にはぐれていただろ 今頃は おまえに見せたい… 船の灯りが揺れている 北埠頭 俺の愛した 街だから 連れてゆきたい… 港まち神戸北川大介仁井谷俊也叶弦大こころのどこかで 探してた 生きる幸せやすらぎ くれる女(ひと) おまえと行きたい… 潮の香りにむせび哭く あの霧笛 俺の育った 街だから 連れてゆきたい… 港まち神戸  いとしい想いが この胸に じんと募るよ日毎に 嘘じゃない おまえとふたりで… 夜の元町・三宮 歩こうか ちょっとオシャレな あの酒場 連れてゆきたい… 想い出の神戸  あの夜(よ)の出逢いが なかったら 夢にはぐれていただろ 今頃は おまえに見せたい… 船の灯りが揺れている 北埠頭 俺の愛した 街だから 連れてゆきたい… 港まち神戸
想い出はマロニエまぶた閉じれば すぐ逢える たどる面影 こぼれるせつなさよ 夜にまぎれて 肩先を 抱けばかすかに 震えてた マロニエ マロニエ 花の香りに ふと振り向けば どこか良く似た ああ うしろ影  人に知れたら 散る恋と 知っていながら なおさら燃えた恋 無理におまえを 奪っても いつかは不幸に するようで マロニエ マロニエ 花の香りの あのぬくもりが 忘れられない ああ 今もなお  今度生まれて くる時は きっと最初に おまえと出会いたい 二人どんなに 愛しても 変えられなかった 運命(さだめ)まで マロニエ マロニエ 花の香りに ふと名を呼べば 男心が ああ 泣ける夜北川大介麻こよみ叶弦大まぶた閉じれば すぐ逢える たどる面影 こぼれるせつなさよ 夜にまぎれて 肩先を 抱けばかすかに 震えてた マロニエ マロニエ 花の香りに ふと振り向けば どこか良く似た ああ うしろ影  人に知れたら 散る恋と 知っていながら なおさら燃えた恋 無理におまえを 奪っても いつかは不幸に するようで マロニエ マロニエ 花の香りの あのぬくもりが 忘れられない ああ 今もなお  今度生まれて くる時は きっと最初に おまえと出会いたい 二人どんなに 愛しても 変えられなかった 運命(さだめ)まで マロニエ マロニエ 花の香りに ふと名を呼べば 男心が ああ 泣ける夜
想いで迷子愛に溺れて あなたに疲れ 生きることにも ため息ついて ひとり口紅 ふきとるだけの 生き方だけなら 淋しい こんな夜には 少しお酒で 涙の相手しましょう そしてぬけがらパジャマ あなたのかわりに 時はあしたを連れてくるけど 過去のどこかで迷子になってる  夢のつづきを 誰かに見ても 若くないから あしたが恐い 綺麗ごとなら 愛するだけで 本当は何にも いらない だから鏡に映る わたしに 想いでばなし しましょう そして枕を抱いて あなたのかわりに 時はあなたの移り香だけを 今もこの部屋残しているから  こんな夜には 少しお酒で 涙の相手しましょう そしてぬけがらパジャマ あなたのかわりに 時はあしたを連れてくるけど 過去のどこかで迷子になってる北川大介荒木とよひさ三木たかし愛に溺れて あなたに疲れ 生きることにも ため息ついて ひとり口紅 ふきとるだけの 生き方だけなら 淋しい こんな夜には 少しお酒で 涙の相手しましょう そしてぬけがらパジャマ あなたのかわりに 時はあしたを連れてくるけど 過去のどこかで迷子になってる  夢のつづきを 誰かに見ても 若くないから あしたが恐い 綺麗ごとなら 愛するだけで 本当は何にも いらない だから鏡に映る わたしに 想いでばなし しましょう そして枕を抱いて あなたのかわりに 時はあなたの移り香だけを 今もこの部屋残しているから  こんな夜には 少しお酒で 涙の相手しましょう そしてぬけがらパジャマ あなたのかわりに 時はあしたを連れてくるけど 過去のどこかで迷子になってる
おれでよければ風のたよりに 噂きいたよ いまでも ひとりだってね 生きてる限り 幸せなんて 少ないものさ もしもあのとき 勇気があれば こんな苦労は させなかったよ おれでよければ おれでよければ いっしょに 暮らさないか  涙こらえて 生きることが 似合うと 君はいうけど ときが過ぎれば 季節も変わり 心を開くだろう 風に吹かれて 散る花よりも やせた君のことが 気がかり おれでよければ おれでよければ いっしょに 暮らさないか  冷たい風が 肩を吹きぬけ 夜更けの 街に消えるよ こんなときには 人は誰でも ぬくもり求めるのさ 愛に身をよせ 傷をいやし やがてめぐる 春をまてばいい おれでよければ おれでよければ いっしょに 暮らさないか北川大介四方章人四方章人風のたよりに 噂きいたよ いまでも ひとりだってね 生きてる限り 幸せなんて 少ないものさ もしもあのとき 勇気があれば こんな苦労は させなかったよ おれでよければ おれでよければ いっしょに 暮らさないか  涙こらえて 生きることが 似合うと 君はいうけど ときが過ぎれば 季節も変わり 心を開くだろう 風に吹かれて 散る花よりも やせた君のことが 気がかり おれでよければ おれでよければ いっしょに 暮らさないか  冷たい風が 肩を吹きぬけ 夜更けの 街に消えるよ こんなときには 人は誰でも ぬくもり求めるのさ 愛に身をよせ 傷をいやし やがてめぐる 春をまてばいい おれでよければ おれでよければ いっしょに 暮らさないか
帰れないのさ如月・北国 暖炉のへやで 帰ってきてねと すがった女よ うなずきながら 抱きしめながら 帰れないのさ 東京ぐらし あー罪な 罪な男さ  夜汽車と一緒に ホームを駆けた 泣き顔あの顔 忘れちゃいない あれから冬は いくつも過ぎた ゆめもこなごな ネオンに消えた あー罪な 罪な男さ  新宿・裏町 グラスに揺れる ふるさと雪国 あのひと恋し この愛いまも 変わりはしない 春にかならず 迎えに帰る あー罪な 罪な男さ北川大介坂田あふる原譲二如月・北国 暖炉のへやで 帰ってきてねと すがった女よ うなずきながら 抱きしめながら 帰れないのさ 東京ぐらし あー罪な 罪な男さ  夜汽車と一緒に ホームを駆けた 泣き顔あの顔 忘れちゃいない あれから冬は いくつも過ぎた ゆめもこなごな ネオンに消えた あー罪な 罪な男さ  新宿・裏町 グラスに揺れる ふるさと雪国 あのひと恋し この愛いまも 変わりはしない 春にかならず 迎えに帰る あー罪な 罪な男さ
影法師人の優しさ 恋しい晩(よる)は 男泣きする 切ない胸が この身をつつむ ぬくもりならば 愛じゃなくても 信じあえる  心の傷なら 酒でもくらって 詫びたい人なら この手を合わせて 淋しさこらえた おまえの横顔 過去(きのう)をひきずる そんな影法師  胸に灯(あかり)を ともした晩(よる)は 想い出だけが 心のねぐら 夢がちぎれて ひとりでいても 誰かを抱けば 忘れられる  心の傷なら 涙で洗って 逢いたい人なら この瞳(め)をつぶって 淋しい背中が お前の人生 過去(きのう)をひきずる そんな影法師  心の傷なら 酒でもくらって 詫びたい人なら この手を合わせて 淋しさこらえた おまえの横顔 過去(きのう)をひきずる そんな影法師北川大介荒木とよひさ堀内孝雄人の優しさ 恋しい晩(よる)は 男泣きする 切ない胸が この身をつつむ ぬくもりならば 愛じゃなくても 信じあえる  心の傷なら 酒でもくらって 詫びたい人なら この手を合わせて 淋しさこらえた おまえの横顔 過去(きのう)をひきずる そんな影法師  胸に灯(あかり)を ともした晩(よる)は 想い出だけが 心のねぐら 夢がちぎれて ひとりでいても 誰かを抱けば 忘れられる  心の傷なら 涙で洗って 逢いたい人なら この瞳(め)をつぶって 淋しい背中が お前の人生 過去(きのう)をひきずる そんな影法師  心の傷なら 酒でもくらって 詫びたい人なら この手を合わせて 淋しさこらえた おまえの横顔 過去(きのう)をひきずる そんな影法師
金沢発海沿いの道… バス揺られ ひとり旅… あぁ女のネ 夏が落とした 泪とさ 夕焼けを… あぁ 見ながらネ 別れちまった あの人と 去ってしまった 金沢も 二度と戻らぬ つもりです 金沢発での… 女旅  七尾線にて… 能登へ行く ひとり旅… あぁ女のネ 夏が残した 紅葉の 窓を見て… あぁ ため息ネ うんと笑った 泣いた日も 何か涙が 出て来ちゃう 遠くなってく 金沢が 先が見えない… 女旅  糸魚川から… 直江津へ ひとり旅… あぁ女のネ 北へ北へと 何故向かう 逃げてない… あぁ ツラいだけ ふたり暮らした 金沢で 惚れちゃいけない 男(ひと)だった 子供だったの 今‥わかる 想い出 背中に… 女旅北川大介吉幾三吉幾三海沿いの道… バス揺られ ひとり旅… あぁ女のネ 夏が落とした 泪とさ 夕焼けを… あぁ 見ながらネ 別れちまった あの人と 去ってしまった 金沢も 二度と戻らぬ つもりです 金沢発での… 女旅  七尾線にて… 能登へ行く ひとり旅… あぁ女のネ 夏が残した 紅葉の 窓を見て… あぁ ため息ネ うんと笑った 泣いた日も 何か涙が 出て来ちゃう 遠くなってく 金沢が 先が見えない… 女旅  糸魚川から… 直江津へ ひとり旅… あぁ女のネ 北へ北へと 何故向かう 逃げてない… あぁ ツラいだけ ふたり暮らした 金沢で 惚れちゃいけない 男(ひと)だった 子供だったの 今‥わかる 想い出 背中に… 女旅
北に生まれたその女は海鳴り 燈台 ちぎれる汽笛 ここはよくある 港の五番町 はぐれた恋と 昔の傷を 癒してくれる そんな酒場(みせ)がある  ああ 北に生まれたその女(ひと)は ああ 情け上手な泣きぼくろ 名前は幸子の 幸という 酔わしちゃって 酔わされて 口説いちゃって 口説かれて あとは知らない 夢ん中  止まり木 水割 流行(はや)りの演歌 ふらりのぞいた 港のネオン町 男の背中 グラスをゆらし 酔わせてくれる そんな酒場(みせ)がある  ああ 北に生まれたその女(ひと)は ああ ハマナス色の口紅で 名前は雪子の 雪という 絡(から)んじゃって 絡(から)まれて 泣かしちゃって 泣かされて あとは知らない 夢ん中  ああ 北に生まれたその女(ひと)は ああ 情け上手な泣きぼくろ 名前は幸子の 幸という 酔わしちゃって 酔わされて 口説いちゃって 口説かれて あとは知らない 夢ん中北川大介荒木とよひさ中川博之海鳴り 燈台 ちぎれる汽笛 ここはよくある 港の五番町 はぐれた恋と 昔の傷を 癒してくれる そんな酒場(みせ)がある  ああ 北に生まれたその女(ひと)は ああ 情け上手な泣きぼくろ 名前は幸子の 幸という 酔わしちゃって 酔わされて 口説いちゃって 口説かれて あとは知らない 夢ん中  止まり木 水割 流行(はや)りの演歌 ふらりのぞいた 港のネオン町 男の背中 グラスをゆらし 酔わせてくれる そんな酒場(みせ)がある  ああ 北に生まれたその女(ひと)は ああ ハマナス色の口紅で 名前は雪子の 雪という 絡(から)んじゃって 絡(から)まれて 泣かしちゃって 泣かされて あとは知らない 夢ん中  ああ 北に生まれたその女(ひと)は ああ 情け上手な泣きぼくろ 名前は幸子の 幸という 酔わしちゃって 酔わされて 口説いちゃって 口説かれて あとは知らない 夢ん中
北の終着駅俺の小指を噛んで ここで死んでもいいと 声にならない言葉が 胸に痛くて愛しい 二度ともどれぬ恋に 過去の暮らしは捨てて 北の何処(どこ)かへ流れ 生命(いのち)の限りに生きよう  たとえそれが貧しく 帰るところを無くしても 悲しみがついてこない 終着駅ならば 倖せうすい 倖せうすい お前を連れて  俺と出逢ったことは きっと苦しみばかり ついてくるなと叱れば もっとお前は傷つく どんなことにも耐えて 愛に生きたいならば 北の夜汽車でふたり この世の果てまで逃げよう  たとえ春を知らずに 報(むく)われる日がこなくても 悲しみがついてこない 終着駅ならば 微笑(ほほえ)みうすい 微笑みうすい お前を連れて  たとえそれが貧しく 帰るところを無くしても 悲しみがついてこない 終着駅ならば 倖せうすい 倖せうすい お前を連れて 北川大介荒木とよひさ中川博之俺の小指を噛んで ここで死んでもいいと 声にならない言葉が 胸に痛くて愛しい 二度ともどれぬ恋に 過去の暮らしは捨てて 北の何処(どこ)かへ流れ 生命(いのち)の限りに生きよう  たとえそれが貧しく 帰るところを無くしても 悲しみがついてこない 終着駅ならば 倖せうすい 倖せうすい お前を連れて  俺と出逢ったことは きっと苦しみばかり ついてくるなと叱れば もっとお前は傷つく どんなことにも耐えて 愛に生きたいならば 北の夜汽車でふたり この世の果てまで逃げよう  たとえ春を知らずに 報(むく)われる日がこなくても 悲しみがついてこない 終着駅ならば 微笑(ほほえ)みうすい 微笑みうすい お前を連れて  たとえそれが貧しく 帰るところを無くしても 悲しみがついてこない 終着駅ならば 倖せうすい 倖せうすい お前を連れて 
北の昴北の夜空に 冴え冴えと 煌めく昴が 道標 夢をも一度 あたためて 歩き続ける ひとすじの… この道歩けば いつの日か 貴女に貴女に 会えるだろうか  燃える焚火に 手をかざし 故郷遥か しのぶ夜 たとえ荒れ野に 散ろうとも 行く手畏れぬ ひとすじの… この道歩けば いつの日か 貴女に貴女に 会えるだろうか  雲の切れ間に 青白く 瞬く昴の 凛りしさよ せめて自分を 騙さずに 歩き続ける ひとすじの… この道 歩けば いつの日か 貴女に 貴女に 会えるだろうか北川大介麻こよみ叶弦大北の夜空に 冴え冴えと 煌めく昴が 道標 夢をも一度 あたためて 歩き続ける ひとすじの… この道歩けば いつの日か 貴女に貴女に 会えるだろうか  燃える焚火に 手をかざし 故郷遥か しのぶ夜 たとえ荒れ野に 散ろうとも 行く手畏れぬ ひとすじの… この道歩けば いつの日か 貴女に貴女に 会えるだろうか  雲の切れ間に 青白く 瞬く昴の 凛りしさよ せめて自分を 騙さずに 歩き続ける ひとすじの… この道 歩けば いつの日か 貴女に 貴女に 会えるだろうか
北のひだまりたばこ一服 ふかせば遠く 線路の向こうに 陽がしずむ 胸の夕暮れに 面影ひとつ 浮かべ見上げる 時刻表 ああ 惚れているんだ 本気で惚れた女(ひと) 苦労をさせる 道づれなんかに できなかったのさ 心に生きる おまえは俺の 北のひだまり  どんな生き方 探してみても おまえでなければ 埋められぬ そんな淋しさを 心にしまい 下り列車で 会いに行く ああ 優しい文字の 手紙の消印は 春夏秋を 越えてきたけれど 待っているだろか 大事なひとさ おまえは俺の 北のひだまり  ああ 惚れているんだ 本気で惚れた女 守ってやれず 泣かせたつぐない させてくれないか そばにいてくれ おまえは俺の 北のひだまり北川大介紙中礼子叶弦大たばこ一服 ふかせば遠く 線路の向こうに 陽がしずむ 胸の夕暮れに 面影ひとつ 浮かべ見上げる 時刻表 ああ 惚れているんだ 本気で惚れた女(ひと) 苦労をさせる 道づれなんかに できなかったのさ 心に生きる おまえは俺の 北のひだまり  どんな生き方 探してみても おまえでなければ 埋められぬ そんな淋しさを 心にしまい 下り列車で 会いに行く ああ 優しい文字の 手紙の消印は 春夏秋を 越えてきたけれど 待っているだろか 大事なひとさ おまえは俺の 北のひだまり  ああ 惚れているんだ 本気で惚れた女 守ってやれず 泣かせたつぐない させてくれないか そばにいてくれ おまえは俺の 北のひだまり
北の町 みなと町カモメ 泣け 泣け 泣くだけ泣けば しあわせが あとを追うだろう そしてこの俺の 胸の奥まで 飛び込んでおいでよ 冬の厳しさ 耐えたふたりには ぬくもりくれる 春が待つ 北の町の人たちの 無口なやさしさに 不器用なままで 生きて行く 北の町 みなと町  カモメ 泣け 泣け 泣くだけ泣けば 悩みなど 風がさらってく そして涙なら 拭いてあげるよ この愛を燃やして 俺の知らない 君のさびしさは 暖炉のそばで 乾かそう 北の町の人たちの こころのやさしさと また来る春を 待ちわびる 北の町 みなと町  北の町の人たちの 無口なやさしさに 不器用なままで 生きて行く 北の町 みなと町北川大介喜多條忠叶弦大カモメ 泣け 泣け 泣くだけ泣けば しあわせが あとを追うだろう そしてこの俺の 胸の奥まで 飛び込んでおいでよ 冬の厳しさ 耐えたふたりには ぬくもりくれる 春が待つ 北の町の人たちの 無口なやさしさに 不器用なままで 生きて行く 北の町 みなと町  カモメ 泣け 泣け 泣くだけ泣けば 悩みなど 風がさらってく そして涙なら 拭いてあげるよ この愛を燃やして 俺の知らない 君のさびしさは 暖炉のそばで 乾かそう 北の町の人たちの こころのやさしさと また来る春を 待ちわびる 北の町 みなと町  北の町の人たちの 無口なやさしさに 不器用なままで 生きて行く 北の町 みなと町
北へ名もない港に 桃の花は咲けど 旅の町には やすらぎはないさ お前と別れた むなしさ抱いて 俺は明日もまた北へ流れる  お前のやさしさ 酒に浮かべひとり 遠い霧笛に あの夜をさがす 愛していりゃこそ つれなくしたが 今もこの胸で ゆれるほほえみ  男はふり向き 暗い空を見上げ つけた煙草に ふるさとを想う 真冬の浜辺に 傷あと埋め 夢はあきらめて 北へ流れる 北へ流れる北川大介石坂まさを叶弦大名もない港に 桃の花は咲けど 旅の町には やすらぎはないさ お前と別れた むなしさ抱いて 俺は明日もまた北へ流れる  お前のやさしさ 酒に浮かべひとり 遠い霧笛に あの夜をさがす 愛していりゃこそ つれなくしたが 今もこの胸で ゆれるほほえみ  男はふり向き 暗い空を見上げ つけた煙草に ふるさとを想う 真冬の浜辺に 傷あと埋め 夢はあきらめて 北へ流れる 北へ流れる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
君の住む町でこの駅降りたら 君の声が 聞こえて来るような そんな眩しい君が いつかは会えると 信じてたこの恋 春・夏・秋・冬 季節はめぐる 君の面影はずっと 忘れられなくて だから 云わせてくれ 君を愛してる  見慣れた景色の 駅のホーム びしょ濡れた君が そっと佇んでいたね ふたりの世界が 始まる町だから あたたかい風が 包んでくれる 君の笑顔見てずっと 僕はここにいる 二度と離さないさ 君の住む町で  いくつも季節が めくるめく流れて 春・夏・秋・冬 想いはつよく 君の笑顔見てずっと 僕はここにいる だから 云わせてくれ 君を愛してる北川大介平尾昌晃平尾昌晃この駅降りたら 君の声が 聞こえて来るような そんな眩しい君が いつかは会えると 信じてたこの恋 春・夏・秋・冬 季節はめぐる 君の面影はずっと 忘れられなくて だから 云わせてくれ 君を愛してる  見慣れた景色の 駅のホーム びしょ濡れた君が そっと佇んでいたね ふたりの世界が 始まる町だから あたたかい風が 包んでくれる 君の笑顔見てずっと 僕はここにいる 二度と離さないさ 君の住む町で  いくつも季節が めくるめく流れて 春・夏・秋・冬 想いはつよく 君の笑顔見てずっと 僕はここにいる だから 云わせてくれ 君を愛してる
グッドバイ寝顔のかわいい 人だから このままだまって 出てゆくわ 想えばよくある 出来心 少しもうらんで いないのよ 私は牡牛座 あなたは獅子座 恋しちゃならない 仲だったのね ああ 外は雪 外は雪 初めてあなたに うばわれたあの日と 同じ雪 白い白い  何処かでてごろな 部屋を借り 女の明日を みつめるわ ふるえる指輪を ぬいたとき 心をはっきり 決めたのよ 私は牡牛座 あなたは獅子座 出逢っちゃならない 仲だったのね ああ 街は朝 街は朝 突然あなたが うらぎったあの日と 同じ朝 さむいさむい  ああ 外は雪 外は雪 初めてあなたに うばわれたあの日と 同じ雪 白い白い 北川大介ちあき哲也中川博之寝顔のかわいい 人だから このままだまって 出てゆくわ 想えばよくある 出来心 少しもうらんで いないのよ 私は牡牛座 あなたは獅子座 恋しちゃならない 仲だったのね ああ 外は雪 外は雪 初めてあなたに うばわれたあの日と 同じ雪 白い白い  何処かでてごろな 部屋を借り 女の明日を みつめるわ ふるえる指輪を ぬいたとき 心をはっきり 決めたのよ 私は牡牛座 あなたは獅子座 出逢っちゃならない 仲だったのね ああ 街は朝 街は朝 突然あなたが うらぎったあの日と 同じ朝 さむいさむい  ああ 外は雪 外は雪 初めてあなたに うばわれたあの日と 同じ雪 白い白い 
恋の町札幌時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに ついてくだけで 私はとても 幸せだった 夢のような 恋のはじめ 忘れはしない 恋の町札幌  はじめて恋を 知った私 やさしい空を 見上げて泣いたの 女になる日 だれかの愛が 見知らぬ夜の 扉を開く 私だけの 心の町 アカシヤも散った 恋の町札幌  淋しい時 むなしい時 私はいつも この町に来るの どこかちがうの この町だけは なぜか私に やさしくするの 恋人なのね 故里なのね ありがとう私の 恋の町札幌北川大介浜口庫之助浜口庫之助時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに ついてくだけで 私はとても 幸せだった 夢のような 恋のはじめ 忘れはしない 恋の町札幌  はじめて恋を 知った私 やさしい空を 見上げて泣いたの 女になる日 だれかの愛が 見知らぬ夜の 扉を開く 私だけの 心の町 アカシヤも散った 恋の町札幌  淋しい時 むなしい時 私はいつも この町に来るの どこかちがうの この町だけは なぜか私に やさしくするの 恋人なのね 故里なのね ありがとう私の 恋の町札幌
心の真んなか母がいる上り列車に 夢乗せて 田舎の町を 後にした 今でも元気か やせてはないか 遠くにいても 御無沙汰しても 心の真んなか 母がいる おーい おーい ふるさとさん  母のなみだが 辛かった 励ます声が 痛かった ふるさと今夜は 吹雪だろうか 不孝をしても 寄り道しても 心の真んなか 母がいる おーい おーい きこえるかい  受話器の中から 春の風 明るい母の声がする しあわせ笑顔か 無理してないか 雨降る夜も 風吹く夜も 心の真んなか 母がいる おーい おーい いつまでも北川大介保岡直樹叶弦大上り列車に 夢乗せて 田舎の町を 後にした 今でも元気か やせてはないか 遠くにいても 御無沙汰しても 心の真んなか 母がいる おーい おーい ふるさとさん  母のなみだが 辛かった 励ます声が 痛かった ふるさと今夜は 吹雪だろうか 不孝をしても 寄り道しても 心の真んなか 母がいる おーい おーい きこえるかい  受話器の中から 春の風 明るい母の声がする しあわせ笑顔か 無理してないか 雨降る夜も 風吹く夜も 心の真んなか 母がいる おーい おーい いつまでも
この愛に生きてしあわせ薄い お前の横顔 遠くを見つめて そっと涙ぐむ このまま何処か 知らない町で 過去(きのう)を忘れて ふたり暮らせたら  あゝ 薬指の 哀しい指輪 めぐり逢った日が もっと昔なら 人目忍ばず 人目隠れず この愛に この愛に 生きてゆけたのに  こころの傷は 誰にもあるから 話してごらんよ 胸にもたれて ふるえる肩を この掌(て)に抱けば 小さなぬくもり きっと生まれるよ  あゝ 白い花の 悲しい運命(さだめ) 時を少しだけ 止めてくれたなら 涙こぼさず 涙隠さず この愛に この愛に 生きてゆけたのに  あゝ 薬指の 哀しい指輪 めぐり逢った日が もっと昔なら 人目忍ばず 人目隠れず この愛に この愛に 生きてゆけたのに北川大介荒木とよひさ中川博之しあわせ薄い お前の横顔 遠くを見つめて そっと涙ぐむ このまま何処か 知らない町で 過去(きのう)を忘れて ふたり暮らせたら  あゝ 薬指の 哀しい指輪 めぐり逢った日が もっと昔なら 人目忍ばず 人目隠れず この愛に この愛に 生きてゆけたのに  こころの傷は 誰にもあるから 話してごらんよ 胸にもたれて ふるえる肩を この掌(て)に抱けば 小さなぬくもり きっと生まれるよ  あゝ 白い花の 悲しい運命(さだめ) 時を少しだけ 止めてくれたなら 涙こぼさず 涙隠さず この愛に この愛に 生きてゆけたのに  あゝ 薬指の 哀しい指輪 めぐり逢った日が もっと昔なら 人目忍ばず 人目隠れず この愛に この愛に 生きてゆけたのに
酒場どこにもあるような 酒場の片隅で ひとりで呑む酒に あいつが眼に浮かぶ 薄いしあわせを 酔ってまぎらわす 女の背中の さみしさが 泣いて 泣いてた…忘れない  さだめに流されて さすらう港町 酒場の止り木で あいつを見つけたよ 抱いた夢ならば 捨てちゃいけないと はげまし合ったね ふたりして 好きだ 好きだよ…思い出す  俺でもよかったら 一緒に暮らそうと あのとき云えたなら こころが痛まない 人に話せない 古い傷あとを 思い出酒場に 捨てるのさ あいつ あいつは…どこにいる北川大介三浦康照叶弦大どこにもあるような 酒場の片隅で ひとりで呑む酒に あいつが眼に浮かぶ 薄いしあわせを 酔ってまぎらわす 女の背中の さみしさが 泣いて 泣いてた…忘れない  さだめに流されて さすらう港町 酒場の止り木で あいつを見つけたよ 抱いた夢ならば 捨てちゃいけないと はげまし合ったね ふたりして 好きだ 好きだよ…思い出す  俺でもよかったら 一緒に暮らそうと あのとき云えたなら こころが痛まない 人に話せない 古い傷あとを 思い出酒場に 捨てるのさ あいつ あいつは…どこにいる
酒はこの世の贈り物まわり道して 裏通り ひとり背中の 男酒 遠く離れた 親父にも 酒が会わせて くれるだろ あぁ…酔って 酔って 子供に帰ればいいさ 酔って 酔って 酔って あの日に戻ればいいさ 男の背中 揺らす 酒はこの世の贈り物  明日があるから 生きて行く 今日はがまんの ひとり酒 生きる力が ほしい時 酒が助けて くれるだろ あぁ…酔って 酔って 忘れて眠ればいいさ 酔って 酔って 酔って 今夜を流せばいいさ 男の心 濡らす 酒はこの世の贈り物  あぁ…酔って 酔って 明日を夢見りゃいいさ 酔って 酔って 酔って 誰かを思えばいいさ 男の夢を くれる 酒はこの世の贈り物北川大介さいとう大三叶弦大まわり道して 裏通り ひとり背中の 男酒 遠く離れた 親父にも 酒が会わせて くれるだろ あぁ…酔って 酔って 子供に帰ればいいさ 酔って 酔って 酔って あの日に戻ればいいさ 男の背中 揺らす 酒はこの世の贈り物  明日があるから 生きて行く 今日はがまんの ひとり酒 生きる力が ほしい時 酒が助けて くれるだろ あぁ…酔って 酔って 忘れて眠ればいいさ 酔って 酔って 酔って 今夜を流せばいいさ 男の心 濡らす 酒はこの世の贈り物  あぁ…酔って 酔って 明日を夢見りゃいいさ 酔って 酔って 酔って 誰かを思えばいいさ 男の夢を くれる 酒はこの世の贈り物
酒よ涙には幾つもの 想い出がある 心にも幾つかの 傷もある ひとり酒 手酌酒 演歌を聞きながら ホロリ酒 そんな夜(よ)も たまにゃ なァいいさ  あの頃を振り返りゃ 夢積む船で 荒波に向ってた 二人して 男酒 手酌酒 演歌を聞きながら なァ酒よ お前には わかるか なァ酒よ  飲みたいよ 浴びるほど 眠りつくまで 男には明日がある わかるだろう 詫びながら手酌酒 演歌を聞きながら 愛してる これからも わかるよ なァ酒よ  詫びながら手酌酒 演歌を聞きながら 愛してる これからも わかるよ なァ酒よ わかるよ なァ酒よ北川大介吉幾三吉幾三涙には幾つもの 想い出がある 心にも幾つかの 傷もある ひとり酒 手酌酒 演歌を聞きながら ホロリ酒 そんな夜(よ)も たまにゃ なァいいさ  あの頃を振り返りゃ 夢積む船で 荒波に向ってた 二人して 男酒 手酌酒 演歌を聞きながら なァ酒よ お前には わかるか なァ酒よ  飲みたいよ 浴びるほど 眠りつくまで 男には明日がある わかるだろう 詫びながら手酌酒 演歌を聞きながら 愛してる これからも わかるよ なァ酒よ  詫びながら手酌酒 演歌を聞きながら 愛してる これからも わかるよ なァ酒よ わかるよ なァ酒よ
サチコ暗い酒場の 片隅で 俺はお前を 待っているのさ サチコ サチコ お前の黒髪 俺はいまでも おまえの名前を 呼んだぜ 呼んだぜ 冷たい風に  今日もひとりで なか川ぞいを 歩く冷たい 俺のこの胸 サチコ サチコ おまえのひとみが 俺はいまでも おまえの名前を 呼んだぜ 呼んだぜ 冷たい風に  サチコ サチコ おまえのすべてを 俺はいまでも おまえのことを 好きだぜ 好きだぜ いついつまでも北川大介田中収田中収暗い酒場の 片隅で 俺はお前を 待っているのさ サチコ サチコ お前の黒髪 俺はいまでも おまえの名前を 呼んだぜ 呼んだぜ 冷たい風に  今日もひとりで なか川ぞいを 歩く冷たい 俺のこの胸 サチコ サチコ おまえのひとみが 俺はいまでも おまえの名前を 呼んだぜ 呼んだぜ 冷たい風に  サチコ サチコ おまえのすべてを 俺はいまでも おまえのことを 好きだぜ 好きだぜ いついつまでも
倖せの隠れ場所恋人よ 隣りにおいでよ 淋しさに 心濡らしたら 悲しみを脱ぎ捨て おいでよ 口紅を指で ふきとって この都会(まち)の屋根の下 倖せはきっとある つらい過去は みんなみんな 星になるから 恋人よ 隣りでおやすみ 倖せが眠る 隠れ場所 夜明けまで眠る 隠れ場所  恋人よ 隣りにおいでよ 傷ついた胸が 痛いなら 想い出を断ち切り おいでよ 身体から涙 追い出して この都会(まち)の窓灯り 倖せをゆらしてる つらい夜も いつかいつか 星になるから 恋人よ 隣りでおやすみ 倖せが眠る 隠れ場所 夜明けまで眠る 隠れ場所  この都会(まち)の屋根の下 倖せはきっとある つらい過去は みんなみんな 星になるから 恋人よ 隣りでおやすみ 倖せが眠る 隠れ場所 夜明けまで眠る 隠れ場所北川大介荒木とよひさ五木ひろし恋人よ 隣りにおいでよ 淋しさに 心濡らしたら 悲しみを脱ぎ捨て おいでよ 口紅を指で ふきとって この都会(まち)の屋根の下 倖せはきっとある つらい過去は みんなみんな 星になるから 恋人よ 隣りでおやすみ 倖せが眠る 隠れ場所 夜明けまで眠る 隠れ場所  恋人よ 隣りにおいでよ 傷ついた胸が 痛いなら 想い出を断ち切り おいでよ 身体から涙 追い出して この都会(まち)の窓灯り 倖せをゆらしてる つらい夜も いつかいつか 星になるから 恋人よ 隣りでおやすみ 倖せが眠る 隠れ場所 夜明けまで眠る 隠れ場所  この都会(まち)の屋根の下 倖せはきっとある つらい過去は みんなみんな 星になるから 恋人よ 隣りでおやすみ 倖せが眠る 隠れ場所 夜明けまで眠る 隠れ場所
しのび逢いきれいな瞳をして あまえてすがる 赤いキャンドル 可愛い君さ 今宵踊ろう 君と踊ろう 胸のほくろも しびれるような 甘い囁き 恋はバラの花 夜よかくして ふたりのしのび逢い  こんなに酔わせて いけない人ね 肩にもたれる 吐息が熱い 今宵踊ろう 君と踊ろう むせび哭くよな テナーの調べ つらい別れを 知っているように 夜よかくして ふたりのしのび逢い  嫉妬(やく)のはおよしよ むかしのことで 今のしあわせ だいじにしよう 今宵踊ろう 君と踊ろう 消える灯りに 唇かさね 離したくない 恋に酔いしれて 夜よかくして ふたりのしのび逢い北川大介たかたかし五木ひろしきれいな瞳をして あまえてすがる 赤いキャンドル 可愛い君さ 今宵踊ろう 君と踊ろう 胸のほくろも しびれるような 甘い囁き 恋はバラの花 夜よかくして ふたりのしのび逢い  こんなに酔わせて いけない人ね 肩にもたれる 吐息が熱い 今宵踊ろう 君と踊ろう むせび哭くよな テナーの調べ つらい別れを 知っているように 夜よかくして ふたりのしのび逢い  嫉妬(やく)のはおよしよ むかしのことで 今のしあわせ だいじにしよう 今宵踊ろう 君と踊ろう 消える灯りに 唇かさね 離したくない 恋に酔いしれて 夜よかくして ふたりのしのび逢い
秋止符左ききのあなたの手紙 右手でなぞって真似てみる いくら書いても埋めつくせない 白紙の行がそこにある  友情なんて呼べるほど きれいごとで済むような 男と女じゃないことなど うすうす感じていたけれど  あの夏の日がなかったら 楽しい日々が続いたのに 今年の秋はいつもの秋より 長くなりそうな そんな気がして  夢を両手に都会(まち)に出て 何も掴めず帰るけど やさしさの扉を開ける鍵は 眠れない夜がそっと教えた  心も体も開きあい それから始まるものがある それを愛とは言わないけれど それを愛とは言えないけれど  あの夏の日がなかったら 楽しい日々が続いたのに 今年の秋はいつもの秋より 長くなりそうな そんな気がして  春の嵐が来る前に 暖かい風が吹く前に 重いコートは脱ぎすてなければ 歩けないような そんな気がして北川大介谷村新司堀内孝雄左ききのあなたの手紙 右手でなぞって真似てみる いくら書いても埋めつくせない 白紙の行がそこにある  友情なんて呼べるほど きれいごとで済むような 男と女じゃないことなど うすうす感じていたけれど  あの夏の日がなかったら 楽しい日々が続いたのに 今年の秋はいつもの秋より 長くなりそうな そんな気がして  夢を両手に都会(まち)に出て 何も掴めず帰るけど やさしさの扉を開ける鍵は 眠れない夜がそっと教えた  心も体も開きあい それから始まるものがある それを愛とは言わないけれど それを愛とは言えないけれど  あの夏の日がなかったら 楽しい日々が続いたのに 今年の秋はいつもの秋より 長くなりそうな そんな気がして  春の嵐が来る前に 暖かい風が吹く前に 重いコートは脱ぎすてなければ 歩けないような そんな気がして
情炎どうせあんたは 他者(よそ)のひと 夜明け来る前 帰るひと 窓をたたいて 風が言う そんな男(やつ)とは 「別れな」と 涸れたはずでも 泪でて 月日数えて 振り返る 世間どこでも あるような こんな恋でも 私には 夢ならこのままで 花なら枯れないで このまま帰らずに このまま傍にいて  きっとあんたの 心には 棲(す)んでないのね 私など 別れ言葉は 持ってても 逢えば消えます ねえあんた ポロリポロリと 冬の宿 残る足あと 雪の中 窓に映した 明日みて いつも思うの 今日かぎり 夢ならこの続き 雪なら溶けないで このまま帰らずに このままここにいて  女の情(なさけ)とは 死ぬまで炎(も)える事 このままうそついて 死ぬまでうそついて北川大介吉幾三吉幾三どうせあんたは 他者(よそ)のひと 夜明け来る前 帰るひと 窓をたたいて 風が言う そんな男(やつ)とは 「別れな」と 涸れたはずでも 泪でて 月日数えて 振り返る 世間どこでも あるような こんな恋でも 私には 夢ならこのままで 花なら枯れないで このまま帰らずに このまま傍にいて  きっとあんたの 心には 棲(す)んでないのね 私など 別れ言葉は 持ってても 逢えば消えます ねえあんた ポロリポロリと 冬の宿 残る足あと 雪の中 窓に映した 明日みて いつも思うの 今日かぎり 夢ならこの続き 雪なら溶けないで このまま帰らずに このままここにいて  女の情(なさけ)とは 死ぬまで炎(も)える事 このままうそついて 死ぬまでうそついて
人生ららばい飢えた心で 彷徨(さまよ)って あの日覚えた 酒の味 生きてくことに がむしゃらで 誰かを傷つけ 傷ついた あれから すこしも変わっちゃいない 痛いと言えず ごめんと言えず 風に抱かれて 眠るだけ 人生ららばい 人生ららばい 男ってばかさ 一番大事なものを なくしてしまうのさ  勝つことだけが 幸せに 近い道だと 信じてた 守りたかった あの人を 気づけば寂しくさせていた 酒場の止まり木 溶けてく氷 痛いと言えず ごめんと言えず 煙草くゆらせ 苦笑い 人生ららばい 人生ららばい 男ってばかさ 一番大事なひとへ 帰れはしないのさ  人生ららばい 人生ららばい 男ってばかさ 一番大事なひとへ 帰れはしないのさ北川大介冬弓ちひろ五木ひろし飢えた心で 彷徨(さまよ)って あの日覚えた 酒の味 生きてくことに がむしゃらで 誰かを傷つけ 傷ついた あれから すこしも変わっちゃいない 痛いと言えず ごめんと言えず 風に抱かれて 眠るだけ 人生ららばい 人生ららばい 男ってばかさ 一番大事なものを なくしてしまうのさ  勝つことだけが 幸せに 近い道だと 信じてた 守りたかった あの人を 気づけば寂しくさせていた 酒場の止まり木 溶けてく氷 痛いと言えず ごめんと言えず 煙草くゆらせ 苦笑い 人生ららばい 人生ららばい 男ってばかさ 一番大事なひとへ 帰れはしないのさ  人生ららばい 人生ららばい 男ってばかさ 一番大事なひとへ 帰れはしないのさ
ずーっと ふたりお前 お前 お前… ばかりを 責めてる訳じゃ… ないからネ だから泣かないで くれないか 俺も悪いとこ あったさ… 必ず夢は 見せるから ついて来てくれよ… ずーっと俺に ついて来てくれよ… ずーっと俺に  風が 風が 風が… ふたりに この先ずっと… 吹くはずない だからこの未来(さき) 見てくれよ 泣かせてばかり いたけど… 互いに 身体(からだ)気をつけて 好きさこれから… ずーっとお前 好きさこれから… ずーっとお前  この手 この手 この手… 離すな お前のその手 引きながら 共に笑って 生きて行こうな 下り坂ありゃ 上り坂 互いに背中を 押しながら お前と死ぬまで… ずーっと二人 お前と死ぬまで… ずーっと二人北川大介吉幾三吉幾三お前 お前 お前… ばかりを 責めてる訳じゃ… ないからネ だから泣かないで くれないか 俺も悪いとこ あったさ… 必ず夢は 見せるから ついて来てくれよ… ずーっと俺に ついて来てくれよ… ずーっと俺に  風が 風が 風が… ふたりに この先ずっと… 吹くはずない だからこの未来(さき) 見てくれよ 泣かせてばかり いたけど… 互いに 身体(からだ)気をつけて 好きさこれから… ずーっとお前 好きさこれから… ずーっとお前  この手 この手 この手… 離すな お前のその手 引きながら 共に笑って 生きて行こうな 下り坂ありゃ 上り坂 互いに背中を 押しながら お前と死ぬまで… ずーっと二人 お前と死ぬまで… ずーっと二人
それは恋朝霧の 深い道から 訪れて 私をとらえ 夕もやの 遠い果てから 呼びかけて 私をとらえ ひたすらの 愛の願いを あふれさせたもの それは恋 私の恋  逢う時は 姿も見せず うつつなく けれど確かに 言葉なく 名前も告げず ひそやかに けれど確かに よみがえる 愛の誠を あふれさせたもの それは恋 私の恋  ある時は 心もとなく 疑いに 思い乱れて ある時は おそれにゆらぎ 悲しみに 我を忘れて その故に 愛の祈りを あふれさせたもの それは恋 私の恋北川大介秋元松代猪俣公章朝霧の 深い道から 訪れて 私をとらえ 夕もやの 遠い果てから 呼びかけて 私をとらえ ひたすらの 愛の願いを あふれさせたもの それは恋 私の恋  逢う時は 姿も見せず うつつなく けれど確かに 言葉なく 名前も告げず ひそやかに けれど確かに よみがえる 愛の誠を あふれさせたもの それは恋 私の恋  ある時は 心もとなく 疑いに 思い乱れて ある時は おそれにゆらぎ 悲しみに 我を忘れて その故に 愛の祈りを あふれさせたもの それは恋 私の恋
そんな鴎の港町男には心に 風の港が そして別れた ?が一羽 女には背中を 染める夕陽が そしてはぐれた ?が一羽 あゝ 男もカモメ 女もカモメ さよなら上手と 棄てられ上手 小樽 函館 稚内 そんな?の…北の港町  男には心に 古い酒場が そして詫びたい ?が一羽 女には過去(きのう)を ゆらす水割り そして涙の ?が一羽 あゝ 男もカモメ 女もカモメ 嘘つき上手と 騙され上手 釧路 室蘭 苫小牧 そんな?の…北の港町  あゝ 男もカモメ 女もカモメ やさしさ上手と 強がり上手 根室 網走 船泊 そんな?の…北の港町北川大介荒木とよひさ中川博之男には心に 風の港が そして別れた ?が一羽 女には背中を 染める夕陽が そしてはぐれた ?が一羽 あゝ 男もカモメ 女もカモメ さよなら上手と 棄てられ上手 小樽 函館 稚内 そんな?の…北の港町  男には心に 古い酒場が そして詫びたい ?が一羽 女には過去(きのう)を ゆらす水割り そして涙の ?が一羽 あゝ 男もカモメ 女もカモメ 嘘つき上手と 騙され上手 釧路 室蘭 苫小牧 そんな?の…北の港町  あゝ 男もカモメ 女もカモメ やさしさ上手と 強がり上手 根室 網走 船泊 そんな?の…北の港町
黄昏のむこう側枯葉が舞う 黄昏は 追憶(おもいで)が肩を 染めるけど 帰らぬ恋を また引きずれば そこには影法師 あの坂道のむこう側で 君が倖(しあわ)せなら 今は遠くから 今は人生を 少しだけまわり道 少しだけまわり道  薄い外套(コート) 重いのは 切なさが胸を 包むから 過ぎゆく時に またたたずめば そこには風谺(かぜこだま) あの黄昏のむこう側に もしも帰れるなら 今はこの秋を 今は人生を 少しだけ呼び止めて 少しだけ呼び止めて  あの坂道のむこう側で 君が倖せなら 今は遠くから 今は人生を 少しだけまわり道 少しだけまわり道北川大介荒木とよひさ平尾昌晃枯葉が舞う 黄昏は 追憶(おもいで)が肩を 染めるけど 帰らぬ恋を また引きずれば そこには影法師 あの坂道のむこう側で 君が倖(しあわ)せなら 今は遠くから 今は人生を 少しだけまわり道 少しだけまわり道  薄い外套(コート) 重いのは 切なさが胸を 包むから 過ぎゆく時に またたたずめば そこには風谺(かぜこだま) あの黄昏のむこう側に もしも帰れるなら 今はこの秋を 今は人生を 少しだけ呼び止めて 少しだけ呼び止めて  あの坂道のむこう側で 君が倖せなら 今は遠くから 今は人生を 少しだけまわり道 少しだけまわり道
旅の居酒屋乗り替え駅から ほんの五分も歩いたら 「岬」という名の 店がある たしかあいつが そこに居たとか いう噂 逢って行こうか 逢わずに行こうか… 何処へさすらう 男がひとり 酒につぶやく 旅の居酒屋で  日暮れの波止場で 咽ぶ汽笛の淋しさに 思えば遥かな 故郷(ふるさと)よ 北へ北へと 胸のやすらぎ 追いかけて 明日の出船で 海峡越えよか… 誰が爪弾く あの惜別の 唄が泣かせる 旅の居酒屋で  弱い身体と 知っていながら 何故ひとり 雪に埋もれて ひっそり暮らすか… みんな昔の 俺(おとこ)のせいか 詫びて酒くむ 旅の居酒屋で北川大介水木れいじ叶弦大乗り替え駅から ほんの五分も歩いたら 「岬」という名の 店がある たしかあいつが そこに居たとか いう噂 逢って行こうか 逢わずに行こうか… 何処へさすらう 男がひとり 酒につぶやく 旅の居酒屋で  日暮れの波止場で 咽ぶ汽笛の淋しさに 思えば遥かな 故郷(ふるさと)よ 北へ北へと 胸のやすらぎ 追いかけて 明日の出船で 海峡越えよか… 誰が爪弾く あの惜別の 唄が泣かせる 旅の居酒屋で  弱い身体と 知っていながら 何故ひとり 雪に埋もれて ひっそり暮らすか… みんな昔の 俺(おとこ)のせいか 詫びて酒くむ 旅の居酒屋で
東京あんたとなら いつ死んでもかまわへん 忘れないで そんな女いたことを  見上げた空さえも 冷たい色やけど あたしが本気で惚れたひと そう生まれた街やから  いとしさも 憎しみも すべてすべて ぎゅっと抱きしめ 祈るように 今日も灯(ひ)が ともる東京  夢だけ見て 生きてるようなあんたやった いつかあたし 待つことにも慣れてたよ  くすんだ風のなか 肩よせ暮らしたね 誰にも似てへんひとやけど 本物の愛をくれた  悲しくて悔しくて 泣いて泣いてばかりいたけど かけがえのないひとに 逢えた東京  痛いほど好きなのに なんでなんで別れたんやろ いまもまだ胸の奥 揺れる東京  悲しくて悔しくて 泣いて泣いてばかりいたけど かけがえのないひとに 逢えた東京北川大介及川眠子川上明彦あんたとなら いつ死んでもかまわへん 忘れないで そんな女いたことを  見上げた空さえも 冷たい色やけど あたしが本気で惚れたひと そう生まれた街やから  いとしさも 憎しみも すべてすべて ぎゅっと抱きしめ 祈るように 今日も灯(ひ)が ともる東京  夢だけ見て 生きてるようなあんたやった いつかあたし 待つことにも慣れてたよ  くすんだ風のなか 肩よせ暮らしたね 誰にも似てへんひとやけど 本物の愛をくれた  悲しくて悔しくて 泣いて泣いてばかりいたけど かけがえのないひとに 逢えた東京  痛いほど好きなのに なんでなんで別れたんやろ いまもまだ胸の奥 揺れる東京  悲しくて悔しくて 泣いて泣いてばかりいたけど かけがえのないひとに 逢えた東京
東京三日月倶楽部夜空をひとり 見るたびに 満月のよに まるかった 心もいつか 削られてゆき 哀しくとがった 三日月に 忘れたふりして 生きるクセ 愛した分だけ 深い傷 あなたは優しい 人でした 優しい人ほど 残酷で 東京三日月倶楽部 心の痛み 酔わせるように お酒という名の 夢を飲む  男が純な 少年で 女が強い マリアなら 最後はいつも 許すしかない お決まり通りの 裏切りを 泣いてもどうにも ならないと いつから涙を 忘れたの 強がり続ける 嘘つきは ほんとは泣くのが こわいだけ 東京三日月倶楽部 心をそっと 洗ってくれる 琥珀(こはく)の涙を 酒と呼ぶ  東京三日月倶楽部 あやまちさえも 許してくれる 大人の時間を 夜という北川大介田久保真見五木ひろし夜空をひとり 見るたびに 満月のよに まるかった 心もいつか 削られてゆき 哀しくとがった 三日月に 忘れたふりして 生きるクセ 愛した分だけ 深い傷 あなたは優しい 人でした 優しい人ほど 残酷で 東京三日月倶楽部 心の痛み 酔わせるように お酒という名の 夢を飲む  男が純な 少年で 女が強い マリアなら 最後はいつも 許すしかない お決まり通りの 裏切りを 泣いてもどうにも ならないと いつから涙を 忘れたの 強がり続ける 嘘つきは ほんとは泣くのが こわいだけ 東京三日月倶楽部 心をそっと 洗ってくれる 琥珀(こはく)の涙を 酒と呼ぶ  東京三日月倶楽部 あやまちさえも 許してくれる 大人の時間を 夜という
時の過ぎゆくままにあなたはすっかり つかれてしまい 生きてることさえ いやだと泣いた こわれたピアノで 想い出の歌 片手でひいては ためいきついた  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら 堕ちてゆくのも しあわせだよと 二人つめたい からだ合わせる  からだの傷なら なおせるけれど 心のいたでは いやせはしない 小指に食い込む 指輪を見つめ あなたは昔を 思って泣いた  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろう  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろう北川大介阿久悠大野克夫あなたはすっかり つかれてしまい 生きてることさえ いやだと泣いた こわれたピアノで 想い出の歌 片手でひいては ためいきついた  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら 堕ちてゆくのも しあわせだよと 二人つめたい からだ合わせる  からだの傷なら なおせるけれど 心のいたでは いやせはしない 小指に食い込む 指輪を見つめ あなたは昔を 思って泣いた  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろう  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろう
泣かせたくないただの遊びの つもりなら こんなに早く 帰しはしない 唇ツンと 尖らせて そんなに可愛く 拗ねるなよ 拗ねるなよ 泣かせたくない おまえのことは 失くしたくない この恋だけは 男 純情… ホレたぜ  胸がこんなに 熱いのは 水割よりも おまえのせいさ このまま腕に 抱きしめて 朝まで二人で いたいけど いたいけど 泣かせたくない おまえのことは 失くしたくない この恋だけは 男 純情… テレるぜ  唇ツンと 尖らせて そんなに可愛く 拗ねるなよ 拗ねるなよ 泣かせたくない おまえのことは 失くしたくない この恋だけは 男 純情… ホレたぜ北川大介麻こよみ叶弦大ただの遊びの つもりなら こんなに早く 帰しはしない 唇ツンと 尖らせて そんなに可愛く 拗ねるなよ 拗ねるなよ 泣かせたくない おまえのことは 失くしたくない この恋だけは 男 純情… ホレたぜ  胸がこんなに 熱いのは 水割よりも おまえのせいさ このまま腕に 抱きしめて 朝まで二人で いたいけど いたいけど 泣かせたくない おまえのことは 失くしたくない この恋だけは 男 純情… テレるぜ  唇ツンと 尖らせて そんなに可愛く 拗ねるなよ 拗ねるなよ 泣かせたくない おまえのことは 失くしたくない この恋だけは 男 純情… ホレたぜ
中ノ瀬橋俺の帰りを 待てないで どこへ消えたか こぼれ花 ごめんよ ごめん せめて一年 早ければ… 流れ哀しい 広瀬川 悔やみきれない 中ノ瀬橋よ  肩の震えを 優しさを 今もこの手が おぼえてる ごめんよ ごめん つらい思いを させたまま… 揺れるせせらぎ 面影に 詫びて足りない 中ノ瀬橋よ  渡せなかった この指輪 投げてせつない 水の音 ごめんよ ごめん 幸せひとつ やれないで… 涙集める 広瀬川 も一度逢いたい 中ノ瀬橋よ北川大介麻こよみ叶弦大俺の帰りを 待てないで どこへ消えたか こぼれ花 ごめんよ ごめん せめて一年 早ければ… 流れ哀しい 広瀬川 悔やみきれない 中ノ瀬橋よ  肩の震えを 優しさを 今もこの手が おぼえてる ごめんよ ごめん つらい思いを させたまま… 揺れるせせらぎ 面影に 詫びて足りない 中ノ瀬橋よ  渡せなかった この指輪 投げてせつない 水の音 ごめんよ ごめん 幸せひとつ やれないで… 涙集める 広瀬川 も一度逢いたい 中ノ瀬橋よ
泣くんじゃないよ星を見上げて 泣いてたね 母さん恋しと 泣いてたね うぶで無邪気な 甘えんぼ そんなおまえに 惚れたんだ 一人じゃないよ 二人だよ 俺がいる 涙ふいたら明日は 泣くんじゃないよ  海を見つめて 言ってたね 倖せ欲しいと 言ってたね 一度散っても また開く 花をおまえと 咲かせたい 忘れてないよ あの時の 約束を 見せておくれよ笑顔を 泣くんじゃないよ  過去の傷なら 俺もある 未来(あす)はおまえと 歩きたい 二人で夢を つかもうよ いつの日か 俺に甘えていいんだ 泣くんじゃないよ北川大介鈴木紀代叶弦大星を見上げて 泣いてたね 母さん恋しと 泣いてたね うぶで無邪気な 甘えんぼ そんなおまえに 惚れたんだ 一人じゃないよ 二人だよ 俺がいる 涙ふいたら明日は 泣くんじゃないよ  海を見つめて 言ってたね 倖せ欲しいと 言ってたね 一度散っても また開く 花をおまえと 咲かせたい 忘れてないよ あの時の 約束を 見せておくれよ笑顔を 泣くんじゃないよ  過去の傷なら 俺もある 未来(あす)はおまえと 歩きたい 二人で夢を つかもうよ いつの日か 俺に甘えていいんだ 泣くんじゃないよ
菜七子美人じゃないのになんで 好きになったのと 俺を抱きしめて すすり泣いてたね しあわせ捜そう 純なおまえを守りたい 美人だよ 可愛いよ 本気で惚れた 菜七子 菜七子 「菜七子 どこにいるんだ…」 俺は待ってるぜ  おまえが忘れて行った 絹のスカーフに 頬を寄せたとき 愛に気がついた やすらぎ捜そう 俺も孤独な男だよ ぬくもりを分けてくれ 夜風が寒い 菜七子 菜七子 「菜七子 逢いたいよ…」 俺は待ってるぜ  しあわせ捜そう 純なおまえを守りたい 美人だよ かわいいよ 本気で惚れた 菜七子 菜七子 「菜七子 好きなんだ…」 俺は待ってるぜ北川大介岡田冨美子叶弦大美人じゃないのになんで 好きになったのと 俺を抱きしめて すすり泣いてたね しあわせ捜そう 純なおまえを守りたい 美人だよ 可愛いよ 本気で惚れた 菜七子 菜七子 「菜七子 どこにいるんだ…」 俺は待ってるぜ  おまえが忘れて行った 絹のスカーフに 頬を寄せたとき 愛に気がついた やすらぎ捜そう 俺も孤独な男だよ ぬくもりを分けてくれ 夜風が寒い 菜七子 菜七子 「菜七子 逢いたいよ…」 俺は待ってるぜ  しあわせ捜そう 純なおまえを守りたい 美人だよ かわいいよ 本気で惚れた 菜七子 菜七子 「菜七子 好きなんだ…」 俺は待ってるぜ
西波止場山背(やませ)の風が 吹いた朝 あの娘(こ)が消えてた この波止場 みんながリリーと 呼んでいた 陽気でキュートな人気者 誰が落とすか 賭けたけど 気をひくそぶりで はぐらかす ジョークと笑いの 酒場には ついた名前も 西波止場  素性(すじょう)は誰も わからない 聞いても答えの くちぐせは 波止場に流れ ついただけ 今夜がよければいいじゃない 誰が見たのか うわさでは 左の胸に 百合の花 咲かせているから 酔った時 リリーマルレーン 歌うとか  誰が泣かせた 傷つけた リリーを散らせた 秋の風 寂しくなるだろ 今日からは 日暮れむなしい 西波止場北川大介いではく大谷明裕山背(やませ)の風が 吹いた朝 あの娘(こ)が消えてた この波止場 みんながリリーと 呼んでいた 陽気でキュートな人気者 誰が落とすか 賭けたけど 気をひくそぶりで はぐらかす ジョークと笑いの 酒場には ついた名前も 西波止場  素性(すじょう)は誰も わからない 聞いても答えの くちぐせは 波止場に流れ ついただけ 今夜がよければいいじゃない 誰が見たのか うわさでは 左の胸に 百合の花 咲かせているから 酔った時 リリーマルレーン 歌うとか  誰が泣かせた 傷つけた リリーを散らせた 秋の風 寂しくなるだろ 今日からは 日暮れむなしい 西波止場
波止場北ホテル逢えば むなしいと 知りながら 逢わずに いられぬ さだめが憎い 窓辺に 白く 舞いちる 雪が ふたりを 哀しく させるから やるせないよ 愛し合っても 結ばれぬ ここは最涯の 波止場北ホテル  時間は いたずらに 過ぎるから すべてを 忘れて あまえていいよ 凍てつく 海を 見つめる おまえ ふるえる 背中が いとしくて 抱きしめたよ 胸にすがって 泣きじゃくる ここは最涯の 波止場北ホテル  共に 想い出と 暮らそうね 別れて 生きても 死ぬ日がきても この世で なれぬ 幸せだから も一度 生まれて きたときは 離さないよ 心引き裂く 夜明け前 ここは最涯の 波止場北ホテル北川大介高畠じゅん子中川博之逢えば むなしいと 知りながら 逢わずに いられぬ さだめが憎い 窓辺に 白く 舞いちる 雪が ふたりを 哀しく させるから やるせないよ 愛し合っても 結ばれぬ ここは最涯の 波止場北ホテル  時間は いたずらに 過ぎるから すべてを 忘れて あまえていいよ 凍てつく 海を 見つめる おまえ ふるえる 背中が いとしくて 抱きしめたよ 胸にすがって 泣きじゃくる ここは最涯の 波止場北ホテル  共に 想い出と 暮らそうね 別れて 生きても 死ぬ日がきても この世で なれぬ 幸せだから も一度 生まれて きたときは 離さないよ 心引き裂く 夜明け前 ここは最涯の 波止場北ホテル
波止場酒旅のさむさに わびしさに 小瓶片手に あおる酒 すすり泣いてた あの娘(こ)の声が 海鳴り遥かに 呼んでいる… 俺も人の子 人恋しさに 泣けてきそうな 波止場酒  どんなやんちゃな 事でさえ いつも許して くれたっけ たった二才(ふたつ)の 年の差なのに おふくろみたいな 女(やつ)だった… 酔って見上げる あの西空に 星が流れる 波止場酒  酒の力を 借りてさえ おもいきれない じれったさ 最後のひと口 飲み干しながら しあわせ遠くで 祈ろうか… はぐれカモメよ おまえもひとり どこへ帰るか 波止場酒北川大介水木れいじ叶弦大旅のさむさに わびしさに 小瓶片手に あおる酒 すすり泣いてた あの娘(こ)の声が 海鳴り遥かに 呼んでいる… 俺も人の子 人恋しさに 泣けてきそうな 波止場酒  どんなやんちゃな 事でさえ いつも許して くれたっけ たった二才(ふたつ)の 年の差なのに おふくろみたいな 女(やつ)だった… 酔って見上げる あの西空に 星が流れる 波止場酒  酒の力を 借りてさえ おもいきれない じれったさ 最後のひと口 飲み干しながら しあわせ遠くで 祈ろうか… はぐれカモメよ おまえもひとり どこへ帰るか 波止場酒
横濱の踊り子港ヨコハマ 日は落ちて 街のあかりが ポツポツ灯るころ 汽笛 まぶた閉じれば なつかしい ハマのクラブに イカした踊り子がいたね 照らすライトで 花と咲き 俺をトリコにしたのさ Ha Ha Ha Ha… 胸の谷間に 汗落とし あやしげに揺れる ブルースカイ(BLUE SKY) 夜ふけまで ブルースカイ(BLUE SKY) 夜明けまで 横濱(ハマ)の踊り子  港ヨコハマ 馬車道を そぞろ歩けば あいつの面影が 見える 長い黒髪 ふり乱し 網のタイツが 男を釘づけにしたよ ミラーボールの 雪が降り 夢の世界につれてく Ha Ha Ha Ha… ルンバ・ジルバに チャールストン あでやかに踊る ナイト・アンド・ディ(NIGHT&DAY) 夜ふけまで ナイト・アンド・ディ(NIGHT&DAY) 夜明けまで 横濱(ハマ)の踊り子  ハマのクラブの 踊り子も みんな今では 想い出 Ha Ha Ha Ha… 金のピアスを海に投げ 旅に出たあいつ チャイナタウン(CHINA TOWN) 夜ふけまで チャイナタウン(CHINA TOWN) 夜明けまで 横濱(ハマ)の踊り子北川大介喜多條忠叶弦大港ヨコハマ 日は落ちて 街のあかりが ポツポツ灯るころ 汽笛 まぶた閉じれば なつかしい ハマのクラブに イカした踊り子がいたね 照らすライトで 花と咲き 俺をトリコにしたのさ Ha Ha Ha Ha… 胸の谷間に 汗落とし あやしげに揺れる ブルースカイ(BLUE SKY) 夜ふけまで ブルースカイ(BLUE SKY) 夜明けまで 横濱(ハマ)の踊り子  港ヨコハマ 馬車道を そぞろ歩けば あいつの面影が 見える 長い黒髪 ふり乱し 網のタイツが 男を釘づけにしたよ ミラーボールの 雪が降り 夢の世界につれてく Ha Ha Ha Ha… ルンバ・ジルバに チャールストン あでやかに踊る ナイト・アンド・ディ(NIGHT&DAY) 夜ふけまで ナイト・アンド・ディ(NIGHT&DAY) 夜明けまで 横濱(ハマ)の踊り子  ハマのクラブの 踊り子も みんな今では 想い出 Ha Ha Ha Ha… 金のピアスを海に投げ 旅に出たあいつ チャイナタウン(CHINA TOWN) 夜ふけまで チャイナタウン(CHINA TOWN) 夜明けまで 横濱(ハマ)の踊り子
横濱のブルース愛を信じてくれ 俺を信じてくれ なのにお前はどこ どこどこなの 山手 本牧 馬車道と 誰かあいつを 知らないか 本気で最後の そんな恋だった ポツリポツリと雨が 肩に心にしみて来る 今すぐ逢いたい 横濱(ハマ)のブルース  いっそ恨んでくれ 俺を嗤(わら)ってくれ 戻らないのはなぜ なぜなぜなの 尾上町(おのえ) 山下 伊勢佐木町 街に灯りを 一つずつ 嘘などなかった ただのくい違い ルルリルルラと遠く とぎれとぎれの流行り歌 お前と聞いてた 横濱のブルース  日ノ出町(ひので) 元町 桜木町 波に逆らい ただ一人 寂しい右手に 風を抱きながら ユラリユラユラ揺れる 瞳閉じれば面影が 待つのも良いだろう 横濱のブルース北川大介伊藤薫叶弦大愛を信じてくれ 俺を信じてくれ なのにお前はどこ どこどこなの 山手 本牧 馬車道と 誰かあいつを 知らないか 本気で最後の そんな恋だった ポツリポツリと雨が 肩に心にしみて来る 今すぐ逢いたい 横濱(ハマ)のブルース  いっそ恨んでくれ 俺を嗤(わら)ってくれ 戻らないのはなぜ なぜなぜなの 尾上町(おのえ) 山下 伊勢佐木町 街に灯りを 一つずつ 嘘などなかった ただのくい違い ルルリルルラと遠く とぎれとぎれの流行り歌 お前と聞いてた 横濱のブルース  日ノ出町(ひので) 元町 桜木町 波に逆らい ただ一人 寂しい右手に 風を抱きながら ユラリユラユラ揺れる 瞳閉じれば面影が 待つのも良いだろう 横濱のブルース
薔薇の香水黒髪そっと かき上げる君の うなじに 薔薇の香りが ほのかに匂う 愛していると 何度も言うよ 好きになるのに 理由(わけ)などいらない 見下ろす街の灯 シャンパングラス 今夜はこのまま ああ 帰さない  まぶたを閉じて 寄り添えば甘く こぼれる 薔薇の香りは 大人の匂い 愛していると 何度も誓う 男心を 悩ます唇 時間が流れる キャンドルライト この手に抱きしめ ああ 帰さない  愛していると 何度も言うよ 好きになるのに 理由(わけ)などいらない 見下ろす街の灯 シャンパングラス 今夜はこのまま ああ 帰さない北川大介麻こよみ叶弦大黒髪そっと かき上げる君の うなじに 薔薇の香りが ほのかに匂う 愛していると 何度も言うよ 好きになるのに 理由(わけ)などいらない 見下ろす街の灯 シャンパングラス 今夜はこのまま ああ 帰さない  まぶたを閉じて 寄り添えば甘く こぼれる 薔薇の香りは 大人の匂い 愛していると 何度も誓う 男心を 悩ます唇 時間が流れる キャンドルライト この手に抱きしめ ああ 帰さない  愛していると 何度も言うよ 好きになるのに 理由(わけ)などいらない 見下ろす街の灯 シャンパングラス 今夜はこのまま ああ 帰さない
氷雨飲ませて下さい もう少し 今夜は帰らない 帰りたくない 誰が待つと言うの あの部屋で そうよ 誰もいないわ 今では 唄わないで下さい その歌は 別れたあの人を 想い出すから 飲めばやけに 涙もろくなる こんな私許して 下さい  外は冬の雨まだやまぬ この胸を濡らすように 傘がないわけじゃないけれど 帰りたくない もっと酔う程に飲んで あの人を忘れたいから  私を捨てた あの人を 今更悔んでも 仕方ないけど 未練ごころ消せぬ こんな夜 女ひとり飲む酒 佗しい 酔ってなんかいないわ 泣いてない タバコの煙り 目にしみただけなの 私酔えば 家に帰ります あなたそんな 心配しないで  外は冬の雨まだやまぬ この胸を濡らすように 傘がないわけじゃないけれど 帰りたくない もっと酔う程に飲んで あの人を忘れたいから  忘れたいから北川大介とまりれんとまりれん飲ませて下さい もう少し 今夜は帰らない 帰りたくない 誰が待つと言うの あの部屋で そうよ 誰もいないわ 今では 唄わないで下さい その歌は 別れたあの人を 想い出すから 飲めばやけに 涙もろくなる こんな私許して 下さい  外は冬の雨まだやまぬ この胸を濡らすように 傘がないわけじゃないけれど 帰りたくない もっと酔う程に飲んで あの人を忘れたいから  私を捨てた あの人を 今更悔んでも 仕方ないけど 未練ごころ消せぬ こんな夜 女ひとり飲む酒 佗しい 酔ってなんかいないわ 泣いてない タバコの煙り 目にしみただけなの 私酔えば 家に帰ります あなたそんな 心配しないで  外は冬の雨まだやまぬ この胸を濡らすように 傘がないわけじゃないけれど 帰りたくない もっと酔う程に飲んで あの人を忘れたいから  忘れたいから
ひとり占め指輪をかわした 仲ではないけれど 一緒に暮らせる それだけでいい 女はいつも弱いものよ その手にささえられていたい 頭から爪の先まで あなたひとり占め あゝ 恋ひとすじに生きて 生きて行きたい  あなたは誰にも やさしい人だから 心配しました 気がかりでした どこへも行かせたくはないの とられてしましそうでこわい 寝顔から夢の中まで あなたひとり占め あゝ 恋ひとすじに生きて 生きて行きたい  ひたすら愛しぬいているの しん底命かけているの 秘密から嘘のかずまで あなたひとり占め あゝ 恋ひとすじに生きて 生きて行きたい北川大介高畠諄子中川博之指輪をかわした 仲ではないけれど 一緒に暮らせる それだけでいい 女はいつも弱いものよ その手にささえられていたい 頭から爪の先まで あなたひとり占め あゝ 恋ひとすじに生きて 生きて行きたい  あなたは誰にも やさしい人だから 心配しました 気がかりでした どこへも行かせたくはないの とられてしましそうでこわい 寝顔から夢の中まで あなたひとり占め あゝ 恋ひとすじに生きて 生きて行きたい  ひたすら愛しぬいているの しん底命かけているの 秘密から嘘のかずまで あなたひとり占め あゝ 恋ひとすじに生きて 生きて行きたい
冬の嵐夢を追いかけ 夢につまずき ガラスの都会(まち)は 星も見えない 淋しさ注ぎたし 飲む酒は ひりひりと 胸にしみる あゝ泣いたらいいさ 悲しいときは 胸の涙が かれるまで 泣いて泣いて 眠りについたら また明日に めぐり逢えるさ  愛を信じて 心かよわせ 抱きしめあえた 女(ひと)もいたけど 過ぎ去る季節は ほろ苦く 酔うほどに つらいけれど あゝあきらめないさ 耐えてりゃいつか 冬の嵐も やむだろう 遠い遠い この道たどれば また明日に めぐり逢えるさ  あゝあきらめないさ 耐えてりゃいつか 冬の嵐も やむだろう 遠い遠い この道たどれば また明日に めぐり逢えるさ また明日に めぐり逢えるさ北川大介たかたかし原譲二夢を追いかけ 夢につまずき ガラスの都会(まち)は 星も見えない 淋しさ注ぎたし 飲む酒は ひりひりと 胸にしみる あゝ泣いたらいいさ 悲しいときは 胸の涙が かれるまで 泣いて泣いて 眠りについたら また明日に めぐり逢えるさ  愛を信じて 心かよわせ 抱きしめあえた 女(ひと)もいたけど 過ぎ去る季節は ほろ苦く 酔うほどに つらいけれど あゝあきらめないさ 耐えてりゃいつか 冬の嵐も やむだろう 遠い遠い この道たどれば また明日に めぐり逢えるさ  あゝあきらめないさ 耐えてりゃいつか 冬の嵐も やむだろう 遠い遠い この道たどれば また明日に めぐり逢えるさ また明日に めぐり逢えるさ
冬のリヴィエラあいつによろしく伝えてくれよ 今ならホテルで寝ているはずさ 泣いたら窓辺のラジオをつけて 陽気な唄でも聞かせてやれよ アメリカの貨物船が 桟橋で待ってるよ 冬のリヴィエラ 男ってやつは 港を出てゆく船のようだね 哀しければ 哀しいほど 黙りこむもんだね  あいつは俺には過ぎた女さ 別れの気配をちゃんと読んでて 上手にかくした旅行鞄に 外した指輪と酒の小瓶さ 優しさが霧のように シュロの樹を濡らしてる 冬のリヴィエラ 人生って奴は 思い通りにならないものさ 愛しければ 愛しいほど 背中合わせになる  皮のコートのボタンひとつ とれかけてサマにならない 冬のリヴィエラ 男って奴は 港を出てゆく船のようだね 哀しければ 哀しいほど 黙りこむもんだね北川大介松本隆大瀧詠一あいつによろしく伝えてくれよ 今ならホテルで寝ているはずさ 泣いたら窓辺のラジオをつけて 陽気な唄でも聞かせてやれよ アメリカの貨物船が 桟橋で待ってるよ 冬のリヴィエラ 男ってやつは 港を出てゆく船のようだね 哀しければ 哀しいほど 黙りこむもんだね  あいつは俺には過ぎた女さ 別れの気配をちゃんと読んでて 上手にかくした旅行鞄に 外した指輪と酒の小瓶さ 優しさが霧のように シュロの樹を濡らしてる 冬のリヴィエラ 人生って奴は 思い通りにならないものさ 愛しければ 愛しいほど 背中合わせになる  皮のコートのボタンひとつ とれかけてサマにならない 冬のリヴィエラ 男って奴は 港を出てゆく船のようだね 哀しければ 哀しいほど 黙りこむもんだね
ブルーな街角さびしい町の さびしい夜は こころ乱れて 眠れないんだよ ふたり歩いたこの街は 変らないけれど どこか無邪気な微笑みが 今は見えない だから教えてどこにいるの 欲しい風便り oh− 港の夜空に 星も泣いてまたたく ブルーな街角  なじみの酒場 なじみの席で グラス片手に 時間(とき)をみつめてる 横浜(ハマ)の生まれで身についた 言葉や仕草の あの娘(こ)思えばたまらない 胸がときめく だから帰って来てほしいよ 俺の腕の中 oh− 今夜も夜霧に 街の灯りにじむよ ブルーな街角  赤いヒールの靴の音が 聞こえそうな夜 oh− 季節の変り目 風が頬をかすめる ブルーな街角 ブルーな街角北川大介いではく叶弦大さびしい町の さびしい夜は こころ乱れて 眠れないんだよ ふたり歩いたこの街は 変らないけれど どこか無邪気な微笑みが 今は見えない だから教えてどこにいるの 欲しい風便り oh− 港の夜空に 星も泣いてまたたく ブルーな街角  なじみの酒場 なじみの席で グラス片手に 時間(とき)をみつめてる 横浜(ハマ)の生まれで身についた 言葉や仕草の あの娘(こ)思えばたまらない 胸がときめく だから帰って来てほしいよ 俺の腕の中 oh− 今夜も夜霧に 街の灯りにじむよ ブルーな街角  赤いヒールの靴の音が 聞こえそうな夜 oh− 季節の変り目 風が頬をかすめる ブルーな街角 ブルーな街角
星空のツイスト忘れられない彼女(あのこ)に似てる ゆれるまなざしいかしてる 恋に堕ちたらハート年令 20才(はたち)だぜ 薔薇のくちびる 胸キュン キュ・キュン 見つめられたら アッチッチ どんな恋してきたの ボディーのくびれが 悩ましい shake shake shake shake shake shake 帰さないよ 帰らないで shake shake shake shake shake shake お嫁においでよ I love you  どこの生まれか 知らないけれど 海の匂いがするうなじ 彼氏いそうなあの指先を 奪いたい まるで初恋 胸キュン キュ・キュン キスを投げられ アッチッチ 誘惑の星空で からんだハートが 狂おしい shake shake shake shake shake shake 帰さないよ 帰らないで shake shake shake shake shake shake お嫁においでよ I love you  薔薇のくちびる 胸キュン キュ・キュン 見つめられたら アッチッチ どんな恋してきたの ボディーのくびれが 悩ましい shake shake shake shake shake shake 帰さないよ 帰らないで shake shake shake shake shake shake お嫁においでよ I love you北川大介岡田冨美子叶弦大忘れられない彼女(あのこ)に似てる ゆれるまなざしいかしてる 恋に堕ちたらハート年令 20才(はたち)だぜ 薔薇のくちびる 胸キュン キュ・キュン 見つめられたら アッチッチ どんな恋してきたの ボディーのくびれが 悩ましい shake shake shake shake shake shake 帰さないよ 帰らないで shake shake shake shake shake shake お嫁においでよ I love you  どこの生まれか 知らないけれど 海の匂いがするうなじ 彼氏いそうなあの指先を 奪いたい まるで初恋 胸キュン キュ・キュン キスを投げられ アッチッチ 誘惑の星空で からんだハートが 狂おしい shake shake shake shake shake shake 帰さないよ 帰らないで shake shake shake shake shake shake お嫁においでよ I love you  薔薇のくちびる 胸キュン キュ・キュン 見つめられたら アッチッチ どんな恋してきたの ボディーのくびれが 悩ましい shake shake shake shake shake shake 帰さないよ 帰らないで shake shake shake shake shake shake お嫁においでよ I love you
本当のしあわせくり返す 波音を 聞きながら ふたりで 肩寄せ 陽が昇る 夜明けまで 待ってた ほとばしる若さを ぶつけてた 時代は終わって いるけれど これからは悔いのない しあわせをやれる 本当のしあわせ 届けたい君に  朝日あび キラキラと 輝いた 横顔 眺めては 永遠に 続く愛 夢みた 思いどおり いかない人生を 知らされ傷つけ 別れたが もう一度とりかえす 君のあの笑顔 本当のしあわせ 届けたい君に  男だけいつでも 身勝手と 笑われ叱られ かまわない 君だけを大切に 抱きしめていたい 本当のしあわせ 届けたい君に北川大介いではく叶弦大くり返す 波音を 聞きながら ふたりで 肩寄せ 陽が昇る 夜明けまで 待ってた ほとばしる若さを ぶつけてた 時代は終わって いるけれど これからは悔いのない しあわせをやれる 本当のしあわせ 届けたい君に  朝日あび キラキラと 輝いた 横顔 眺めては 永遠に 続く愛 夢みた 思いどおり いかない人生を 知らされ傷つけ 別れたが もう一度とりかえす 君のあの笑顔 本当のしあわせ 届けたい君に  男だけいつでも 身勝手と 笑われ叱られ かまわない 君だけを大切に 抱きしめていたい 本当のしあわせ 届けたい君に
前橋ブルースよく似た人だと いうだけで あげたくなるのよ 心まで 好いたふりして あげるから 惚れたふりして 踊ってね あゝゝ あゝゝ ここは前橋 なぜかこの唄なぜかこの唄 前橋ブルース  オリオン通りで みる夢は あなたとふたりの 1DK(ワンルーム) 夜のネオンが まぶしくて 涙ぐんでる 私なの あゝゝ あゝゝ ここは前橋 なぜかこの唄なぜかこの唄 前橋ブルース  今夜もあなたに 逢えなくて 両毛線は 終電車 遠い汽笛の 淋しさを 酒でぬくめて 唄うのよ あゝゝ あゝゝ ここは前橋 なぜかこの唄なぜかこの唄 前橋ブルース北川大介星野哲郎中川博之よく似た人だと いうだけで あげたくなるのよ 心まで 好いたふりして あげるから 惚れたふりして 踊ってね あゝゝ あゝゝ ここは前橋 なぜかこの唄なぜかこの唄 前橋ブルース  オリオン通りで みる夢は あなたとふたりの 1DK(ワンルーム) 夜のネオンが まぶしくて 涙ぐんでる 私なの あゝゝ あゝゝ ここは前橋 なぜかこの唄なぜかこの唄 前橋ブルース  今夜もあなたに 逢えなくて 両毛線は 終電車 遠い汽笛の 淋しさを 酒でぬくめて 唄うのよ あゝゝ あゝゝ ここは前橋 なぜかこの唄なぜかこの唄 前橋ブルース
水芭蕉風にやさしく揺れてる 花びらに 男のこころが また潤む 愛していると 言えなくて ひとり北の町 水芭蕉 水芭蕉 どこか似ている 白い花 この俺信じて 待ってるだろうか  俺を見つめる一途な あの瞳 思えばなおさら つらくなる 一緒になれる 幸せの 夢もやれぬまま 水芭蕉 水芭蕉 甘い香りの 白い花 今でもひとりか 幸せだろうか  たとえどれだけ月日が かかろうと 必ずおまえに たどり着く 愛しているよ これからは ずっと離さない 水芭蕉 水芭蕉 咲いて優しい 白い花 おまえの笑顔に 会えるだろうか北川大介麻こよみ叶弦大風にやさしく揺れてる 花びらに 男のこころが また潤む 愛していると 言えなくて ひとり北の町 水芭蕉 水芭蕉 どこか似ている 白い花 この俺信じて 待ってるだろうか  俺を見つめる一途な あの瞳 思えばなおさら つらくなる 一緒になれる 幸せの 夢もやれぬまま 水芭蕉 水芭蕉 甘い香りの 白い花 今でもひとりか 幸せだろうか  たとえどれだけ月日が かかろうと 必ずおまえに たどり着く 愛しているよ これからは ずっと離さない 水芭蕉 水芭蕉 咲いて優しい 白い花 おまえの笑顔に 会えるだろうか
水割りグラス愛に傷つき やつれた心 俺にあずけて くれないか 水割りグラスの 氷が溶けて そっと重ねる 指の先  俺の心に 鍵はひとつだけ おまえの住む場所 空けてあるから  巡り逢うため この世にきっと 二人生まれて 来たんだよ 水割りグラスの 滴が落ちて 潤むまつ毛の 愛おしさ  もしも眠れぬ 夜はいつだって おまえに寄り添い そばにいるから  帰したくない 今夜はずっと 肩を優しく 抱き寄せる 水割りグラスの 琥珀(こはく)の色が 甘く二人を 包む夜  俺の心に 鍵はひとつだけ おまえに今日から あずけておくよ北川大介麻こよみ叶弦大愛に傷つき やつれた心 俺にあずけて くれないか 水割りグラスの 氷が溶けて そっと重ねる 指の先  俺の心に 鍵はひとつだけ おまえの住む場所 空けてあるから  巡り逢うため この世にきっと 二人生まれて 来たんだよ 水割りグラスの 滴が落ちて 潤むまつ毛の 愛おしさ  もしも眠れぬ 夜はいつだって おまえに寄り添い そばにいるから  帰したくない 今夜はずっと 肩を優しく 抱き寄せる 水割りグラスの 琥珀(こはく)の色が 甘く二人を 包む夜  俺の心に 鍵はひとつだけ おまえに今日から あずけておくよ
みちのく涙がひとつ 涙がふたつ こぼれて落ちた こぼれた町に ちいさな花が 今年も咲くよ 金色に光る 福寿草 今頃 雪の中 おまえと俺とが 生まれた故郷(ふるさと) 長い冬を 乗り越えて 春がまた来るよ ちいさな花をみつめ ふたりの明日(あす)を見る 北の町 みちのく  今日からひとつ 明日もひとつ さがそう夢を 夜空の星に 願いをかけて 歩いてゆこう 雪道に赤い ななかまど 真っ赤に 燃えている おまえと俺とが 生きてく故郷 人と人の やすらぎに こころ預けます ちいさな星をみつめ しあわせみつけよう 北の町 みちのく  ちいさな花をみつめ ふたりの明日を見る 北の町 みちのく北川大介喜多條忠叶弦大涙がひとつ 涙がふたつ こぼれて落ちた こぼれた町に ちいさな花が 今年も咲くよ 金色に光る 福寿草 今頃 雪の中 おまえと俺とが 生まれた故郷(ふるさと) 長い冬を 乗り越えて 春がまた来るよ ちいさな花をみつめ ふたりの明日(あす)を見る 北の町 みちのく  今日からひとつ 明日もひとつ さがそう夢を 夜空の星に 願いをかけて 歩いてゆこう 雪道に赤い ななかまど 真っ赤に 燃えている おまえと俺とが 生きてく故郷 人と人の やすらぎに こころ預けます ちいさな星をみつめ しあわせみつけよう 北の町 みちのく  ちいさな花をみつめ ふたりの明日を見る 北の町 みちのく
みなと町 小樽ふりしきる雨に 肩を寄せながら そぞろ歩いたね 運河のほとり 別れ言葉が 言いだせなくて ただ見つめてた ガス燈(ライト) ああ あの日と同じ 雨が降る おもいでの おもいでの みなと町 小樽  北国の駅を いくつ乗りかえて 春を探したね ちいさな春を めぐり逢うのが 遅かったのと この指噛んで 泣いた人 ああ あの日も こんな雨だった たそがれの たそがれの わかれ町 小樽  リラ冷えの町で 今も待つという うわさ哀しいね 愛しさつのる 抱いてやりたい もう一度だけ しあわせ薄い うしろ影 ああ あの日と同じ 雨に泣く おもかげの おもかげの みなと町 小樽北川大介水木れいじ叶弦大ふりしきる雨に 肩を寄せながら そぞろ歩いたね 運河のほとり 別れ言葉が 言いだせなくて ただ見つめてた ガス燈(ライト) ああ あの日と同じ 雨が降る おもいでの おもいでの みなと町 小樽  北国の駅を いくつ乗りかえて 春を探したね ちいさな春を めぐり逢うのが 遅かったのと この指噛んで 泣いた人 ああ あの日も こんな雨だった たそがれの たそがれの わかれ町 小樽  リラ冷えの町で 今も待つという うわさ哀しいね 愛しさつのる 抱いてやりたい もう一度だけ しあわせ薄い うしろ影 ああ あの日と同じ 雨に泣く おもかげの おもかげの みなと町 小樽
胸に汽笛が響く町火の見やぐらや 駅前の 商店街まで そのままなのに さよなら言った あの夜が 俺のあとから ついてくる ごめんよ ごめんよ 泣かせちまったよね ごめんよ 胸に汽笛が 遠く響く町  濡れたレールの その先に あの娘(こ)の町が あるのだろうか 想い出そっと トランクに つめて夜汽車に 乗ったのか ごめんよ ごめんよ 若すぎたんだよね ごめんよ 胸に汽笛が 遠く響く町  せまい部屋でも 窓の下 三色スミレを 咲かせていたね 元気でいます それだけの 葉書一枚 くれないか ごめんよ ごめんよ しあわせやれなくて ごめんよ 胸に汽笛が 遠く響く町 胸に汽笛が 遠く響く町北川大介喜多條忠叶弦大火の見やぐらや 駅前の 商店街まで そのままなのに さよなら言った あの夜が 俺のあとから ついてくる ごめんよ ごめんよ 泣かせちまったよね ごめんよ 胸に汽笛が 遠く響く町  濡れたレールの その先に あの娘(こ)の町が あるのだろうか 想い出そっと トランクに つめて夜汽車に 乗ったのか ごめんよ ごめんよ 若すぎたんだよね ごめんよ 胸に汽笛が 遠く響く町  せまい部屋でも 窓の下 三色スミレを 咲かせていたね 元気でいます それだけの 葉書一枚 くれないか ごめんよ ごめんよ しあわせやれなくて ごめんよ 胸に汽笛が 遠く響く町 胸に汽笛が 遠く響く町
めぐり逢い紡いで胸のボタンひとつはずして あなた好みに変わってゆく ただひたむきに愛されたい 惜しみなく奪ってほしい  はじめてつけたマニキュアが もろい かける 割れる はがれる めぐり逢い紡いで愛の色に織りあげた あなたへの燃える火を 断ちきれない 消せはしない  束ね髪をふわり広げて かわいい女つくろって ただひたすらにつなぎとめる 行かないでこっちを向いて  はじめてつけたマニキュアが もろい かける 割れる はがれる めぐり逢い紡いで愛の色に織りあげた あなたへの燃える火を 断ちきれない 消せはしない  めぐり逢い紡いで愛の色に織りあげた あなたへの燃える火を 断ちきれない 消せはしない北川大介るい大塚博堂胸のボタンひとつはずして あなた好みに変わってゆく ただひたむきに愛されたい 惜しみなく奪ってほしい  はじめてつけたマニキュアが もろい かける 割れる はがれる めぐり逢い紡いで愛の色に織りあげた あなたへの燃える火を 断ちきれない 消せはしない  束ね髪をふわり広げて かわいい女つくろって ただひたすらにつなぎとめる 行かないでこっちを向いて  はじめてつけたマニキュアが もろい かける 割れる はがれる めぐり逢い紡いで愛の色に織りあげた あなたへの燃える火を 断ちきれない 消せはしない  めぐり逢い紡いで愛の色に織りあげた あなたへの燃える火を 断ちきれない 消せはしない
やぐるま岬寒いのは咽び泣く 霧笛のせいじゃないさ 宛もなく下りてみた 黙りこくった岬町 こんな酒場の片隅に 面影一輪 矢車草 どこを流れて いるものか 矢車 矢車 紫の 花の翳(かげ)りに 切なく浮かぶ女(やつ)  逢いたさに勝てるほど 人など強くないさ ままならぬ恋を捨て 知らぬ他国で飲む夜は 息をかけたら散りそうな 儚さ一輪 矢車草 晩春(はる)がここまで 運ぶのか 矢車 矢車 くるくると 酔えば傷みが 過去(きのう)をしめつける  旅を行く身は同じだが 最果て一輪 矢車草 誰か運命(さだめ)に 出遭えたか 矢車 矢車 あれ以上 暗くするなよ この世の身の上を北川大介ちあき哲也叶弦大寒いのは咽び泣く 霧笛のせいじゃないさ 宛もなく下りてみた 黙りこくった岬町 こんな酒場の片隅に 面影一輪 矢車草 どこを流れて いるものか 矢車 矢車 紫の 花の翳(かげ)りに 切なく浮かぶ女(やつ)  逢いたさに勝てるほど 人など強くないさ ままならぬ恋を捨て 知らぬ他国で飲む夜は 息をかけたら散りそうな 儚さ一輪 矢車草 晩春(はる)がここまで 運ぶのか 矢車 矢車 くるくると 酔えば傷みが 過去(きのう)をしめつける  旅を行く身は同じだが 最果て一輪 矢車草 誰か運命(さだめ)に 出遭えたか 矢車 矢車 あれ以上 暗くするなよ この世の身の上を
雪割りの花一度死んだと 思って生きりゃ どんな苦労も 笑ってられる 宿のゆかたで いで湯みち そっとかがんで みつけた花は お前のような 雪割りの花  夢の中でも また夢を見た 涙ぐんでる お前の夢を ひとり湯舟に 夜の雨 雨に打たれて 咲いてる花は お前のような 雪割りの花  何度この世に 生まれて来ても 離したくない 離しはしない 旅の湯煙り 名残り雪 添えぬさだめを 知ってる花は お前のような 雪割りの花北川大介喜多條忠叶弦大一度死んだと 思って生きりゃ どんな苦労も 笑ってられる 宿のゆかたで いで湯みち そっとかがんで みつけた花は お前のような 雪割りの花  夢の中でも また夢を見た 涙ぐんでる お前の夢を ひとり湯舟に 夜の雨 雨に打たれて 咲いてる花は お前のような 雪割りの花  何度この世に 生まれて来ても 離したくない 離しはしない 旅の湯煙り 名残り雪 添えぬさだめを 知ってる花は お前のような 雪割りの花
夜明けの停車場夜明けの停車場に ふる雨はつめたい 涙をかみしめて さよなら告げる きらいでもないのに なぜか 別れたくないのに なぜか ひとりで旅に出る 俺は悪い奴 だからぬれていないで 早くお帰り 君には罪はない 罪はないんだよ  ひと駅過ぎるたび かなしみは深まる こんなに愛してて さびしいことさ きらいでもないのに なぜか 別れたくないのに なぜか しあわせ捨ててゆく 俺がわからない だから遠くなるほど 胸がいたむよ 君には罪はない 罪はないんだよ北川大介丹古晴己叶弦大夜明けの停車場に ふる雨はつめたい 涙をかみしめて さよなら告げる きらいでもないのに なぜか 別れたくないのに なぜか ひとりで旅に出る 俺は悪い奴 だからぬれていないで 早くお帰り 君には罪はない 罪はないんだよ  ひと駅過ぎるたび かなしみは深まる こんなに愛してて さびしいことさ きらいでもないのに なぜか 別れたくないのに なぜか しあわせ捨ててゆく 俺がわからない だから遠くなるほど 胸がいたむよ 君には罪はない 罪はないんだよ
夜明けの停車場夜明けの停車場に ふる雨はつめたい 涙をかみしめて さよなら告げる きらいでもないのに なぜか 別れたくないのに なぜか ひとりで旅に出る 俺は悪い奴 だからぬれていないで 早くお帰り 君には罪はない 罪はないんだよ  ひと駅過ぎるたび かなしみは深まる こんなに愛してて さびしいことさ きらいでもないのに なぜか 別れたくないのに なぜか しあわせ捨ててゆく 俺がわからない だから遠くなるほど 胸がいたむよ 君には罪はない 罪はないんだよ  きらいでもないのに なぜか 別れたくないのに なぜか ひとりで旅に出る 俺は悪い奴 だからぬれていないで 早くお帰り 君には罪はない 罪はないんだよ北川大介丹古晴己叶弦大夜明けの停車場に ふる雨はつめたい 涙をかみしめて さよなら告げる きらいでもないのに なぜか 別れたくないのに なぜか ひとりで旅に出る 俺は悪い奴 だからぬれていないで 早くお帰り 君には罪はない 罪はないんだよ  ひと駅過ぎるたび かなしみは深まる こんなに愛してて さびしいことさ きらいでもないのに なぜか 別れたくないのに なぜか しあわせ捨ててゆく 俺がわからない だから遠くなるほど 胸がいたむよ 君には罪はない 罪はないんだよ  きらいでもないのに なぜか 別れたくないのに なぜか ひとりで旅に出る 俺は悪い奴 だからぬれていないで 早くお帰り 君には罪はない 罪はないんだよ
横須賀挽歌今年もおまえに 逢いたくて 夏の横須賀 みんなと来たぜ 命を絶つ夜 電話をくれた 角のタバコ屋 どぶ板通り 赤い電話機 もうないけれど 聞こえてきそうな 夕焼け小焼け スカジャン脱ぎ捨て 昭和を捨てて 裸の心を 背広で包む 大人のふりして 生きてる俺を 友よ 遠くで見ているか  海軍カレーを かっこんで 後は角打(かくう)ち 立ち飲みビール 楽しくやろうや あいつもきっと しけた話は 好きじゃないから ジャズで飯など 食えないけれど 水平線まで 夢見た日々よ 若さを脱ぎ捨て 暮らしに追われ 後ろを向いたら 負けだと吠えた 最後の言葉を とり消したいよ 純なおまえが 目に浮かぶ  スカジャン脱ぎ捨て さすらう街で 男は抱いてる 死なない夢を 涙にゆれてる 外国船を 友よ 笑顔で見ているか  友よ 笑顔で見ているか北川大介小泉厚子岡千秋今年もおまえに 逢いたくて 夏の横須賀 みんなと来たぜ 命を絶つ夜 電話をくれた 角のタバコ屋 どぶ板通り 赤い電話機 もうないけれど 聞こえてきそうな 夕焼け小焼け スカジャン脱ぎ捨て 昭和を捨てて 裸の心を 背広で包む 大人のふりして 生きてる俺を 友よ 遠くで見ているか  海軍カレーを かっこんで 後は角打(かくう)ち 立ち飲みビール 楽しくやろうや あいつもきっと しけた話は 好きじゃないから ジャズで飯など 食えないけれど 水平線まで 夢見た日々よ 若さを脱ぎ捨て 暮らしに追われ 後ろを向いたら 負けだと吠えた 最後の言葉を とり消したいよ 純なおまえが 目に浮かぶ  スカジャン脱ぎ捨て さすらう街で 男は抱いてる 死なない夢を 涙にゆれてる 外国船を 友よ 笑顔で見ているか  友よ 笑顔で見ているか
横浜ルージュかもめに恋した女 どこにもあるよな話 港の酒場が 似合うけれど グラスに聴こえる 霧笛がちぎれて 帰らぬ追憶(おもいで)ゆらす 二年の月日が 流れても 今でもひとりで 暮しているなら ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 逢いたい君と  かもめと暮した女 よくある話の続き 波止場を見下ろす 窓にもたれ 夕陽のむこうに 沈んだしあわせ 指差しため息落す 涙が頬から 口びるに 心の中まで 濡らしているなら ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 逢いたい君と  夜霧がつつんだ 馬車道で 最後の口づけ 憶えているなら ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 逢いたい君と北川大介保岡直樹・補作詞:荒木とよひさ平尾昌晃かもめに恋した女 どこにもあるよな話 港の酒場が 似合うけれど グラスに聴こえる 霧笛がちぎれて 帰らぬ追憶(おもいで)ゆらす 二年の月日が 流れても 今でもひとりで 暮しているなら ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 逢いたい君と  かもめと暮した女 よくある話の続き 波止場を見下ろす 窓にもたれ 夕陽のむこうに 沈んだしあわせ 指差しため息落す 涙が頬から 口びるに 心の中まで 濡らしているなら ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 逢いたい君と  夜霧がつつんだ 馬車道で 最後の口づけ 憶えているなら ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 ルージュルージュ横浜 逢いたい君と
夜空あの娘 どこにいるのやら 星空のつづく あの町あたりか 細い風の口笛が 恋の傷あとにしみる あー あきらめた恋だから なおさら 逢いたい 逢いたい もう一度 夜は いつもひとりぼっち  あの娘 帰っておいでと 流れ星に乗せ そっと呼んでみた だれも答えはしないよ 白い花が散るばかり あー とどかない夢だから なおさら 淋しい 淋しい この胸よ 夜空 遠く果てしない北川大介山口洋子平尾昌晃あの娘 どこにいるのやら 星空のつづく あの町あたりか 細い風の口笛が 恋の傷あとにしみる あー あきらめた恋だから なおさら 逢いたい 逢いたい もう一度 夜は いつもひとりぼっち  あの娘 帰っておいでと 流れ星に乗せ そっと呼んでみた だれも答えはしないよ 白い花が散るばかり あー とどかない夢だから なおさら 淋しい 淋しい この胸よ 夜空 遠く果てしない
夜の銀狐淋しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ ほしくはないかい 女としての 静かなしあわせ ほしくはないかい  泣きたくないかい 一人の部屋の 灯りをまさぐる 夜更けの時間 ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ ドレスが泣いてる ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ くちびるむなしい 小さなマンション おまえのために さがしておいたよ 二人で住みたい  ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ きれいな服も すてきだけれど 似合うと思うよ エプロン姿北川大介中山大三郎中川博之淋しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ ほしくはないかい 女としての 静かなしあわせ ほしくはないかい  泣きたくないかい 一人の部屋の 灯りをまさぐる 夜更けの時間 ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ ドレスが泣いてる ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ くちびるむなしい 小さなマンション おまえのために さがしておいたよ 二人で住みたい  ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ きれいな服も すてきだけれど 似合うと思うよ エプロン姿
ルビーの指環くもり硝子の向こうは風の街 問わず語りの心が切ないね 枯葉ひとつの重さもない命 貴女を失ってから 背中を丸めながら 指のリング抜き取ったね 俺に返すつもりならば 捨ててくれ  そうね誕生石ならルビーなの そんな言葉が頭に渦巻くよ あれは八月目映い陽の中で 誓った愛の幻 孤独が好きな俺さ 気にしないで行っていいよ 気が変わらぬうちに早く 消えてくれ  くもり硝子の向こうは風の街 さめた紅茶が残ったテーブルで 衿を合わせて日暮れの人波に まぎれる貴女を見てた  そして二年の月日が 流れ去り 街でベージュのコートを見かけると 指にルビーのリングを 探すのさ 貴女を失ってから  そして二年の月日が 流れ去り 街でベージュのコートを見かけると 指にルビーのリングを 探すのさ 貴女を失ってから Tu lu lu…北川大介松本隆寺尾聰くもり硝子の向こうは風の街 問わず語りの心が切ないね 枯葉ひとつの重さもない命 貴女を失ってから 背中を丸めながら 指のリング抜き取ったね 俺に返すつもりならば 捨ててくれ  そうね誕生石ならルビーなの そんな言葉が頭に渦巻くよ あれは八月目映い陽の中で 誓った愛の幻 孤独が好きな俺さ 気にしないで行っていいよ 気が変わらぬうちに早く 消えてくれ  くもり硝子の向こうは風の街 さめた紅茶が残ったテーブルで 衿を合わせて日暮れの人波に まぎれる貴女を見てた  そして二年の月日が 流れ去り 街でベージュのコートを見かけると 指にルビーのリングを 探すのさ 貴女を失ってから  そして二年の月日が 流れ去り 街でベージュのコートを見かけると 指にルビーのリングを 探すのさ 貴女を失ってから Tu lu lu…
わたし祈ってます身体(からだ)に充分 注意をするのよ お酒もちょっぴり ひかえめにして あなたは男でしょ 強く生きなきゃだめなの わたしのことなど 心配しないで 幸せになってね わたし祈ってます  あなたはちっとも 悪くはないのよ 女のわたしが わがままでした あなたのそばにいて 何もしてあげられずに サヨナラするのは 哀しいものよ 幸せになってね わたし祈ってます  時間が必ず 解決するのよ どんなに苦しい 出来事だって あなたはわたしより もっといい人見つけて いいわね お願い 泣いちゃおかしいわ 幸せになってね わたし祈ってます北川大介五十嵐悟五十嵐悟身体(からだ)に充分 注意をするのよ お酒もちょっぴり ひかえめにして あなたは男でしょ 強く生きなきゃだめなの わたしのことなど 心配しないで 幸せになってね わたし祈ってます  あなたはちっとも 悪くはないのよ 女のわたしが わがままでした あなたのそばにいて 何もしてあげられずに サヨナラするのは 哀しいものよ 幸せになってね わたし祈ってます  時間が必ず 解決するのよ どんなに苦しい 出来事だって あなたはわたしより もっといい人見つけて いいわね お願い 泣いちゃおかしいわ 幸せになってね わたし祈ってます
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 百万本のバラ
  2. 最愛
  3. 悲しみは雪のように
  4. ミッドナイト・トレンディ
  5. ラジオ体操の歌

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. スーパーレア
  3. ELEVEN -Japanese ver.-
  4. 出町柳パラレルユニバース
  5. LOVE, SO GOOD.

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照