やぐるま岬

この曲の表示回数 11,616
歌手:

北川大介


作詞:

ちあき哲也


作曲:

叶弦大


寒いのは咽び泣く 霧笛のせいじゃないさ
宛もなく下りてみた 黙りこくった岬町
こんな酒場の片隅に 面影一輪 矢車草
どこを流れて いるものか
矢車 矢車 紫の
花の翳(かげ)りに 切なく浮かぶ女(やつ)

逢いたさに勝てるほど 人など強くないさ
ままならぬ恋を捨て 知らぬ他国で飲む夜は
息をかけたら散りそうな 儚さ一輪 矢車草
晩春(はる)がここまで 運ぶのか
矢車 矢車 くるくると
酔えば傷みが 過去(きのう)をしめつける

旅を行く身は同じだが 最果て一輪 矢車草
誰か運命(さだめ)に 出遭えたか
矢車 矢車 あれ以上
暗くするなよ この世の身の上を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:やぐるま岬 歌手:北川大介

北川大介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-06-05
商品番号:CRCN-1192
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP