試聴する

東京三日月倶楽部

この曲の表示回数 985

夜空をひとり 見るたびに
満月のよに まるかった
心もいつか 削られてゆき
哀しくとがった 三日月に
忘れたふりして 生きるクセ
愛した分だけ 深い傷
あなたは優しい 人でした
優しい人ほど 残酷で
東京三日月倶楽部
心の痛み 酔わせるように
お酒という名の 夢を飲む

男が純な 少年で
女が強い マリアなら
最後はいつも 許すしかない
お決まり通りの 裏切りを
泣いてもどうにも ならないと
いつから涙を 忘れたの
強がり続ける 嘘つきは
ほんとは泣くのが こわいだけ
東京三日月倶楽部
心をそっと 洗ってくれる
琥珀(こはく)の涙を 酒と呼ぶ

東京三日月倶楽部
あやまちさえも 許してくれる
大人の時間を 夜という
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:東京三日月倶楽部 歌手:北川大介

北川大介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-06-05
商品番号:CRCN-8254
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP