叱り酒

この曲の表示回数 449
歌手:


作詞:

鈴木紀代


作曲:

水森英夫


日暮れを待てずに 昨日も今日も
赤提灯の 暖簾をくぐる
夢に向かって 突き進んでた
希望が砕けて 舞い落ちた
男だろ 男だろ しゃがれた親父の
声が聞こえる 叱り酒

体をこわして ないかと書いた
金釘文字(かなくぎもじ)の おふくろ便り
そっと小遣い しのばせ入れて
こらえた涙が 止まらない
男だろ 男だろ しゃがれた親父の
声が聞こえる 叱り酒

親には顔向け 出来ないままで
終われはしない 待ってて欲しい
闇にまぎれて 泣くだけ泣いた
晴れる日かげる日 道半ば
男だろ 男だろ しゃがれた親父の
声が聞こえる 叱り酒
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:叱り酒 歌手:松尾雄史

松尾雄史の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-06
商品番号:CRCN-8109
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP