さいはて哀歌

この曲の表示回数 10,683
歌手:

石原裕次郎


作詞:

杉紀彦


作曲:

平尾昌晃


白く凍てつく 北の海辺を
人を葬う 黒い列が行く
だまりこくって 悲しみさえも
風の彼方に 埋めてしまうのか
ああ寒い寒い 人の世を
流れ流れて 辿りついたさいはて…
おれも捨てようか 恋のなきがら

つらら浮かべて 酒を飲んでも
昔の夢が 帰る訳じゃない
せめて思い出 抱きしめながら
風をまくらに 眠ってしまおうか
ああ寒い寒い 人の世を
流れ流れて 辿りついたさいはて…
春は遠すぎる 海の流氷

生きて来たことは くやまないけど
女を愛した 古い傷がある
群をはずれた かもめが一羽
風にまかれて 海辺に消えて行く
ああ寒い寒い 人の世を
流れ流れて 辿りついたさいはて…
おれも消えようか あすの吹雪に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さいはて哀歌 歌手:石原裕次郎

石原裕次郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-08-25
商品番号:TECE-28484
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP