早春慕情

この曲の表示回数 33,449
歌手:

椎名佐千子


作詞:

悠木圭子


作曲:

鈴木淳


僅(わず)かな暖房が残った
夜明けのローカル列車には
人影もなく… 忘れたはずの
貴方のぬくもり 恋しいの
窓から見える町は
貴方が育ったという
海辺の町に 似ていて
なぜか 心がふるえる
帰らないはずの 思い出が
私の胸を揺(ゆ)する

一人で降り立つ ホームには
霜柱が白く光って
心も寒く… 忘れたはずの
貴方の笑顔が 浮かびます
初めて歩く町は
潮の匂いがしていて
貴方が歩いて来そうで
なぜか 心がふるえる
帰らないはずの 思い出が
私の胸を濡らす

歩き疲れた町で
貴方の言葉によく似た
故郷(ふるさと)訛りが聞こえて
思わず胸がときめく
帰らないはずの 思い出が
私の胸を焦(こ)がす
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:早春慕情 歌手:椎名佐千子

椎名佐千子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-11-26
商品番号:KICM-30624
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP