歌詞を

ヘルプ

渚ゆう子の歌詞一覧リスト

28 曲中 1-28 曲を表示
2019年9月20日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
A BOY (少年)渚ゆう子ダン・ケニー、訳詞:小川七郎Bill Reddie夏白い光きらめくこもれ陽
愛にぬれたギター渚ゆう子岩田しげる曽根幸明忘れものがあるわ取りに帰って
雨の日のブルース渚ゆう子橋本淳筒美京平小雨に濡れている夜の
居酒屋「すずらん」渚ゆう子みなみらんぼうみなみらんぼう細い路地を抜ければそこは
女の指輪渚ゆう子橋本淳筒美京平好きだと言って別れていった
女ひとり渚ゆう子永六輔いずみたく京都大原三千院
風の日のバラード渚ゆう子峰けい子・補作詞:橋本淳筒美京平ひとり歩く風の街さびしくって
北からの手紙渚ゆう子小谷夏三木たかし匂いますかあなたリラの香りが
北ホテル渚ゆう子高橋直人あらい玉英惚れた女待つのもいいと
京おんな渚ゆう子なかにし礼平尾昌晃此処が女の死に場所と
今日からひとり渚ゆう子橋本淳筒美京平私の腕からあの人が逃げる
京都・北山・杉木立渚ゆう子橋本淳筒美京平旅人の足も遠い京都北山杉木立
京都 木屋町あたり渚ゆう子なかにし礼筒美京平雨降る京都の木屋町あたりで
京都・神戸・銀座渚ゆう子橋本淳筒美京平川の流れにせつない影を
京都の恋GOLD LYLIC渚ゆう子ザ・ベンチャーズ、訳詩:林春生ザ・ベンチャーズ風の噂を信じて今日からは
京都の夜渚ゆう子秋田圭中島安敏別れないでと抱きしめて
京都ひとり渚ゆう子岡田冨美子杉本眞人逢いたい逢えない河原町
京都慕情GOLD LYLIC渚ゆう子ザ・ベンチャーズ、訳詩:林春生ザ・ベンチャーズあの人の姿懐かしい黄昏の
京の石段渚ゆう子阿久悠中村泰士京の石段女が一人日傘くるくる
さいはて慕情渚ゆう子林春生筒美京平夜霧にかくれたあの恋は
しのび逢う京都渚ゆう子山口あかり浜圭介淋しがりのあなただから
七夕の恋渚ゆう子大橋節夫大橋節夫年に一度の七夕の恋
とげのないバラ渚ゆう子わたなべ研一岡田渥美タバコの香りが恋しくなって
何処ヘ渚ゆう子なかにし礼中村泰士捨てられた女は何処へ行けば
長崎慕情渚ゆう子林春生ザ・ベンチャーズ丘に登れば外人墓地あたり
春の雨渚ゆう子高橋直人あらい玉英花の便りが北にも届き
二人の大阪渚ゆう子辻本茂川口真難波駅から橋筋あたり
港のエトランゼ渚ゆう子岡田冨美子杉本眞人こぬか雨にけむる港

渚 ゆう子(なぎさ ゆうこ、1945年11月8日 - )は、日本の歌手。大阪市浪速区出身。本名は大江 千鶴子。ハワイアン歌手としてレコードデビューの後、1970年にベンチャーズ作曲・演奏の「京都の恋」を日本語の歌詞で唄って、大ブレイクし一躍人気歌手となった。 wikipedia