人情岬

この曲の表示回数 10,766
歌手:

とんねるず


作詞:

秋元康


作曲:

後藤次利


置き手紙だけで 男と別れて
一人旅するなんて いい気なもんさ
不幸せめぐり だまされ続けて
やけになってみたって 仕方がないよ
さあお猪口出して辛口の酒注いで
一気に空ければ忘れられる
納沙布は人情岬
過去の傷も古い名前も 言わなくていい
納沙布は人情岬
恋に破れて行くあてのない 女のための岬さ

のれんなどしめて 今夜は朝まで
おまえの愚痴ひとつも聞いてあげるよ
粉雪の中で 別れた男に
手紙書いてみたって 出せないくせして
さあ元気出して小皿を叩きながら
歌でも歌えばやり直せる
納沙布は人情岬
遠い街も胸の痛みも 思い出になる
納沙布は人情岬
恋に遠まわりをしてきた 女のための岬さ

納沙布は人情岬
今日の天気も明日の景気も 鳴り次第
納沙布は人情岬
恋に破れたら来ればいい みんなのための岬さ 岬さ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:人情岬 歌手:とんねるず

とんねるずの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-03-17
商品番号:PCCA-01304
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP