風の子守唄

この曲の表示回数 36,505
歌手:

五木ひろし


作詞:

山口洋子


作曲:

遠藤実


なじみの酒場で はなうたを
歌えばギターが ついてくる
しゃれたロックも いいけれど
夜は演歌が じんとくる
まして逢えない こんな夜は
淋しいね 淋しいね
雨の夜更けは 淋しいね

命もあげると 惚れた恋
世間がなにさと 燃えた恋
十に一つの 優しさに
すがりついてた 恋ごころ
どこで濡れてる あのひとは
淋しいね 淋しいね
昔ばなしは 淋しいね

いっぱい飲むたび ふるさとが
近くになるよな 酒の味
窓のすき間を はたはたと
がたたいて 呼びにくる
一緒に故国へ 帰ろうと
淋しいね 淋しいね
酔えば酔うほど 淋しいね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風の子守唄 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-07-21
商品番号:TKCI-70444
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP