わたしの水夫

この曲の表示回数 1,894

水夫がわたしを見た
すこし秘密(ひみつ)を持ってる
お酒が強(つよ)くて、無口な水夫が見た

水夫がわたしは好き
昔、父も水夫だった
お酒が強くて、港の絵を描いていた

男だったなら、このわたしも
海を恋人にしていたはず
果てしないメロディ、それが海
いつまでも、それが恋ね……

水夫がどうでも好き
夕日がしみた背中
白い帆を広げる 腕が光っているよ

水夫が誰より好き
暗い船出の朝
涙をかくして 風に吹かれてゆくよ

海になりたい このわたしも
彼をどこまでも奪う波に
離れずにいつも感じあう
エメラルド、つづく海に……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:わたしの水夫 歌手:ペギー葉山

ペギー葉山の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-11-03
商品番号:KICS-354
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP