みなと恋唄

この曲の表示回数 10,409
歌手:

羅勲児


作詞:

山口洋子


作曲:

猪俣公章


海はきらいよ 哀しみが
遠くに広がる 気がするの
恋もきらいよ 捨てられたなら
死ぬまで傷つく 気がするわ

港 坂道 潮の風
とぎれた 口笛 流れブイ
いつも 船出の あなたの心
汽笛に追われて 見てるだけ

波は引いても また寄せる
かもめは 去ったら 去ったきり
羽もないのに どうしてわたし
この先 寒空 ついてゆく

燃えたわたしが 馬鹿ならば
抱いた あんたは なんなのよ
恨み言葉も ただ恋しさに
泪まじりの 演歌になる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:みなと恋唄 歌手:羅勲児

羅勲児の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-06-21
商品番号:TECE-25027
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP