歌詞を

ヘルプ

本田路津子の歌詞一覧リスト

39 曲中 1-39 曲を表示
2021年6月13日(日)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
愛のおくりもの本田路津子本田路津子山室恵美子いつかあなたのそばで
藍より青く本田路津子山田太一湯浅譲二海よりも空よりも青い
秋でもないのに本田路津子細野敦子江波戸憲和秋でもないのにひとこいしくて
あの素晴しい愛をもう一度本田路津子北山修加藤和彦命かけてとちかった日から
雨が空から降れば本田路津子別役実小室等雨が空から降ればオモイデは
家路本田路津子山上路夫渋谷毅たそがれの街人はみな急ぐ
美しい星本田路津子山上路夫村井邦彦あなたと私は生まれて来たよ
エレス・トゥー“あなたなしでは”本田路津子訳詞:本田路津子Juan Carlos Calderon昨日までの悲しい部屋に
幼い子供のように本田路津子本田路津子本田路津子幼い子供のようにけんかを
風がはこぶもの本田路津子山上路夫菅原進街を歩く時に風に耳をすませてね
今日の日はさようなら本田路津子金子詔一金子詔一いつまでも絶えることなく
金色の時間本田路津子山上路夫渋谷毅そよ風が窓掛けとたわむれ
ケ・サラ本田路津子訳詞:岩谷時子Migliacci・Fontana Pes平和で美しい国信じあえる
結婚しようよ本田路津子吉田拓郎吉田拓郎僕の髪が肩までのびて
郊外電車で本田路津子山上路夫森田公一お昼すぎまでは降ってた雨が
この空の下で本田路津子山上路夫森田公一今日も生きて来た誰もがみんな
さよならをするために本田路津子石坂浩二坂田晃一過ぎた日の微笑みをみんな
サルビアの花本田路津子相沢靖子早川義夫いつもいつも思ってた
出発のある人生本田路津子山上路夫杉田二郎朝の港船が出てゆく
春夏秋冬本田路津子泉谷しげる泉谷しげる季節のない街に生れ
知床旅情本田路津子森繁久彌森繁久彌知床の岬にはまなすの咲くころ
白い色は恋人の色本田路津子北山修加藤和彦花びらの白い色は恋人の色
白い花本田路津子楠田芳子三枝成章白い花は好きささびしいからと
戦争は知らない本田路津子寺山修司加藤ヒロシ野に咲く花の名前は知らない
空と話そう本田路津子菊地正次山下毅雄空と話そう遠い遠い
太陽がくれた季節本田路津子山川啓介いずみたく君は何を今見つめているの
だれかを愛したい本田路津子有馬三恵子森田公一こんな風が吹いていた日
誰もいない海本田路津子山口洋子内藤法美いまはもう秋だれもいない海
小さな日記本田路津子原田晴子落合和徳小さな日記につづられた
手紙本田路津子本田路津子財津和夫いつか二人が年老いてしまって
遠い世界に本田路津子西岡たかし西岡たかし遠い世界に旅に出ようか
遠くへ行きたい本田路津子永六輔中村八大知らない街を歩いてみたい
日だまりのうた本田路津子菊地正次山下毅雄遠い遠いふる里の小さな
一人の手本田路津子アレクシス・コムフォット、訳詞:本田路津子ピート・シーガー一人の小さな手何も
マリエ本田路津子岩沢幸矢岩沢幸矢マリエ昨日夢を見た
耳をすましてごらん本田路津子山田太一湯浅譲二耳をすましてごらんあれははるかな
めぐりあうためには本田路津子藤田敏雄森田公一お祭り花火ひとりぼっち
若者たち本田路津子藤田敏雄佐藤勝君のゆく道は果てしなく遠い
私の小さな人生本田路津子財津和夫財津和夫私が今日まで生きてきて

本田 路津子(ほんだ るつこ、1949年1月6日 - )は、日本の元フォークシンガー、現ゴスペルシンガー。福岡県大牟田市出身。 wikipedia