どこへ帰る

この曲の表示回数 9,712
歌手:

五木ひろし


作詞:

山口洋子


作曲:

平尾昌晃


どこへ帰る どこへ帰る
追って走れば からみつく
しろい吹雪の いじわるさ
黒い小さな 点になり
消えた夜汽車の 汽笛の音
結ばれないのが 初恋と
髪を優しく なでられた
指のぬくもり あの声も
木枯らしになって
木枯らしになって のこるだけ

うしろふりむきゃ 灯がひとつ
雪の峠に うるんでる
かじかむ両手を くちびるに
そっとおしあて 泣くばかり
好きだと言いたい もう一度
あつい想いを 打ちあけて
いつかみたいに 抱かれたい
たとえ誰かの
たとえ誰かの あなたでも

木枯らしみたいな 恋だった
女ごころを 吹きぬけて
たったひとつの 想い出を
連れてゆくのね
連れてゆくのね さよならと
どこへ帰る どこへ帰る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:どこへ帰る 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-07-21
商品番号:TKCI-70444
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP