面影の郷

この曲の表示回数 24,880
歌手:

五木ひろし


作詞:

山口洋子


作曲:

猪俣公章


道ばたに名もなく こぼれた花を
愛しんで摘んでた しろい横顔
幸せになってと 重ねた指を
潮風がゆらせた 面影の郷(さと)よ

瞳(め)をとじて思えば こんなに近い
初恋はふるさと 男ごころの
肩よせてかくれた 木立の陰で
ふと触れたくちびる 面影の郷よ

夕やけの若狭は 潮騒さえも
あのひとの優しい 声できこえる
あかあかと落ちる陽 彼方に炎える
この心とどけよ 面影の郷に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:面影の郷 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-11-21
商品番号:FKCX-5031
ファイブズエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP