百人の男

この曲の表示回数 19,433
歌手:

亜木寛子


作詞:

山口洋子


作曲:

伊藤雪彦


百人の男の優しい腕よりも
あんたの冷たさが ただ恋しい時もある
一緒に死のうかと 馬鹿な気まぐれ
言葉遊びでも
酔えれば 酔えればいいわ
別離が音もなくしのびこむ夜は
ああ 夜明けも早いのよ

優しく抱くよりも両手をつかんで
昨日はだれといた なにしてたと聞かれたい
からだよせあって はなればなれの
夢を追うなんて
耐えられ 耐えられないわ
かわいた砂の上 愛のかけらでも
ああ 見つけてなぞりたい

男の淋しさがわかってたまるかと
独りで酒の中 何故溺れて逃げ込むの
わざと乱ぼうに喉をそらして
グラス飲みほした
気ままな 気ままな素顔
一度は狂わせて 泣かせてみたいわ
ああ 私のこのひざで
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:百人の男 歌手:亜木寛子

亜木寛子の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP