試聴する

愛の始発

この曲の表示回数 23,743
歌手:

五木ひろし


作詞:

山口洋子


作曲:

猪俣公章


川は流れる 橋の下
まるで二人の 恋のように
川は流れる 橋の下
この街にいまさら
未練なんかは ないのです
哀しみを小さな ボストンバッグに
つめこんで
明日の始発に とびのるのです
ふたりで遠くの 街にゆくのです
水の流れと 同じよに
どこというあてもないのです
川は流れる 橋の下

街は日暮れる 鐘はなる
木の葉浮かべて 淋しげに
川は流れる 橋の下
おたがいにいちばん
大事なひとと 知りました
この愛を一生
まもってゆこうと 決めました
あなたは仕事と 友達を捨て
わたしは長年 住んだ家を捨て
水に浮かんだ わくら葉の
夢だけたよりに 行くのです
川は流れる 橋の下

命をかけても 悔いない恋に
出逢った二人は 幸せなのです
言葉少なく 肩よせて
たそがれの中を 歩きます
川は流れる 橋の下
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛の始発 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-07-24
商品番号:TKCI-72398
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP