天草情歌

この曲の表示回数 2,360
歌手:

天草二郎


作詞:

中山大三郎


作曲:

船村徹


雨雲が 西へ流れる
ふるさとは 雨だろうか
おふくろが むしろをたたむ
いもうとが いそいで帰る
二つ三つ 柿も落ちたろ

さよならも 言えず別れた
あのときも 雨だった
こみあげる 思いのように
肩先を ぬらしていたよ
バスを待つ 村の日暮れに

思い出を あまくぬらして
ふるさとに 雨よ降れ
いつの日か のぞみを果たし
手をふって 帰って行こう
あぜみちよ 森よ変わるな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:天草情歌 歌手:天草二郎

天草二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-04-04
商品番号:CRCN-8140
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP