北愁歌

この曲の表示回数 1,624
歌手:

天草二郎


作詞:

大久保與志雄


作曲:

蔦将包


みぞれまじりの 旅空夜空
思慕(おもい)ひきずる 港町
指輪もやれず 泣かせたままで
いくら詫びても 届かない
夜の寒さを 噛みしめて
ひとり飲む酒 苦い酒

誰かの愛に 包まれながら
今が幸せ それでいい
一途に惚れて 一途に生きた
未練ばかりの 虚しさよ
写真を一枚 ふところに
ひとり飲む酒 つらい酒

北行く船が 夜霧をつれて
汽笛淋しい 港宿
旅路の町は 行く人もなく
肩に冷たい 雪が舞う
明日は釧路か 函館か
ひとり飲む酒 わすれ酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北愁歌 歌手:天草二郎

天草二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-04-04
商品番号:CRCN-8140
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP