試聴する

さんざしの花

この曲の表示回数 18,724
歌手:

舟木一夫


作詞:

中山大三郎


作曲:

中島薫


北国の街に 咲く花が好きと
そんな言葉ひとつ 残していった人
胸の思いを 語るように
さんざしの花びらが
君の細い 肩先に
こぼれていたね

悲しい事など 一度もなかったと
微笑む横顔が 今でも目に浮かぶ
季節の流れの 陽だまりに
さんざしの花びらが
君のように いじらしく
ふるえているよ

北国の街に 春は行くけれど 今頃
どうしているのか幸せか
一人でいたら お帰りよ
さんざしの花びらが
いつかきっと あの道に
こぼれる頃は
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さんざしの花 歌手:舟木一夫

舟木一夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-11-21
商品番号:COCA-14708
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP