湯の町別れうた

この曲の表示回数 6,432
歌手:

森進一


作詞:

中山大三郎


作曲:

猪俣公章


潮風はあまく 黒髪をゆらす
霧雨は重く 肩先をぬらす
ここは湯の町 しのび逢う町
死ぬほど悩んで 死ぬほど泣いて
あなたは別れを ためらうばかり

私ならいいの このままでいいの
待ちわびていつか 逢えればいいの
だけどあなたを 苦しめるなら
一生一度のこの恋だいて
私はひっそり 身を引くだけよ

あしたまでせめて 恋人でいましょ
いそがなくたって さよならはできる
ここは湯の町 夜更けて二人
こころもからだも 思い出づくり
明日は笑って 見送りましょう
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:湯の町別れうた 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP