純情物語

この曲の表示回数 7,049
歌手:

梅宮辰夫・村上幸子


作詞:

中山大三郎


作曲:

中川博之


君に何かを 言いたいけれど
照れているのね やさしい人ね
まぶしすぎるよ あまりにも
どうぞこころを きかせてよ
好きになるのが 怖いのさ
私ちっとも かまわない

夜の盛り場 はなやぐ街で
男と女の 純情物語

いやというほど むかしがあるよ
それは私に会う前でしょう
こころならずも 傷つけた
それも私に会う前ね
わるい奴かも 知れないよ
私見る目が あるつもり

夜の盛り場 はなやぐ街で
男と女の 純情物語

トシがちょっぴりはなれているね
だからなおさら すてきじゃないの
今夜これから つきあうかい
私どこでもついて行く
何かあるかも 知れないよ
それが何だか しりたいの

夜の盛り場 はなやぐ街で
男と女の 純情物語
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:純情物語 歌手:梅宮辰夫・村上幸子

梅宮辰夫・村上幸子の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-09-22
商品番号:CRCN-40634
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP