夢酒場

この曲の表示回数 18,179
歌手:

増位山太志郎


作詞:

中山大三郎


作曲:

中山大三郎


ここから逃げだしたなら しあわせだろう
たとえば南の島で ひとりでくらせば
だけど男の肩には 荷物が多い
どこに置こうか だれにたのもう
すべさえなくて
酒場で見果てぬ 夢追いかける

思えば少年のころのぞんだものを
どれほど手にしただろう 指折りかぞえる
グラス片手にしばしの 空想旅行
一つ悲しみ 二つみちたり
三つで泣いて
ため息色した 夢かけめぐる

だれにも言わないでいた 宝の箱を
男はこころの中に かくしているのさ
酔いがまわればときどき とりだしてみる
やがていつかは たどりつくのさ
きらめく星に
琥珀のかおりよ 夢はてしなく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢酒場 歌手:増位山太志郎

増位山太志郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-01-25
商品番号:TKCA-30498
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP