そんな夕子にほれました

この曲の表示回数 62,084
歌手:

増位山太志郎


作詞:

海老名香葉子


作曲:

山路進一


やさしいことば 暗い過去
みんな鏡が しっている
一人 ぼっちの かわいい女
そんな夕子に……
そんな夕子に ほれました

小さな一間 アパートに
白い お鍋が 光ってた
ソッと生きてる かわいい女
そんな夕子に……
そんな夕子に ほれました

グラスをもつ手 ふるわせて
愛が欲しいと ないていた
ナイト・クラブの かわいい女
そんな夕子に……
そんな夕子に ほれました

キャベツをきざむ 手を止めて
今日は このまま 側にいて
いつも甘える かわいい女
そんな夕子に……
そんな夕子に ほれました
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:そんな夕子にほれました 歌手:増位山太志郎

増位山太志郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-04-26
商品番号:TECA-1078
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP