女の横顔

この曲の表示回数 21,637
歌手:

増位山太志郎


作詞:

中山大三郎


作曲:

中山大三郎


なぜだかこのごろ ひとりで夜の街
さまよい歩く くせがついたよ
はぐれ者のように 酔いしれ
グラスゆすり またもあおって
別れまぎわの おまえの白い
横顔を 想い出す

あの日の別れは 理由(わけ)などなかったさ
大人の恋の しゃれたさよなら
やがて恋もしては みたけど
こころもえず どこか悲しい
暗い酒場の とまり木ゆれて
おまえだけ 想い出す

一度おれと飲んでみないか
言葉なんか なくていいのさ
きっと最初の 出逢いのように
ときめきを 知るだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女の横顔 歌手:増位山太志郎

増位山太志郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-09-21
商品番号:TECE-30188
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP