試聴する

京都から博多まで

この曲の表示回数 1,105
歌手:

水田竜子


作詞:

阿久悠


作曲:

猪俣公章


肩につめたい 小雨が重い
思いきれない 未練(みれん)が重い
鐘(かね)が鳴る鳴る 憐(あわ)れむように
馬鹿な女と 云うように
京都から博多(はかた)まで あなたを追って
西へ流れて 行(ゆ)く女

二度も三度も 恋したあげく
やはりあなたと 心にきめた
汽車が行(ゆ)く行く 瀬戸内ぞいに
沈む気持を ふり捨てて
京都から博多まで あなたを追って
恋をたずねて 行く女

京都育ちが 博多になれて
可愛(かわ)いなまりも いつしか消えた
ひとりしみじみ 不幸を感じ
ついてないわと 云いながら
京都から博多まで あなたを追って
今日も逢(あ)えずに 泣く女
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:京都から博多まで 歌手:水田竜子

水田竜子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-07
商品番号:KICX-1050
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP