野いちご

この曲の表示回数 5,294
歌手:

PIZZICATO FIVE


作詞:

小西康陽


作曲:

小西康陽


夏の朝の
寒い朝の
霧の中を
ふたりドライブした

誰もいない
何処かの街
海の近く
ずっとドライブした

とぎれとぎれ
ラジオの音
いつの間にか
遠くまで来たの

寒い朝は抱きあって
くちづけをするのが
当たり前になるの
口の中にひろがるのは
野いちごの味

夏の朝の
寒い朝の
霧の中を
ふたりドライブした

女の子は
いつだって
前兆もなく
泣いたりするけど

夏はすぐに終わるのに
ここでふたりはまだ
恋をしてるなんて
子供みたい
乱暴なキス
野いちごの味

夏はすぐに終わるのに
ここでふたりはまだ
恋をしてるなんて
ふたりはまだ
恋をしてるなんて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:野いちご 歌手:PIZZICATO FIVE

PIZZICATO FIVEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/11/20
商品番号:COCP-50186
コロムビアミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP