天までとどけ御柱

この曲の表示回数 12,472
歌手:

水田竜子


作詞:

山崎ふみえ


作曲:

宮下健治


木やり一声 天をつく
綱を引く手に 血潮がたぎる
揃いはちまき 若い衆が
七年一度の 生き甲斐だから
今年こそはと 命をかける
峰は残雪 峰は残雪 八ヶ岳

もみの大木 神となり
諏訪は千年 祭りは叫ぶ
こゝは木落とし 日本一
こゝで乗らなきゃ 男がすたる
走る御柱 祈りをこめりゃ
諏訪は祭りの 諏訪は祭りの 風が吹く

川は雪どけ みそぎ水
待ちに待ったぜ この晴れ舞台
里は桜の花吹雪
夢とロマンを 心に秘めて
何が何でも やらなきゃならぬ
男度胸の 男度胸の 御柱
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:天までとどけ御柱 歌手:水田竜子

水田竜子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-10-07
商品番号:KICX-3749
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP